2011/3/2 | 投稿者: 管理人



(凄戦 ガダルカナル)ガダルカナル島は、別名「餓島」とも呼ばれるように、飢えによって日本陸軍将兵2万人以上が戦病死した地である。一般に日本側の凄惨な戦いが強調されるが、米軍もまた本土から遠く離れた地で、苦難の戦いを強いられていた。本映像では、この戦闘を引き合いに出し、米国民に対して一層の軍需品増産を呼びかけて結んでいる。(神風特別攻撃隊)質量ともに上回る米軍への最後の抵抗手段として実施された体当たり...

凄戦 ガダルカナルの感想(レビュー)無料のセックス動画はこちら



動画の閲覧はこちらから⇒ENTER



『ガダルカナル島』に関してネット上の反応はこんな感じでした。

3/1 19:47
第二次世界大戦中、1943年、ガダルカナル島より、陸、海軍あわせて 1万名ほどの日本兵をサルベージした作戦の事。 そして、その作戦へ実戦投入されたとされる、伊号第八潜水艦の事。
3/1 17:18
そこは北朝鮮との国境に近い江華島というところ。 まずは、江華島のバスターミナル近くで昼食。 海に囲まれてるので、お刺身が美味しい。 メウンタンも魚がたっぷり。
3/1 13:06
忘れてはいけないのが、江華島で出会ったタクシーの運転手さん。 元、県庁職員だったらしく、引退後にタクシーを運転している。 商売っ気がなくて、私たちのためにガイドさんをしてくださった。
2/28 21:22
本書は、第1部「硫黄島」の後、第2部「南太平洋の激戦の島々」ガダルカナル島、ラバウル、ニューギニア東部、ビアク島、トラック諸島、マリアナ諸島、パラオ諸島−ペリリュー島、フィリピンと続く。
2/28 04:45
ガダルカナル戦関連書籍 Guadalcanal. ソロモン諸島ガダルカナルの戦いに係る書籍をご紹介させて戴きますと共にガダルカナル島において戦没されたご英霊のご冥福を心より祈らせて戴きます。
2/27 15:36
新しい活動先は、ガダルカナル島の西側にあるセカンダリースクール。 日本でいえば中学校から高校くらいです。 この学校は、 農業の先生がいない、 当然、必修なのに農業の授業は行なわれていない、 畑は草ぼうぼう、 農機具なし、 という状況。
2/27 12:42
ガダルカナル島からの撤退を「転進」と表現するなどし、レンネル島沖海戦の頃からは、現実からはすっかり乖離した虚報となっていった。 さらに占領地守備隊の全滅を「玉砕」と美化して表現した。
2/27 09:31
その後、第七師団は極めて強かったので、日露戦争の時にはもっとも激しかった203高地に、その後、ノモンハン事件、さらに太平洋戦争ではあのガダルカナル戦、アッツ島の守備、それに沖縄戦に投入されました。
2/27 01:32
※平成21年度政府派遣の際、ガ島アウステン山にて焼骨式. ※ガ島ルンガ河を渡河中のウィリー村長と息子のジョン君. ガダルカナル島『丸山道』自主派遣隊、志願隊員が定員以上に達し、締め切りとさせて頂きます。
2/26 22:44
激戦のガダルカナル島にも向かいます。 別にインドネシアにも応急派遣があります>



0

2011/3/1 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ