2012/7/19

言葉を合わせる  

出会い系サイト内でメールのやりとりをしているなかで、
突然理由もわからずに連絡がこなくなったことはありませんか?
送ったメールの内容を書くにしても、別に問題点はないような、
普通のメールを送っているのに。

そういう場合に多いのが、
自分では気付かずに相手の事を否定している時があります。
絶対的に送った内容が否定しているとはいいきれませんが、
ちょっとしたズレが相手側に否定されたと感じさせる場合があります。

例えば、大切にしている「愛犬」の話を相手がしてきてきているのに、
相手に対して「愛犬」ではなく、ペットと返す事です。
犬は犬でも相手にとっては「愛犬」、自分に取っては「ペット」、
同じ意味で使用していたとしても、
相手はは何故か否定された気持ちになることがあります。

ちょっとした言葉の違いが相手が不満に思うことがあり、
それが大切にしている事であればなおさらです。
相手がペットのことを「愛犬」と呼ぶのであれば
あならも「愛犬」で合われておけばいいのです。

自分との言い方が違ってもここは我慢して相手に合わせてみましょう。
難しいと思われる場合も「必殺!オウム返し」と割り切りましょう。
相手の言葉使いに合わせて話を進めれば、
相手は私がよく話を聞いてくれると喜んでくれます。
そうするとその後のやり取りがスムーズに進み、
最終的にはこちらの思惑どおりに話を持っていけるというわけです。

ちょっとした言葉の違いですが、
言葉を合わせると相手との盛り上がり方もかなり違ってくるので試してみる価値ありです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ