Windows 8 DVDからISOを吸い出す  

WinISOでWindows 8 DVDからISOを吸い出す
WinISOページ:http://www.winiso.jp

WinISOの「作成」機能はCD、DVD、ブルーレイからISOを吸い出し、バックアップする機能である。

WinISOをインストールし、Win8 DVDをドライブに挿入し、WinISOでの「作成」ボタンをクリックすれば、ISO作成(吸い出す)のウィンドウは表示される。

このウィンドウでWin8 DVDを挿入してドライブとISOなどの出力形式を選択し、出力ファイル名を設定してから、「OK」をクリックする。

これで、Windows 8 ISOは自動的にDVDから吸い出すことになる。
0

無料のWinISO 5.3  

WinISO 無料版 5.3は.isoなどのイメージファイルを管理するソフトウェアで、次の機能があります:ISOを開きます。
1..isoを開いて、中でファイルの追加、削除、名前の変更ができます。
2.ISOを作成します。任意のファイルをwinisoに追加して、「save」ボタンをクリックして、追加されたファイルを.isoとして保存します。
3.BINをISOに変換し、ISOをBINに変換します。
4.CDディスクの内容を.isoに作成します。
5.ブータブルディスクからブータブルファイルを抽出します。また、ブータブルファイルをCDディスクに追加することもできます。
WinISO無料版は無料とはいえ、登録コードが必要です。.zipをダウンロードと解凍して、登録コード.txtの中にの登録コードをwiniso無料版に入力してください。それに、登録してから、WinISO無料版を再起動する必要がありまして、ご注意ください。
0

.iso 作り  

WinISOの「保存」機能を利用して、.isoファイルを作ります。

1.WinISOは.iso内で任意の新しいフォルダを作れます

クリックすると元のサイズで表示します

もちろん、「新しいフォルダ」の名前が変更できます。

2.自分のPCからどのようなファイルでも、.iso内に追加できます。

クリックすると元のサイズで表示します

ファイルを追加したい時、「ファイルを追加」をクリックして、フォルダを追加したい時、「ディレクトリを追加」をクリックします。(winiso内で右クリックで)

追加してから、左下でファイルのサイズを表示します。

3.「保存」ボタンをクリックして、.isoを作ります。

クリックすると元のサイズで表示します
0

DVDとブルーレイからisoの吸い出し方法  

WinISOでDVDとブルーレイからisoの吸い出しができます。

1.DVDとブルーレイのファイルとフォルダをWinISOに追加する
DVDかブルーレイディスクをドライブに挿入します。WinISOを実行して、ディスクのファイルをWinISOに追加するために、「ファイルを追加」をクリックして、DVDとブルーレイディスクのファイルとフォルダを選択して、WinISOに追加します。

2.追加されたファイルをISOに保存する
ディスクのファイルとフォルダをwinisoに追加してから、「保存」ボタンをクリックして、保存先と.iso(或いは他の形式で)を選択して、ディスクの中身を.isoとして保存先に保存します。

以上で、DVDとブルーレイの中身を.isoとして吸い出します。
0

Windows7の64ビットシステムでISOをマウント  

まず、のページで64ビットシステムに対応するソフトをダウンロードします:
http://www.winiso.jp/download.html

ソフトをダウンロードしてから、インストールして、実行します。次のウィンドウが表示されます:

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますをクリックして、isoファイルを追加します:

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますをクリックして、追加されたファイルをマウントします:

クリックすると元のサイズで表示します

「Explorerで開く(O)」をクリックして、ISOのマウントを完成します
0




AutoPage最新お知らせ