陸自火力演習 離島防衛を想定  

陸上自衛隊が年に一度実施している大規模な火力演習が26日に行われ、野球ユニフォームことしは初めて離島が攻撃されたという想定が取り入れられました。

この「富士総合火力演習」は、サッカーユニフォーム静岡県にある東富士演習場で毎年行われているもので、陸上自衛隊の実弾を使った演習としては最大規模のものです。
演習は例年、陸上での戦闘を想定して行われていますが、ことしは初めて、艦艇で接近してきた部隊に離島が攻撃されたという想定が取り入れられました。
演習場の上空には日頃、野球パンツ日本周辺の海域の警戒監視に当たっている海上自衛隊のP3C哨戒機が飛来し、地上に展開した陸上自衛隊の部隊と情報交換を行いました。
さらに相手の部隊の一部が上陸してきたという想定で、陸上自衛隊の戦車や大砲の部隊が、実弾を使った射撃訓練を行いました。
離島が攻撃されたという想定を初めて取り入れたことについて、演習を計画した陸上自衛隊富士学校は、オーダー野球ユニフォーム「島しょ部の防衛の重要性はますます高まっていることから、こうした想定での演習を実施した。特定の地域や島を念頭に置いているわけではない」としています。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ