保健師として不安を解消するには  保健師の不安

保健師は企業などで勤める場合、多くは一人でその役割を果たさなければなりません。
社員の健康面をケアするといったことが業務の中心になりますが、その保健師をサポートする組織体制は十分なものになっていないというケースも少なからずあります。

特に新人の保健師となると、不安の中で実務をスタートさせることになりますから、当然に一定の経験に加えて、いろいろと教わることも必要です。
職場を選ぶ上でも、研修体制がしっかり構築されているかどうかといったことを確認しておかなければなりません。

また、産業医や各種のカウンセラーなどといったように、ほかの関係する専門職との連携も心強いものです。
往々にして仕事の領域について境界線を超えることが任されるケースもあるため、ほかの職種についても理解しなければならないところがあるのです。

保健センターなどの公的機関ですと、極力新人の保健師は複数人数が配置されている職場に配属されます。
キャリアの初期から地区を担当し、現場に足を運ぶという経験を重ねていきます。
0

松山市における保健師の状況  松山市の保健師

愛媛県の県庁所在地である松山市は、温暖な気候と物価の安さなどから住みやすい都市として人気があり、愛媛県の人口のうちおよそ3分の2が集中しています。
その松山市は道後温泉を筆頭に、落ち着くことのできる観光地として人気があります。

観光地としての知名度が高い一方で化学工業系の企業が多く、工場がさまざまな地域にあります。
そのため、企業保健師の需要も一定数が見られます。

もちろん、行政保健師の求人や介護施設、医療施設における保健師の求人もありますが、全体からすると多くはありません。
保健師の求人情報を扱う「GUPPY」などで、愛媛県の保健師求人を確認することができます。

規模の小さい企業で保健師の求人を出しているところはほとんどありませんが、県内のほかの都市では温泉施設やレジャー施設で保健師の求人を出している場合もあります。
全国平均と比較して勤務先の種類や求人数はそれなりにあるため愛媛県、特に松山市で求人を探す場合には、求人サイトや医療関係の人材紹介サービスなどを利用して情報をしっかり集めることが重要です。

松山市の保健師の求人募集に関して情報を収集するには、下記のようなサイトがおすすめです。
保健師の求人募集入手ルート《愛媛版》
相談・訪問(精神保健) 松山市ホームページ
0




AutoPage最新お知らせ