2013/5/8 | 投稿者: konkichi

誰かが話してたんですが
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託を購入するときの手数料は、販売手数料、購入時手数料、募集手数料、買付手数料、申込手数料などがあります。比較していくとわかるのですが、中には、「ノーロードファンド」と呼ばれる販売手数料がかからない投資信託もあります。投資信託の手数料の節約には、とても有効な投資信託です。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の購入するときの手数料は、同じ投資信託であっても、購入先でことなってきます。投資信託は、まったく同じものであってもさまざまなところで取り扱っており、購入することができます。同じ投資信託が郵便局や銀行、各証券会社で取り扱われています。このときの手数料は、異なります。投資信託が同じなのでリスクは同じ。購入するときの手数料をうまく比較して、一番安いところから購入する必要があります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は3.675%が上限とされていますが3.15%のところが多いようです。購入時には、株価変動リスクや為替変動リスクについて目論見書等で確認しておくことをお勧めします。
このピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは主に外国の株式に投資するファンドですから、為替変動リスクや株価変動リスクが存在し、基準価額が下落する可能性もあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行を通して購入することができますが、取り扱っているのはローカルなところが多いようです。東証マザーズ市場では、今後の成長が期待される新興企業の早期上場を可能にするため、東証一部や東証二部と比較して上場審査書類が簡略化され上場審査期間も短縮されています。現在のマザーズ市場の上場株式数は約190社で、最近ではUSJも上場しています。いろいろな利用の仕方があるんですね。
0

2013/5/8 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ