英語の冠詞の感覚を磨く 冠詞特訓塾  冠詞の感覚を身につける



英語で一番難しいのは冠詞です。

英語を使っていると、冠詞の使い方で一番間違うものです。


日本語に冠詞はないので、冠詞が出来ないのは当然です。
冠詞が出来なくても無理はないのですが、

しかし冠詞が出来ないと、正しい英語を使うことは出来ません。

英語を正しく使う上でも、冠詞を学んで理解する必要があります。

英語学習にも色々ありますが、たまには冠詞だけを思い切り学ぶことも
必要だと思います。
冠詞学習をして、冠詞を使えるようにして下さい。


なお、冠詞と言っていますが、冠詞は名詞とセットで使うもので、
名詞の変化とも言えます。
ですから、名詞を学ぶことになるものです。


その状況に応じて、名詞を正しい形に変化させるのです。
名詞を変化させることで、冠詞を使って行くことになります。



例えば、リンゴがありますが、状況に応じて形を変えるのです。

an apple, apples, the apple, the apples, apple


というように形を変えるのです。
これは意味を踏まえて形を変えています。


もちろん形が変われば、意味も変わります。
形の変化は意味の変化と同じです。

意味を踏まえて形を変えられるようにして下さい。



冠詞の感覚を磨く


ということをすれば、冠詞も使えるようになってきます。
冠詞の感覚とは、その名の通り、普段から冠詞の感覚を持つのです。


なお冠詞の感覚は、別に英語など要りません。
日本語でも十分です。


英語を使うこととは違うので、冠詞の感覚を持って、
日本語も使って感覚を鍛えて下さい。
感覚を鍛えれば、冠詞も使えるようになります。



冠詞の感覚をみがく詳しい内容は

⇒こちらからどうぞ



「TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法」はこちら

「医師が教える科学的英語勉強法講義」はこちら

日常英会話の最速上達法「EVERYDAY ENGLISH PHRASES」はこちら
0

 

英語の冠詞の感覚を磨く 冠詞特訓塾  英語前置詞 前置詞特訓塾



前置詞は冠詞と並ぶ難しいもので、前置詞も合わせて学ぶと効果的です。


2010年10月限定で 前置詞特訓塾 

というものも付けています。

前置詞を考えながら使って鍛える、ということが出来るものです。
前置詞も使いながら鍛えることが大事になります。


冠詞も前置詞も使いながら鍛えて下さい。
使うことで上達するのです。

前置詞も使うことで鍛えられます。
間違っても問題はないので、どんどんと前置詞をきたえあげて下さい。


この機会に冠詞と前置詞を思い切り鍛えて行って欲しいと思います。



⇒詳しくはこちらから



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ