2011/11/2 | 投稿者: emerobitmk123

男性が「この女性とは結婚できない!」と思う瞬間を集めてみました(笑)
女性の皆さんは・・・特に結婚したいと思うのなら、必見だと思います。
わたしも思い当たる節があり、ちょっとヘコみましたねー。気をつけよう・・。
まず、ひとつめは・・家事ができない、料理ができない女性。
これは誰もが納得するのではないでしょうか。女性でも「料理や掃除ができなきゃ!」
と思っている人は多いはずです(できるかできないか、はともかくとして)。
まあ、料理は少しずつ覚えていけばいいと思うのですが、家事や掃除はどうでしょう?
普段から実家の手伝いをしていたり、一人暮らしで身の回りのことをしっかりと
やっていた、という人は結婚しても苦労しないかもしれません。
けれど、全部お母さん任せだった・・という女性は、ちょっと気をつけたほうがいいかも?
もうひとつは、「嫉妬深い女性」。これは男性にとってかなりキツイようです。
例えば結婚して、職場の飲み会に女性がいるだけで不機嫌になるとか・・。
女性(友達)から電話やメールが来ただけで怒られたりしたら。。たまったもんじゃないはず。
頻繁に他の女性と仲良くしているのは確かに良くないかもしれませんが、
「友達」と割り切っている仲なら、別にいいじゃないですか。
むしろそれを暖かく見守ってくれる器の大きい女性だと、男性は浮気もしないと思います。
口うるさいとか、嫉妬深い女性は、「結婚後も苦労しそうだな」と思われてしまうし、SEXの相性も悪そう・・・と先入観を与えてしまいます。
やっぱり嫌われてしまうようです。
女性の皆さん・・・心当たりはありませんか?

0

2011/10/31 | 投稿者: emerobitmk123

この前、久しぶりに大阪の真ん中の梅田付近に遊びに行って来ました。まず、祝日という事から、人の多さに酔ってしまいました。ほとんど梅田にまで出る事など滅多に無い為、かなり久しぶりで戸惑いました。中崎町のロフトにも行って来ました。人の多さ故に、周りのカップルの多さにもビックリしました(笑)ロフトってカップルしか入れない店だったっけ?一人で行っていた僕は彼女と一緒に来ればと少し後悔しました。ロフトの周りにはMBSの放送局があったり、かなりオシャレな人がたくさん居ました。奈良県の比較的アットホーム的な雰囲気ではなく、ビッチリ完璧にコーディネートされた服でサングラスの人もたくさん居ました。自分はちょっと場違いかなぁとさえ、思えて来て、とりあえず人の多さを避けるため、図書館みたいな所に入り、しばらく休憩していました。そして、また、街を散策し、難波に行き、服や靴などを購入して、電車で奈良県まで帰って来ました。すごく歩き疲れてすぐその日は眠りにつけました。でもすごくいろんな刺激があり、たまには一人で行動するのも良いかもと少し思いました。
0

2011/10/22 | 投稿者: emerobitmk123

普段友人などとやり取りするときは「件名」の部分にはそれほど気を使う必要もありませんが、ことセフレサイトに関して言えばその部分は非常に重要になってくるのです。このところ既婚女性の利用も多くなり、非常に女性の利用率が上がってきているセフレサイトですがそれでもまだまだ男性利用者の方が圧倒的に多く常にライバルとの戦いになります。それでもすぐに割り切ったセックスができるセフレサイトの人気は高く、多くの男性が頑張ってアプローチメールを書いているようです。私が利用しているのは千葉のサイトですが、地元でもやはりセフレサイトの書き込みは人気が高く、女性の書き込みもかなり具体的にセックス相手求めるような書き方をする女性が増えてきています。そんな女性にアプローチする際に一番大切なのはもちろんメールの内容でしょうが意外と男性が注意してないのが「件名」の部分なのです。ほとんどの男性が簡単な挨拶の言葉などを書いていますが、それでは女性の目にも止まりませんしメールを開けてもらう確率も低くなってしまいます。たかが数文字の「件名」部分ですが、そこにインパクトのある人ことを書けばほかの男性と大きく差をつけることができるのです。メールの内容ばかりに気を使うのではなく、ほかの男性が目をつけていないような部分で差をつけるようにしましょう。それだけで女性からの返信率はかなり高くなってきますから。
0

2011/10/6 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ