2011/4/22

11'エコっ種新歓  種まき会


どーも、はじめまして!!知ってる人は知っている、知らない人は覚えてね、、、けんしろーです♪x3

ほんと最近春はあけぼのようよう白くなりゆく山際な天気が続いてますねー晴れ

そんな春の日4・17にエコっ種新歓がありましたウェイ右上
めっちゃ楽しかったウェイ右上
お酒飲んじゃいましたウェイ右上

ということで新歓の振り返りしちゃいましょうかウェーイ(^O^)/

朝(一次会)
買い出しを途中で抜けだし、河川敷に行くと…( ̄▽ ̄;)たろちゃんしかいない汗
流石エコっ種…期待通りに来てないぜ ̄ー ̄

その後メンバーも集まり、1回生とも合流!!いっぱい女の子が来てくれたよ\^o^/イェア

男も面白いのが来たよ右上右上ブチアゲー

んで自己紹介し〜の、BBQ食べ〜の、仲良くなり〜ので一次会しゅーりょーキラキラ


夕方(二次会)
豆狸に再集結!!みんな食いまくり、飲みまくりだZe!!

ん〜ここはあんまし書くことないね、、、うん、とりあえずおいしかったー♪x3豆だのおっちゃんありがとうレストラン


夜(三次会)
八尾宅で飲み。この会を一言で表すならば『飲み』だね。
とりあえずヒカルは勇者で、やまこは神やったことには違いないな、、、ほんま飲みすぎ汗どんだけじゃんけん強いねん(笑)

途中で僕が拉致られるイベントも発生したけど、とりあえず楽しかったんじゃあないでしょーか??

また1回生が種まき会とかに来てくれたらいーねー♪x3まってまーすクローバー


それではこのへんでおしまいにしときましょうか、ではでは(^O^)/











後日談(次の日)
次の日1限で学校行って夕方帰ってきたら、あれ(?_?)…なぜヒカルがいるの??仕事は…??
0
タグ: 種まき会 報告 会議

2011/3/22

ちょこちょこ〜  種まき会

はろはろとーちんです!!

だいぶ前の話になりますが笑
エコっ種バレンタインは
ガトーショコラとクッキーを作りました!!


みんなで作ってみんなで食べたら
過剰包装しなくてすむよね〜
環境にやさしいね〜

へいへい〜

とかいいながら
夜な夜な電子レンジをフル稼働させ
電気の無駄遣いをしていました笑


まあ、
そんなこんなで出来上がったクッキーがこちら

クリックすると元のサイズで表示します



かーわーいーいー

食べるのもあげるのも
もったいないくらいでした!!
もったいない精神が環境保全への
第一歩ですね!!
とか言ってみる!!笑

エコで楽しい
バレンタインでした♪
0
タグ: 種まき会 報告 会議

2011/2/7

節分×エコ  種まき会

石井だ。久闊を叙す。

エコっ種ブログ久々の更新でテンション上がりすぎて、かえって落ち着いた文面になるというよくわからない状態の石井だ。

そんなことは置いといて、2月7日の種まき会では、節分大会を開催した。

「明日は、節分なのでエコっ種でも節分大会をします!」という2月6日のメールに反応した、春休みボケ丸出しの輩が集まっての節分大会だった。

参加者は、
しんこ、とちん、おかみ、たけのり、たろちゃん、けんしろ、ももこ
だったはず。

節分において、我々が考えたエコは以下の三点においてである。
一つ目は、手作りの巻きずしは、エコの敵、プラスチックのパックにくるまれずに済み、環境負荷が格段に低くなるのだということ。
二つ目は、みんなで集まって食べたほうが、一人あたりの電気代が浮き、電力削減の一助になるということ。
三つ目は、それに加えて、お酒を飲むことで、体が温まり暖房の設定温度が通常より低めに設定することができる、ということだ。

私は個人的に、三つ目に挙げたお酒において、多大な思い入れがあった。というのも、かねてからの願いだった「電気ブラン」というリキュールが手に入り、この節分大会において初めて口にすることになっていたからである。

これが後に、惨事を引き起こすことになるのであるが。

巻きずしは、たくさんの具によって構成される。この具材は一つ一つが個性をもつため、何をどれだけ入れるかによって、巻きずしの運命が大きく左右されることになる。そこで我々は今回、数多の具材から、自分の嗜好に合うものを選抜していく方式を採択した。

皆が作った思い思いの巻きずしを見ていると、どうやらこの中では私が一番センスがないらしいと痛切に感じた。皆の巻きずしは、世にいうイケメンだった。特に岡見さんの太巻きは、見るものを圧倒する堂々たるいでたち。写真に収めておらんことを、至極後悔している。

そうして、皆は出来上がった美男美女を手に持ち、一気呵成に食するのだが、ここで忘れてはならないルールがある。
黙々と一方向を向いて食べるのである。
そうしないと、願い事がかなわず、そもそも巻きずしを巻いた意味すらなくなってしまい、積み上げてきたもの全てが水泡に帰してしまうのだ。
何てリスクが高い行事なのだと、今更ながらに震えてくる。

しかし、さすが選び抜かれた節分バカである。皆、無事に無言で完食した。
願い事に対する執念たるや、生半可なものではない。私も何とか完食したので、願い事がかなうはずだ。何をお願いしたのかは、黙秘権を行使し、これを一切明かさないことにする。

そうこうしているうちに酒盛りが始まった。

今日のお酒は、イトーヨーカドーで買ったもの以外に、しんこの地酒やわたしの電気ブランと、充実していた。

上等なお酒に囲まれて、己の肝臓に目を向けぬ猛者たちが、エチルアルコールを大量に摂取していく様は、愉快というより、一種怪奇じみたものがあった。

そして、数時間後には、当然ツケを払わされることとなり、文字通り、酩酊してしまった。とぎれとぎれの記憶の中、宴はますますヒートアップする。
こうなると血気躁狂の沙汰ではない。
ふと気が付けば、いつの間にやら、けんしろうが来ていて、迷彩タイツで部屋を舞っていた。迷彩柄とは、本来、敵に目立ちにくいように作られた柄である。にもかかわらず、その柄が、事務所内で最も異彩を放ち、目立ってしまうという、本末転倒な事態になっており、迷彩柄のアイデンティティ拡散が危ぶまれた。

その後も、目を開けたり閉じたりしている間、周りの状態はくるくる変貌を遂げた。たろちゃんとけんしろの女装姿が目に飛び込んで来たり、たけのりさんが来て、帰って行ったりした。


朝目覚めると、荒れた部屋は、まさに杯盤狼籍の観を呈し、片づけようという気持ちを、火炎放射器のように完膚なきまでに焼き尽くした。

やる気を焼き尽くされた私は、後片付けもそこそこに、抜き足差し足で、事務所を後にしたのであった。

次回種まきは、バレンタイン大会です。エコとバレンタイン、その関係やいかに!!
6
タグ: 種まき会 報告 会議

2010/11/11

自転車のたび*後半*  チャリ旅

メロスは、数多の災厄に襲われ、時間が迫り迫る中、友のいる場所へ一心不乱に走りました。

10月10日夕刻の我々も、そんなメロスの如く一心不乱に愛車を走らせました。

ただ、一つだけ決定的にメロスとは違う点。
自業自得であるということ。

枚方をずいずい進む三台。
目指すは、宇治のスーパーです。
やる気も俄然湧いてきます。

黙然と漕ぎ進めたお陰で17時過ぎには京都府に突入しました。
こちらがその時の一枚。↓
青空が夕焼けにとけていきそうで、何だかじーんとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

京都に入り、余裕が出てきた一行。
案外余裕で宇治に着くんじゃない?という思いも湧いてきました。

ところが、漕げど進めど宇治は遠く、心には暗雲が立ち込めてきました。
そんな心模様に比例するかのように、夜の闇はぐんぐん空を圧倒してゆきます。

それでも、漕ぎ進めるしか術がないので、ひたすらに足を回転させました。

そして、漕ぐこと数時間、遂に、けんしろうと約束していた、宇治のフレンドマートに到着。

もう、出会って半年経ちますが、あれほどけんしろうを見て喜んだことはありません。
あの時の彼からは後光が見えました。

フレンドリーマートで食材等を買いこんだら、本日最後の10kmです。

10kmなんて、今日進んだ距離から言うと、大した距離じゃないじゃんとなめかかっていた我々に本日最後のサプライズ。
ママチャリの大敵、坂道です。

クロスバイクのひろしは悠々と登ります。たろちゃんももこは気息奄奄でありました。
このとき私は苦しみのさなか、一人静かにクロスバイクを購入する意志を固めておりました。

そうして、苦しみながら、半分以上自転車を押し進めて自然公園に到着しました。
ふぅ…満身創痍です。

けんしろうと、予約していたバンガローの近くで再会。

けんしろうのぴかぴかには、さっきはなかった新入りの傷がついておりました。

さあ、遅ればせながらディナーです。この瞬間をどれほど待っていたことか。

ぴんと張った空気の中、山の上での食事は何だかぞわぞわします。
それに野宿が決定しているという状況もあいまって、もうテンションのたがが外れ、非常に寛大な気分になってきました。

ええじゃないか、ええじゃないか

なんでも焼いたらええじゃないか。
見ためなんかええじゃないか。

けんしろうも帰らなくてええじゃないか、という思いはさすがに通らず、けんしろうが帰ってしまうことになりました。

ありがとう、けんしろう。
ありがとう、ぴかぴか。

クリックすると元のサイズで表示します

けんしろうが帰った後も、ディナーは続きます。

たろちゃんは、鬼畜なシェフと化し、頼んでもないのにひろしとももこに創作料理をふるまってくれます。
シェフの料理は、どれも奇抜で筆舌に尽くしがたいものがありました。

こうして、ディナーを終えた三人は、疲れを癒すため、就寝することにしました。
今夜の宿は、木のベッドがコの字型に設置された風通し抜群の開放的な屋根付き一部屋です。

唯一寝袋とマットを持ってきていたひろし。

最初は散々バカにしていた限重装備をまさか本当に使うことになるとは、予想だにしていませんでした。何が起こるか分からないのが人生ですね。

そんなひろしに頼みこんでマットを借り、たろちゃんももこでシェアします。
ありがとう、ひろし。
おやすみなさい。

寒さに震えながら寝ようと努めましたが、想像以上のベッドのハードさと気温の低さに全く寝るどころではなく、命の危機さえ感じ始めたので、ももこは一人寝床を後にし、起きて夜を明かすことにしました。

ひろしとたろちゃんはすうすうと眠っていました。あの状況で眠れるのはある種の才能という他ありません。

いいなあ、と思いつつ、火に当たりながらぼんやりと過ごしていたわけですが、やがて夜も明け始め、ミルク色にかすんだ空気が徐々に透き通ってきました。4時頃には朝一番のこけっこー。

寝られないのは確かに辛かったですが、朝の訪れを独り噛みしめることができたことは、自分だけの思い出になっていてちょっと得意な気分になります。

やがて完全に朝になり、みんな起きたところで、片づけをしてそそくさと自然公園を後にします。さらば、公園。

そうして、すがすがしいスタートを切った2日目。体は疲れていますが、心はすっきりしています。

まずは宇治平等院鳳凰堂。
想像通りの風体でした。

朝・昼ごはんは、抹茶のお蕎麦でした。
うむ、美味。

その後、銭湯でさっぱりし、

次に向かうは伏見稲荷。
ひたすら続く鳥居に、二度と出られないんじゃないかと末恐ろしくなりました。

最後は清水寺。
おみくじひきましたよ!
ひろしは吉。
たろちゃん・ももこは、凶。

ただの紙切れに運命は左右されませんよ!

2日目は非常に淡々としていますが、何もなかったわけではありません。めっちゃ楽しかったです。

ただ、普通に観光だし、そろそろ書くことに疲れてきたので省きます。

しかも、写真の一枚くらい載せたかったのですが、なんと、2日目の早朝を以て、私のカメラ係も兼ねているケータイの電池が尽きてしまったのです。なんという失態。申し訳ありません。

そんなこんなで、思い出深い旅となりました。
辛いこともあったけど、思い出は美化されるもので、今ではどこを思い出しても美しい思い出になっています。記憶っておそろし!

そういうわけで、またチャリ旅行きたいな〜と思うのであって、ツーリング部の活動は続いていくのであります。次はあなたもいかがですか?

エコっ種に幸あれ。
ツーリング部に幸あれ。




4

2010/10/23

自転車のたび*前半*  チャリ旅

ももこです、
久闊を叙します。
最近、
すっかり涼しくなって
秋めいてきましたね。
うっかりすると風邪でも
引いてしまいそうです。

お腹を出して
寝ないように
しましょうね。

さて、そんな秋の一日
10月10,11日に
自転車で旅に出てきました。
行先は、京都は宇治・伏見!
関わってくれたメンバーは、
たろちゃん・ひろし・けんしろう・ゆいさん・なりさん・ももこ
です。

ここからは、その時の様子を
私目線で申し訳ないのですが
時間の流れに沿って
お伝えしたいと思います。

10日朝、
寝屋川にて、柏原から早起きですいーと来てくれたひろしと合流。
ひろしの、周りへの信頼感が全く感じられない重装備に、朝一番の驚きを覚えました。

その後、ももこ宅の近くで車で来るけんしろう・ゆいさん・なりさんを待ちました。
待ちました。
待ちました。
豪雨に襲われました。
待ちました。

予定より1時間ほど遅れて
けんしろう・ゆいさん・なりさん登場。
けんしろうが乗ってきたのは
とても立派な、
真っ赤のぴかぴか。
この車を傷つけさせてはなるまい!と一人勝手に武者震いをしている自分がいました。

けんしろうに今日の予定と
合流場所を伝え、いよいよ
チャリ旅のスタートと
いったところでしょうか。

まず目指すは枚方大橋!
たろちゃんと合流です。

朝方は灰色だった空模様も
いつのまにか晴れ渡り、
青い空にひとはけ
きれいな雲が
くるりと流れておりました。

漕ぐこと30分余、枚方大橋で
たろちゃんと合流。
その脇には
おれはやるぜ!と
言わんばかりに
誇らしげに停留している
ママチャリの姿。

いよいよ自転車3人
揃ったところで
士気もぐんぐん上がり、
その日最高潮を
迎えておりましたらば、
赤のぴかぴかが
近づいてきました。

そして、我々の目の前で
がりがりと、縁石と
不吉な音を奏でた後
駐車場に泊まりました。

一瞬凍りつく自転車3人。

つい30分余前にした武者震いが
何もせぬまま
無駄に終わってしまった
瞬間でした。

車から出てきた、
けんしろう・ゆいさん・なりさん。
その三人の口から、
予想だにしなかった
発言が飛び出します。

「今からここでバーベキューしようよ」

…!!

何でも、ゆいさんと
なりさんは夕方には
帰らないといけないので
京都まで行く時間はない、
とのこと。

こうして、京都まで30kmを残し
昼の12時30分、BBQが
始まったのでした。

最初は、マジかよ…
と思っていたのですが、
気持よく晴れた青空のもと
好きなものを焼いて
食べるのはとっても
おいしくて楽しくて
おなかの底から幸せが
湧き上がってくるようでした。

ひろしは、慣れた手つきですばやく火を起こしてくれました。
けんしろうは、みんなのために車や自転車をとばして食材を買ってきてくれました。
ゆいさんは、食材を焼いてはみんなに分けてくれました。
なりさんは、食材についてあれこれ論じてくれました。
たろちゃんは、みんなにエンターテインメントを提供してくれました。

みなさん素晴らしいです。

でももう夕方4時です。
まだ枚方です。

こうして思う存分
BBQを楽しみ、
ゆいさん・なりさんと
お別れして、
お腹一杯になって
不安も一杯になって
枚方大橋を後にしたのでした。

夕日が眩しい午後4時半。
果たして日が暮れるまでに
京都につくのでありましょうか。

ここからが本当の
チャリ旅スタートです。



4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ