まず始めに  

【自律神経失調症とは】

概念
日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されている。
この病気は患者の症状も多様である上に、ストレスなどの精神的な問題も関係しているとみなされているため、非常に曖昧に使われている病名であるといえる。
この病気は実際にはうつ病やパニック障害や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。

機序
自律神経とは血管、リンパ腺、内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。
交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをする。人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。
人間不信に陥る、等の症状も稀に見られる為、体の不具合を訴えても、精神症状は隠そうとする場合がある。
そうすると”仮病”と周囲に認識され、この状態の悪連鎖になり、うつ病になる可能性も出てくる

症状
めまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなところではないのに脈が速くなる、血圧が激しく上下する、立ち眩みする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。
自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれである。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に渡る。

原因および発症
夜更かしをする事などによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れ等が挙げられるが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者も存在するため一概に言う事は出来ない。しかし、少なくとも半数が日常生活のストレスにその病理の原因があると言われている。

(Wikipediaより引用)


自律神経失調症と診断されたのは今から3、4年前、まだ私が中学生の時のことです。そのときから低血圧に悩まされていたため、血圧を上げるための薬をもらい、数週間のみ服用していました。しかしその程度で低血圧が改善することはありませんでしたが、幾分か貧血なども治まり、もう治ったものだと安心していました。
しかし、ある日学校へ着くと頭痛がし、その後風邪を引きました。風邪はなかなか治らず、やっと治ったと思っても、どうにも調子が悪いままでした。
頭痛、胃痛、めまい・立ちくらみ、手足のしびれ等、風邪とはまた違うと感じ、ある友人に相談したところ、その友人も自律神経失調症と診断されていたらしく、それであるといわれました。
私は何年か前にもそう言われたことを思い出し、Googleで検索してみました。
様々なサイトを参照し、自身の症状と照らし合わせ、やはり自律神経失調症であると判断しました。
このブログを始めたきっかけは、一人でも多くの人のにこの病気のことを知ってもらいたいというのと、同じ症状の人と情報交換をし、少しでも病気を治そう、治してほしいからです。

諦めずに、前に進みたい。
0




AutoPage最新お知らせ