2013/4/1

目下のところ、目指すは3月26日のW杯アジア最終予選  

[2.6 キリンチャレンジ杯 日本3-0ラトビア ホームズ]

「点を取りたかったそこへの欲でみんなを下回ってしまったいいところにいればオカちゃん(岡崎)のようなゴールも生まれる今日はそういうところに自分がいなかったことが悔しいですね」

 試合後、一番最後にロッカールームを出てきたFW香川真司(マンチェスター・U)は、言葉にも表情にも悔しさをにじませていた

 出身地・神戸でチームの2点目と3点目をアシストし、一定レベルのプレーは見せることができただが香川にとって、満足感を得るのはそう簡単なことではないやはり、ゴール得点がほしかったのだ

 とはいえ、ザックジャパンになって初めてFW岡崎慎司を1トップに据えた新布陣には手応えを感じていた2つのアシストの中でも、「オカちゃんのゴールはイメージ通りだった」と言った

「オカちゃんは身体を張れるし、動き回れる選手なので、そこでの起点は何度かつくれていたまた違う色を出せたと思うセンタリングに対しての強さや嗅覚はあるのかなと感じるのでそういうところは新たな良さになると思う」

 目下のところ、目指すは3月26日のW杯アジア最終予選・ヨルダン戦「今日も何本かいい形があったので、次の試合に向けて改善すべき所を改善して、3月に集まったときにやっていければいい」と前を見据えた「キリンチャレンジカップ、日本3‐0ラトビア」(6日、ホームズ)

 2013年の日本代表初戦で、MF香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)とMF本田圭佑(CSKAモスクワ)のホットラインが開通した

 後半15分、左サイドを駆け上がった香川からのパスを、中央で受けた本田がループシュートで日本の2点目を挙げた

 香川は「点を取れなかったし、そういう欲でみんなを下回ったかな」とアシストだけでは満足できなかったウルトラVSガンダム

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブル用ソフト『HEROES’ VS』の最新情報を公開しました

画像29枚:『HEROES’ VS』

『HEROES’ VS』は、一対一のド派手なフルボイスバトルアクションが楽しめる「コンパチヒーロー」シリーズ最新作「ウルトラマン」「仮面ライダー」「ガンダム」シリーズの善悪ヒーローたちが登場し、総勢21人がプレイアブルキャラとして参戦します各善悪18ヒーローには、それぞれ独立した個別ストーリーがあり、ボードマップ風のステージを攻略しながら、ストーリーモードを通して経験値を得ることで、ヒーローたちを育成することも可能です

今回は、アドホック通信を使っての「マルチプレイ」モード、各ヒーロー達の重要技、そしてシリーズ同士の相性、その相性の悪さを払拭する「カード」に関する情報が解禁となりました

本作はアドホック通信を使っての「マルチプレイ」に対応しており、さまざまな形式の対戦が設定可能です「キャラ」では、21人のヒーローのなかからキャラを選択「デッキ」では、バトルで使用するカードデッキが選べます

「マップ」では、「ストーリー」モードで入手したもののなかから、好きなバトルマップが選べます「TIME」では、バトルの制限時間が設定可能「BGM」では、「ストーリー」モードで入手したもののなかから、好きなバトルBGMが選べます
(カスタムサウンドトラック機能も活用可能)

バトルを行うと、結果に応じて「経験値」と「クレジット」が入手可能となりますさらに、タイム(戦闘時間)、ヒーローパワー(残存HP)、SP増加量(バトルで増加したSP)、フィニッシュ必殺技回数(バトル内使用回数)の評価により、トータルスコアが決定されます

各ヒーローの能力には特徴があり、それを使いこなすことが基本戦術となりますまた、各カードには、特定シリーズのヒーローにのみ、さらなる効果を発揮するものがありますたとえば、すべての能力が一定時間少量上昇する「オールアップU」は、「ウルトラマン」シリーズ(Jサイド)が使用すると、さらに効果がアップします

ソウルが一定時間少量上昇する「ソウルアップU」は、「ウルトラマン」シリーズ(Vサイド)で効果アップジャンプ力が一定時間少量上昇する「ジャンプアップR」は、「仮面ライダー」シリーズ(Jサイド)で効果アップダッシュ速度が一定時間少量上昇する「ダッシュスピードアップR」は、「仮面ライダー」シリーズ(Vサイド)で効果アップディフェンスが一定時間少量上昇する「ディフェンスアップG」は、「ガンダム」シリーズ(Jサイド)で効果アップそしてアタックが一定時間少量上昇する「アタックアップG」は、「ガンダム」シリーズ(Vサイド)で効果アップします

そして、本作では、「仮面ライダー」「ウルトラマン」「ガンダム」シリーズ毎に、それぞれ有利・不利の相性が存在します

「ウルトラマン」シリーズVS「仮面ライダー」シリーズでは、「ウルトラマン」シリーズが有利「仮面ライダー」戦においては、無類の強さを発揮する「溜め攻撃」をフル活用していきましょう多少コンボを食らっても、溜め攻撃で一蹴できるでしょうまた、「特攻追撃」と「SPクラッシュ」もうまく活用すれば、基本的に常に有利な状況で戦うことができます有効カードは「帝国戦列艦ブリガンテ」ダッシュ溜め攻撃と組み合わせると効果絶大です

一方「仮面ライダー」シリーズは、やや不利コンボを狙いたいところですが、あまり序盤から欲張りに長いコンボを狙わないようにして、相手の溜め攻撃に注意しましょう出方を窺いながら、ジャスト回避やジャンプ攻撃を駆使しての反撃型の戦闘スタイルも有効です中盤以降は、SPクラッシュを絡めてのコンボ攻撃で、一気に勝負を決めてしまいましょう有効カードは「エメラル鉱石」で、SPクラッシュを常に使える状態にしておきましょう

「ガンダム」シリーズVS「ウルトラマン」シリーズでは、「ガンダム」シリーズが有利基本的に相手を近付かせない限り、常に有利な状況で戦うことができるしょうロングレンジ攻撃やロングレンジSPクラッシュを連射して相手に近づかず、ガード不能なロングレンジ必殺技も不意打ちで使えば、相手を翻弄できるでしょう有効カードは「レーテ」ロングレンジ攻撃の不意打ちに、相手の視界を遮っておくのに使っていきましょう

逆に「ウルトラマン」シリーズは、相手のロングレンジ攻撃をしっかりとガードして、自身のSPやSPクラッシュカウントを増やすことに序盤は徹してください一瞬の隙をついて、溜め攻撃や特攻追撃、ロングレンジSPクラッシュを叩き込んで、流れを一気に引き寄せるのが最善接近に成功したら、絶対に相手を離さないつもりで最後まで攻め立てます有効カードは「風雲再起」カードを使って、どの位置からでも特攻追撃を常に狙っていきましょう

「仮面ライダー」シリーズVS「ガンダム」シリーズでは、「仮面ライダー」シリーズが有利速いスピードを活かし、弾幕の嵐をくぐり抜けて、一気に相手の懐に飛び込み、接近戦に持ち込めば、SPクラッシュも交えての怒涛のコンボ攻撃で、一気に勝負を決めてしまうことができます相手に距離を離されたとしても、ロングレンジでは戦わず、多少無理してでも、相手の懐に飛び込むことに集中しましょう有効カード「ダッシュスピードアップ」で、相手の懐に飛び込めるよう、スピードを速くしておきましょう

逆に「ガンダム」シリーズは、絶対に相手を近付けさせないことが重要牽制のロングレンジ攻撃は控え、冷静に相手の動きを見ていきましょう動きに合わせたカウンター攻撃が有効なので、序盤は決して焦らずに、中盤以降に「覚醒」や「必殺技」が発動可能なチャンスが来るのをじっくりと待ってください有効カード「ハロ」で、勝負時の攻撃のために、ロングレンジ攻撃の威力を上げておきましょう

『HEROES’ VS』は2013年2月7日発売予定価格は通常版・ダウンロード版共に6,280円(税込)です今日はそういうところに自分がいなかったことが悔しいですね」

 試合後、一番最後にロッカールームを出てきたFW香川真司(マンチェスター・U)は、言葉にも表情にも悔しさをにじませていたグッチ 財布今日はそういうところに自分がいなかったことが悔しいですね」

 試合後、一番最後にロッカールームを出てきたFW香川真司(マンチェスター・U)は、言葉にも表情にも悔しさをにじませていたグッチ バッグ 人気今日はそういうところに自分がいなかったことが悔しいですね」

 試合後、一番最後にロッカールームを出てきたFW香川真司(マンチェスター・U)は、言葉にも表情にも悔しさをにじませていたヴィトン 財布
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ