2018/2/14

2月10日  稽古日誌

学生の頃の思い出です。

合宿か何かの時に、
自分たちの演武会の映像を見ながら、
先輩から、
「足を細かく動かして受け身を取るように」と
アドバイスをいただいたことがあります。
それ以来、
受け身の時には、
足を細かく動かすようにしています。

ということで、
今日の稽古では、
足を動かすことを意識しました。
稽古した技は、
四方投げ、小手返し、入り身投げなどです。

足を細かく動かすことで、
取りの動きにしっかりついていくことができます。
また、無理な姿勢にならないので、
安全な受け身が取れるようになると思います。

足の動きは、
普段から意識して稽古しないと
なかなか変わっていかないところです。
そのためにも、
自分の体の動かし方の癖や重心のかけ方などを、
しっかりモニタリングしなければいけません。

1つひとつの技をていねいに稽古することで、
足の動きをしっかりチェックしていきながら、
自分の動きをよりよくしていけるといいですね。

大きく柔らかい受けが取れるように、
あせらずゆっくりと
がんばりましょう。
5

2018/2/8

2月4日  稽古日誌

今日はちょうど立春です。

昔の人は、
この立春を1年の始まりと
考えていたそうです。

クラブとしても審査が終わったばかりで、
なんとなく一区切りがついた気持ちです。
こんな時な気持ちも緩みがちです。
我々も新たな気持ちで
稽古しなければいけません。

というわけで、
今日は、柔らかい後ろ受け身を目指して、
片手取りの呼吸法や四方投げ、
両手取りの天地投げなどを
中心に稽古しました。

今日の稽古の目標は、
受けが相手の動きに最後まで
ついていけるようになることです。

まずはじめに、
受けが相手の腕を
しっかり握る(捉える)ことを意識します。
そうすることで、
相手との動きの中につながりが生まれます。
そのつながりを切らないようにすることで、
取りの動きにしっかりついていくことができます。

はじめは、
相手を握る手に意識がありますが、
それだしだいに、
手首、肘、肩、胸、背中、腰、膝、足と、
順々に動きが続いていくように意識しました。

今日特に意識したのが、
上半身の柔らかさです。
特に胸をリラックスさせると呼吸が楽になり、
そのことがさらに
柔らかな動きにつながっていくと思います。

今日はこのような感じで
後ろ受け身の稽古を行いました。
しばらくは、
基礎力UPということで、
受け身を中心とした稽古をしたいと思います。

目標は、
しなやかで力強い受け身です。
体の柔らかさだけではなく、
受け身をたくさんとることで、
体を守るための筋肉も鍛えていきたいですね。

今年のクラブの目標は、
「受け身力UP」です。
私も受け身をがんばります。
もちろん、
みなさんも一緒にがんばりましょう。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ