2017/10/7

同窓会  

先月のことになりますが、大学同期の同窓会に行ってきました。

2年前は娘の水疱瘡で行けず、
昨年は双子の出産直後で行けず、
今年ようやく参加することができました。

双子は1歳になったばかり。
双子が生まれてから、帰省以外に宿泊を伴う旅行はしたことがなく、とても不安…。
でも同期に会えるチャンスだし…。
少し悩みましたが、子供連れも多いということで、思い切って参加することにしました。

同窓会当日は朝から長女の幼稚園の運動会でした。
家族5人で行ったのですが…
長女は張り切っていましたが、開会式直前に鼻血を出すというアクシデントが…。
これで一気にテンションが下がったようで、
開会式の行進は、とぼとぼ歩き。
準備体操の時もまったく動かない。
お遊戯では、じっと動かず、悲しい顔でただこちらを見ているばかり(怖いわっ!)。
張り切って望遠カメラとビデオを持って行ったのに、なんとも撮影しがいのないこの姿…。
主人と二人で笑うしかない運動会前半でした。
その後の親子競技で主人が懸命にあやして、ようやく長女のテンションもあがったのでした。

夕方からは同窓会。
会場は車で1時間ちょっとかかるところでしたが、それでも私たちが一番近かった。
みんなそれぞれ遠くから来ていて、なんだか申し訳ないくらい。
最初の集合写真の時間ぎりぎりに滑り込みました。

久しぶりに会う同期のみんなは、
それぞれ親になっていたり、院長になっていたり、
以前とは違う立場になっていました。
でも不思議なことに、話せば一気に学生のときの感じがよみがえるものですね。
懐かしい気持ちになりながら、居心地のいい時間を過ごすことができました。

心配していた子供たちの様子ですが…
会場に到着すると、双子用バギーに乗った二人は大勢の人に囲まれて泣きもせず笑いもせず、じっと周囲の様子をうかがっていました。
多少緊張していたようですが、そのおかげで動きも少なめでぐずることもあまりなく、思っていたよりも大丈夫でした。
長女も最初は様子をうかがっていましたが、
慣れてくるとお兄さんお姉さんにまじって嬉しそうにしていました。

ありがたかったのが同期のみんなの心遣い。
子育ての先輩が多く、さりげなく子供の面倒を見てくれたり、手を貸してくれたり…。
みんな本当に頼りになります。
双子が生まれてから引きこもりがちで、大勢の人たちとの場にも慣れていない私にとって、なんと心強い状況だったか。

今回は大人11人、子供9人が参加しました。
準備、大変だっただろうなぁ。
子供用のビンゴゲームや景品、お菓子も用意してくれていて、子供も楽しく参加できる会になっていました。
同期の近況報告のスライドまで作成してくれていて、すごいなぁと感心するばかり。
会場の予約だけでなく、2次会用の買い出しにいたるまで、すべてお任せしてしまいました。
感謝、感謝です。

2次会の部屋飲みでは、主人と私が双子を一人ずつおんぶして参加しました。
子供をおんぶして写真撮影に没頭する主人の姿も何とも言えないものがありました。
(最近カメラにはまっている主人です。)
長女は、3つ上のお兄さんに遊んでもらってとっても楽しそう。
面倒見のいいお兄ちゃんに感謝!

次の日は近くにある立派なひろ〜い公園で遊んで、解散となりました。
いや、ほんと、リフレッシュできました〜!
思い切って参加してよかった。

そうそう、お土産もたくさんいただきました。
お下がりの洋服や子供グッズなど、ほんとたくさん。
上の子が女の子で、下の双子が男女のため、男の子の洋服がなかったのですが、
男の子の洋服がたくさん入っていて、本当にありがたい!
さっそく着せています。
お姉ちゃんがいる弟にはよくあることかもしれませんが、
これまで結構女の子の洋服も着せていました。
1歳でも顔は男の子なのか、女の子の服を着せるとなんだか違和感があるんですよね。
でもこれで、しばらくは大丈夫(笑)
ありがたや〜。

今回は、運動会からの同窓会でバタバタしましたが、行けてよかった!
子供連れの参加でどうなることかと思いましたが、みんなの協力もあって私たち自身がちゃんと楽しむことができました。
主人は写真もいっぱい撮れて大満足の様子。
帰るやいなや、部屋にこもって写真の編集にいそしんでいました。

そんなこんなで感謝、感謝の同窓会でした!

2017/7/17

離乳食  

双子は生後10か月になりました。

先日、離乳食に初めてそうめんを食べさせたら、一人が3時間後くらいに嘔吐しました。
けっこう大量に…。
以前ひやむぎを4回ほど食べさせたことがあるけれど、こんなことは起きませんでした。

たまたまかなぁ…とも思ったけど、ちょっと心配。
アレルギーでなければいいのですが…。
ひやむぎも、そうめんも、原料の欄には小麦と食塩しか記載されていない。
手延べそうめんは油を使用しているらしいけど、大量生産の安いそうめんもそうなのかな…?

ひやむぎが大丈夫だったからそうめんも大丈夫だろうと、
初めてだったのに通常量から食べさせちゃったのも失敗だったな…。
後悔してます。
なんだか娘に申し訳ない。

次に食べさせるときはちょっと慎重に、基本に忠実に1さじから試してみよう。
しばらくは怖くて食べさせる気になれないけど…。


そういえばパンを食べさせた時も、嘔吐こそしなかったけれど二人ともおなかがとてもゆるくなりました。
最初はパンのせいだと思わず、朝ごはんの主食にパンを数日食べさせていましたが、しばらく症状が続いたときに、「おなかがゆるくなったのはパンを食べさせ始めてからだ」と気づきました。
パンをやめておかゆに戻してからは調子が戻ったのでした。

幸い、じん麻疹が出たり皮膚が赤くなったり呼吸が苦しそうになったりすることはないのですが、要注意ですね。

もうちょっと消化機能が高まるまで待ってもいいのかも。

そして次に食べさせるときは、ほんのちょっとから始めよう。
長女が特にアレルギーもなく育っているので、ついつい大丈夫だろうと思っちゃってるところがあります。
今回のことで、「はっ」っとしました。

神経質になりすぎてもいけませんが、離乳食は慎重に進めてあげたいと思いました。
子どもたちには、なんでも食べられる幸せを感じさせてあげたいです。

2017/4/20

ベビーサークルを買いました  

お久しぶりです!
1年半ぶりの投稿…。

そして仕事を辞めて初めての春。

退職に伴い長女を保育園から退園させなくてはならず、この春から幼稚園に通わせています。
初めて乗る幼稚園バスに大喜びの長女。
自宅のすぐ前までバスが来てくれるので大変助かります。

ただ、生後7か月の双子はハイハイやつかまり立ちをするようになり、目が離せません。
目を離したすきに後ろに倒れて頭を打つこともしばしば…。
長女のバス待ちの時間はたった5分ほどですが、双子を部屋に置いて行くのは危険…。
そのためおんぶ紐で一人をおんぶし、もう一人を抱っこして長女の送り迎えに出ていました。
双子用のベビーカーもありますが、そこまでするほどの外出でもないし…。
でも二人を抱えるのは結構大変。
じわじわと腰に負担がかかります。

毎日これはつらいかも…

そこで、ベビーサークルを買いました。
下にはマットをしいて、ころんでも怪我しないように。
居間に置いたところかなりの存在感。
しばらくしょうがないでしょう。

そこに二人を入れて、長女の送迎に出ました。
いないいないばぁのビデオをつけて気がまぎれるようにして。
5分後に部屋に戻ると、二人ともおとなしくサークルの中で遊んでいました。

ホッ…。

色々試行錯誤している日々です!

2015/11/24

還暦祝い  

先日、実家の両親の還暦祝いもかねて食事会をしました。
昨年結婚した弟と妹もそれぞれ夫婦で参加し、
うちも主人と娘と一緒に参加しました。

休日がバラバラで、住んでいるところも少し離れているので、
全員が顔を合わせたのは結婚式くらい。
それでも、今回みんなで集まることができました。

気が付けばうちの両親も還暦。
弟と妹から還暦祝いしたいねと言われて気づきました。

孫が生まれたので、じぃじ、ばぁば、などと呼ばれたりしていますが、
自分にとってはいつまでたっても、おとうさん、おかあさん、のままですね。
それでも確実に年をとっているわけで、
昔のように考えていてはいけないんだなぁなどと気づかされました。
両親にはついつい甘えがちですが、
いつまでも甘えていないで今度は我々子どもたちが助けていく番ですね。

そういう意味では、兄弟3人いるって心強い。
今回の還暦祝いも、それぞれができることを分担して準備しました。
弟のお嫁さんも、妹の旦那さんも、優しくてしっかりしていて頼もしい限りです。
家族が増えたことを実感した幸せな一日でした。

そしてその場でそれぞれの家族が話した今後の抱負(?)は
子どもができるといいなぁ、ということでした。
孫の顔が見たいと言ううちの両親の気持ちをくんでの抱負かもしれませんが^^;
ともあれ、またみんなで集まってワイワイ話したいな〜。

2014/10/17

近況?報告  

しばらくぶりです。
季節は変わり、もう秋になってしまいました。
仕事に復帰してから7か月。
ようやく日常生活のリズムがつかめてきたのかな、という感じ。
仕事復帰したばかりの4月、5月は、
保育園に預けた娘が次から次へと病気にかかり、
さらに我々も次から次へと感染しました。
話には聞いていましたが、本当にすごいものですね。
一番しんどかったのはノロウイルスです。
途中から私は消毒の鬼になっていました。

そんな娘も1歳になり、だんだん丈夫になってきています。
歩き回るようになり、少しずつ言葉を発するようになってきて、
子供の成長の早さに驚かされる毎日です。

夫は相変わらずですが、子供の面倒はよく見てくれています。
子供をお風呂に入れるのは自分の役目だと思っているようです。
仕事の途中で一旦帰ってきて、子供をお風呂に入れてからまた仕事に行っています。

私のほうは…
仕事で変わったことと言えば、新しい教授が来たことでしょうか。
まだ就任したばかりですが、少しずつ医局の雰囲気が変わってきているように感じます。
このあとどうなっていくのか、まだまだ未知です。

最近驚いたことと言えば、
大学にいる同期の友人の第1子誕生かな。
先日会ったときに「昨日さ、予定日だったんだよね。」と唐突に言われ、
“なんの予定日?”と思ってしまいました。
ちょこちょこ顔はあわせていたけど、奥さんが妊娠していたなんて聞いてなかったよ!?
その数日後、無事男の子が誕生したそうです。
おめでとー!!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ