2013/4/1

女優の有村架純(19)が11日、都  

女優の有村架純(19)が11日、都内で行われた主演映画「リトル・マエストラ」(公開中)のイベントに出席し、13日に迎える20歳の誕生日をサプライズ祝福された

【写真】イベントでファンと濃密な時間を過ごした有村架純

 雑賀俊郎監督がバースデーケーキを持って目の前に現れると「知らなかった今年初めてのバースデーケーキですうれしい」と大喜び飲酒解禁の年齢とあって「共演者の方と、お酒の力を借りて深い演技の話ができそう」と期待すると「事務所の先輩の戸田(恵梨香)さんと飲んでみたいです!」とラブコールを送っていた

 また壇上では共演の上遠野太洸(20)にバレンタインのチョコレートをプレゼント上遠野が「欲を言えば特別なチョコがよかったな手作りしなかったの?」と尋ねると「本当は昨日作ったんですが、失敗しちゃって持って来られなかったんです…」とおっちょこちょいな一面をみせていた2月9日、夜11時9分以前から進行中だった謎めいたカウントダウンがゼロになる瞬間を迎えたそのとき、黒夢のオフィシャル・サイト上にて驚愕の最新情報が明らかになった

なんとこの秋に『黒と影』と題されたニュー・アルバムを発表し、さらに2014年1月29日には日本武道館での公演が実施されるというのだこの『黒と影』というタイトルに唸らされている読者も多いことだろう実際、彼らのオフィシャル・サイト上には、去る1月29日から“96 TO CAGE”という暗号めいたメッセージが浮かび上がっていたこれを英文として解読すれば「黒を檻(ケージ)へと追い込む」、すなわち黒夢の封印とも解釈可能ではあったまた、清春ならではの言葉遊びのセンスを熟知している人たちは、これが“クロトカゲ”と読めることをすぐさま察知していたかもしれないが、そこでまず連想されるであろう“黒蜥蜴”ではなく“黒と影”が正解だったというわけだ

それだけではない現在、黒夢のオフィシャル・サイトに躍っているのは“20 TIMES OF REVELATION”という言葉“revelation”という英単語が意味するのは“啓示”であり、それは“cage”ともリンクしてくるしかも、このタイトルと同時に公開された写真がまた意味深長だなにしろ闇に2人の影が浮かび、遠くに見える木の枝には鳥かご、すなわちケージが下がっているこれまたファンの妄想欲をくすぐらずにはおかないだろうダブル・ミーニングどころではない言葉の罠が仕掛けられているのは今に始まったことではないが、まだまだこの言葉の真意には計り知れないものがあるまた、同様にサイト上に浮かんでいる“夢は鞭”という言葉が示唆するものは何なのか? こうした謎も次第に解き明かされていくことだろう

さて、こうした最新情報が解禁を迎える直前、清春は『天使の詩2013 UNDER THE SKIN』と銘打たれた全国ツアーの一環として、生まれ故郷である岐阜にある、club Gにてライヴを行なっていたご存知の通り同日は黒夢のメジャー・デビュー記念日超満員のオーディエンスとともに20回目の大切な日を迎えた清春の熱演は3時間25分にも及び、そのアンコールの途中、彼は客席に向け、彼自身と黒夢、そしてSADSの今後の活動に関するさまざまな解禁寸前情報を告げ、どよめきと歓喜の声の双方を誘ったことに「ニュアンスが難しいんだけど、黒夢のオリジナル・アルバムはこれが最後かもしれない」という発言には、オーディエンスは困惑を隠せずにいたしかしそれは彼自身が補足していたように、「本当に最後のつもりで、全力でいいものを作る」という意味であり、「いつもそうだけど、今回は特にその思いが強い」ということなのだそして、そうした報告内容のインパクトもさることながら、最新ソロ・アルバム『UNDER THE SUN』に伴うこの日のライヴが、筆者が過去に触れてきた彼のライヴのなかでもベストのひとつに数えられる素晴らしいものだった事実も付け加えておきたいちなみにこのツアーはこの先も続き、3月15日、福岡にて着地を迎えることになる

2014年、黒夢のデビューから丸20年、清春自身のソロ・キャリア開始からも丸10年というアニヴァーサリー・イヤーを迎えることになる最後になったが、ステージ上から清春が報告した情報に加え、黒夢、SADS、そして清春自身のオフィシャル・サイトにもたくさんの重要情報がアップされているので、こちらにもご注目いただきたい記念すべき年の到来を前に、清春を軸とするさまざまな動きから目を離さずにおきたいものだうれしい」と大喜びグッチ 財布うれしい」と大喜びグッチ 財布うれしい」と大喜びグッチ 財布
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ