2013/11/30

がんの在宅緩和ケアにかかわる看護師求人  がんの在宅緩和ケア

このところ、在宅看護ケアを行う訪問看護ステーションが増えつつあり、そこで働く看護師の求人募集がよく見られるようになってきています。
在宅緩和ケアに関する考え方としては、住み慣れている場所で自分らしく生きるということが第一に考えられます。

在宅では、がんではなくても緩和ケアを受けることができます。
在宅ですと病院と違って最新の医療機器もなく、専門の知識を持っているた医師や看護師がすぐに駆けつけるということも難しいものです。

しかしながら、在宅であっても病気による精神的、肉体的な苦しみを和らげることはできますし、いつもまわりには家族がいます。
訪問看護ステーションでも研修を充実させているといった職場は増加してきていて、勤務時間を柔軟に変更することも可能です。

勤務にあたっては月に何度か営業時間外のオンコール対応もあり、緊急で訪問看護を行う場合があります。
それでも子育て中であるといった人に対しては遅出、早上がりなどといった柔軟な対応がなされています。
0

2013/9/16

看護師として緩和ケアに力を入れたい  緩和ケア

緩和ケア病棟のある病院の求人募集へ応募するためには、ある程度のスキルが必要とされます。
がんの療養と緩和ケアを切り離して考えることはできませんから、そのあたりについて知識と技術が求められるところです。

がんという病気になると、身体と精神のどちらにも「痛み」をともなうことになります。
療養中においては痛みや吐き気、食欲の低下、息苦しさ、だるさなどといったようにさまざまな厳しい症状が現れます。

また、絶望感などといった心の問題にも、患者さんは苦しむことになります。
そういったことにともなうがん対策推進基本計画というものがあり、病院内で取り組みが行われています。

がんの治療と心の悩みは無関係であるとして、患者さんが一人で抱え込んでしまう場合も少なくないのです。
患者さんのことは「がんの患者さん」であるとして病気の側からとらえるのではなく、「らしさ」を大切にして精神的、社会的、身体的な苦痛のすべてが緩和されるケアをすることが重要です。

勤務先を考えるにあたっては、「緩和ケア求人.com|人気の看護師募集はココ!」といった情報サイトも参考になります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ