2014/7/17

モデルチェンジしたバイクには  

バイクメーカーは常に新しい仕様のバイクをつくりだしていますから、何年に一回かはニューモデルが発表されています。よくあるのは4年に一回くらいでニューモデルが発売ががあるようです。ふつうはモデルチェンジしたバイクには性能も優れていますし、新しい機能が追加されています。もちろんですが、旧型バイクになったらバイク自体が何か変化するわけなはいのですが、モデルチェンジによって、旧タイプのバイクは中古バイクとして販売されるようになります。中古バイク選びでは、モデルチェンジが行われたときが一番のチャンスといわれています。新しいモデルに変わると中古バイク価格にも変動がでるのです。
一般的には、ぐっと価格が安くなります。場合によっては、10万近く安くなるということもあるのです。直後に安くなることでもありませんが、モデルチェンジがあったらだいたい3ヶ月後くらいには安くなります。古いモデルは売れにくくなってしまうので、販売店も値崩れする前に売りたいという訳もあるからなのです。そういうわけで、新型バイクがリリースされるとたいてい旧型の値段が低下します。100万円以内の値段の中古バイクではそんなに安くなったとは思えないかもしれないですが、100万を超えるバイクでは、モデルチェンジの後の価格はかなり低い価格になってしまうこともあります。中古バイクを買う方法の一つとして、旧モデルになった車種を選ぶというのも考えられるのではないでしょうか。候補として考えている車種が、モデルチェンジが発表されたということを聞いたら、それまで待ってみると、購入したいと思っているバイクが、安く買うことができることが多いはずです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ