2011/5/11

高齢者施設における…  

高齢者施設における看護師の役割―医療と介護を連携する統合力
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4876722226?tag=booklog.jp-22&linkCode=as1
0

2011/5/11

施設看護師の役割  

介護施設において看護師の配置が義務付けられてから、看護師の人材確保に各施設が奔走しています。
人材不足の中で施設看護師の確保は大変な苦労のようです。

<介護施設での役割と業務>
病院などの医療現場で働いている看護スタッフと、介護施設に従事している看護スタッフの役割は、看護師の役割と言う点ではハッキリとしない面もあります。

主に介護施設で行っていること
☆利用者の病気の看護や健康問題の管理
☆衛生上の管理指導や助言、医療・看護の知識や衛生管理指導
などの介護職員等へ向けた施設内研修等

介護老人福祉施設では医師の常勤がない為、利用者の健康管理や衛生管理指導なども看護師の責務や役割となってくるのです。

介護老人保健施設では褥創の早期発見に対し、常駐している医師への報告、入居者の健康問題解決への連携を図るのも施設看護師の役割となってきます。

患者の健康管理においては介護士よりも看護師の方が知識も豊富なため、医師と的確な情報交換を行えるものと思います。

施設ナースの業務とは
http://kangoshi-rikai.jp/a07kaigohukushishisetsu.html

1

2009/10/15

白内障  

<白内障とは>
人間の眼はよくカメラに例えられますが、カメラのレンズにあたる部分は水晶体と呼ばれる。水晶体は主にタンパク質と水からなる細胞で出来ており、水晶体は若いうちは透明ですが、年齢とともに徐々に変性し、濁ってくる。 この水晶体の濁りが白内障である。

<症状>
眼のかすみ、ぼやけ、まぶしさ、疲れ眼、近眼、老眼など。
濁った部分によって、光が水晶体を通過して眼の奥に届くのが妨げられるため、かすみ等の視力低下を感じることがある。


白内障について
0

2009/10/15

デパケン  

てんかんのけいれん発作を予防するお薬
脳の神経をしずめておくことで、てんかん発作を予防

デパケン
0

2009/10/15

てんかん  

<てんかんとは>
種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。

<全般発作>
■強直間代発作
(大発作、意識喪失とともに全身を硬直させ(強直発作)、直後にガクガクと全身がけいれんする(間代発作))
■単純欠神発作
(数秒から数十秒の突然に意識消失し、すばやく回復する)
■複雑欠神発作
(意識障害にくわえて他の症状、自動症やミオクロニー発作などを伴う)
 ※自動症(舌なめずり、揉み手、一見目的にかなった行動をする)
 ※ミオクロニー発作(体を一瞬ビクっとさせるものから意識消失して倒れるものまで様々)
■点頭発作
(全身の筋肉の緊張が高まり、頭部前屈、両手を振上げる、両脚の屈曲という形をとる)
■脱力発作
(全身の力が瞬時になくなって崩れるように倒れる)

<薬>
抗てんかん薬は、脳の神経細胞の電気的な興奮をおさえたり、興奮が他の神経細胞に伝っていかないようにすることで発作の症状をおさえる薬

<薬物の血中濃度測定>
てんかんの治療方法は薬物治療が主体。服薬した薬の量と吸収されて脳に届く薬の量は個人差があり、同じ割合ではない。脳内の薬の濃度は直接測ることができないので、血液中の薬の濃度から間接的に脳内の濃度を推定。
血中濃度測定は、適量の決定、副作用の予測や副作用が出た場合の対応、薬物の相互作用を知るうえで大変有効。

<てんかん発作に出会ったら>
■始まりが突然なら、必ず自然に終わるのがてんかん発作の特徴。発作そのものが致命的になることは滅多にない。
■本人がケガをしないように気を配る
■発作中、激しく突っ張りあるいはガクガクとけいれんしている間は、下あごに手をあてて、上方にしっかり押し上げ軌道を確保する。窒息や舌を噛むことを防ぐことができる。
■顔を片側に向けて、呼吸が戻るのを待ち、意識が回復するまでそのまま静かに寝かせる。
■食事中や食事直後に発作が起きると嘔吐する場合があるので注意
■発作が終わったあとの意識が曇っている間に水や薬を飲ませてはいけない。窒息や嘔吐の原因になるので。
■1回の発作が長く続き止まらない、けいれん発作で著しくけいれんが止まらない場合は医師の処置が必要。

日本けいれん協会



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ