2012/8/14 | 投稿者: gogaku

ビジネス現場で英語が必要とされていることは、多くの人が認めるところです。
日商ビジネス英語検定は英語で書く力に重点を置いた検定で、特に電子メールを使った英語コミュニケーション能力をはじめとして、書く能力に重点を置いているのが特徴です。
海外とのやりとりに電子メールやその他の文書を活用することが多い現状を反映して、ビジネスの現場で役立つ実務的・実践的な内容が問われます。
出題内容は、オフィスで日常的に使用する英語のビジネス文書(企画書、報告書、契約書、履歴書など)や電子メールの作成および英語による海外取引をテーマにしています。
英語の文章で用件をいかに的確に伝えることができるかを測るツールとして最適です。
一級、ニ紙、三級があり、三級は社会人として当然のレベルなので秘書としては二級レベルに挑戦しておきたいところです。日商ビジネス英語検定試験はインターネット上で行われ、二級、三級は随時受験可能です。
0
タグ: 資格 試験 講座

2012/8/14 | 投稿者: gogaku

CBS(国際秘書)検定は、日本語と英語で仕事のできる秘書で外資系企業などで経営陣をサポートするバイリンガル秘書に必要な能力を評価する検定です。
CBSとはCertified Bilingual Secretaryの略です。
プライマリー試験とファイナル試験の二段階があり、プライマリー試験に合格すると「準CBS」として認定され、ファイナル試験に合格すると「CBS認定証」が授与されます。日本語と英語の両方が堪能なことは大前提ですが、さらに変化の早いビジネス現場のニーズに対応できる高度な実務能力と、多様な価値観の調整を図れる成熟した人間性が求められる、高度な専門職といえます。
最近では外資系企業に限らず、グローバル化に対応できる人材が求められているので、国際秘書の需要は高まっています。
現状はまだ有資格者が少なく(2005年時点で約400人)希少価値が高いうえ、取得者同士の情報交換も盛んなので、自分磨きに刺激を受けられるでしょう。
0
タグ: 資格 試験 講座




AutoPage最新お知らせ