2012/1/4 | 投稿者: DトロU

こんにちは!
先日私が新型デュトロについて話していたら、友人が乗り換えたくなったようです(笑)

とりあえず、友人が持っているデュトロが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

平成14年式 KK−XZU322T 2t 高床 強化ダンプ 
車検平成24年3月
走行距離44000km
ミッション5
その他自動シート付

このデュトロの特徴はなんといっても自動シートがあるところですよ。
通常は大型の10t車や中型の4t車に取り付けるのが一般的な装置なんですが、
この友人のデュトロにはついています。ビックリですよね・・・!

自動シートとは、ダンプに取り付けてあるシートが自動で開閉する装置で
「コボレーン」とも言います。

2t車で取り付けてあるのは珍しいんですが、買取に出すときはむしろオプションとして
買取価格が上がると思います。

ほぼ10年前のトラックですが、走行距離もそんなになく、車体も綺麗だったので
しっかり売れるかな?

買取業者についても前書いたところがオススメだったので、そこを教えておきました!
いろいろとサービスいいところでしたからね。

オススメ!デュトロ買取業者!
対応は親切!仕事もスピーディ!無料出張サービスや代行手続きなどのサービスあり

新型デュトロを買ったら乗らせてもらうつもりです(笑)
乗ったら感想を書いていこうかと思います!納車はだいぶ先になりそうですがね(^^;

0
タグ: 日野 デュトロ 買取

2012/1/4 | 投稿者: DトロU

日野デュトロ買取!
中古トラックの需要が高くなってます!廃車ではなく買取へ!

日野デュトロニュース

【自動車】日野、東日本大震災の被災4県にデュトロハイブリッドを無償貸与…合計58台の納車完了 [11/12/24]

東日本大震災の復興が本格化する中、日野自動車は、被災地4県に無償貸与する合計58台の小型トラック「デュトロ・ハイブリッド」の納車を完了した。

同社は被災地の復興を支援する為、デュトロ・ハイブリッドを1年間、無償で貸与する事を決定していた。
対象は被災地の自治体で、内訳は岩手県が13台、宮城県が20台、福島県が15台、茨城県が10台の合計58台。

車両、登録にかかる費用、使用中のメンテナンス費用は全て日野が負担し、貸与先では運行にかかる燃料費のみを負担する。

今回提供したデュトロ・ハイブリッドは、従来のディーゼル車と比べ約50%も燃費向上を実現しており、ハイブリッド
トラックが被災地の復興作業のなかで、燃料コストの低減といった面で役に立つと判断して無償貸与を決めた。

※レスポンスニュースより転載


台湾のGIANTもマウンテンバイクを1000台寄付してすごいと思いましたが、日野も頑張ってますね!
被災地で新型のデュトロハイブリッドが活躍することを願っています。

0




AutoPage最新お知らせ