2011/9/30

小学六年と五年になる弟妹のチビたちはまだまだ眠たい年頃である  小説

 小学六年と五年になる弟妹のチビたちはまだまだ眠たい年頃であるから、大人たちは強いて起こしたりはしない。毎日十時には眠らせて、寝ろよ育てよと愛情を寄せる。長男の太一などは全くよく運動をするものだから、一日十時間でも寝たりないくらいである。次女の夏美は床しく静かな女の子だから、日中疲れないと見えて、十時にはなかなか眠ってくれない。相部屋の太一がすぐに寝てしまうので、こっそりと部屋を出て涼子のところへやって来る。そうして涼子が勉強する間、ベッドの中で本を読んで、気がついたら眠ってしまうから、仕方なく涼子は夏美と一緒に眠ってやる。そんなこともしばしばある。Sex Slave
 母親のいない小泉家において、二人のチビの世話をするのは、母親代わりである涼子の仕事だ。最も、既に小学校の高学年となった二人は、さして手数がかかるわけではない。身の回りのことは当然に本人達がするように躾がされている。だから朝食の準備をして、宿題を見てやり、後は成長を見守ってやるのが母親代わりの仕事ということになる。
 チビたちを起こすのは朝の六時半、大人たちの食事が終わってからだ。祖母は食後の茶を飲むと、食器の後片付けをはじめる。そうして涼子は、チビたちの御膳をお世話する。同時に男たちの御膳を下げる。弟妹の分のお茶を入れる。新聞を持ってくる。男達にお茶のお代わりを入れる。小泉家では食事中にはテレビをつけないのが慣わしであるから、男の話し相手をするのも、女房子供の大事な仕事である。
 こうして朝の雑多な時間が終わると、片付けは祖母に任せて、朝の七時には家を出るのだから、必然七時三十分には学校へと着いてしまう。弟と妹の時間に合わせて、はじめのうちは涼子も時間いっぱいまで家にいたが、進学校の優等生として、学問にも精を出したいのである。愚直に誠実な田舎の民は、涼子の志しを嬉しく思う。父は優しく激励し、祖母は涼子の丹精を褒める。祖父は家族が真面目で一丸に生きてくれることが何よりも嬉しい。弟も妹も、姉の優しい微笑と凛として健気な姿を見て、長者への尊敬を厚くする。そんな工まぬ教育が、自然二人の人格を直くして、性根の優しい素直な子供へと成長させるのである。
 涼子は部活の朝練組を除けば一番に学校へ到着する。そうして早くに教室へ行き、朝のホームルームまで勉強や読書をするのが日課となっている。窓際の最前列に席を持つ彼女は、一夜を経てすっかり空気の静かに重たくなった教室に、窓を開け放って風を巡らす。そうして彼女は席に着き、中庭に咲く桜を眺める。桜は大変な大樹であって、古い校舎と時を同じくしている。幹に刻まれた人の名ですらも、また麗しい歴史である。
 大樹は葉を窓辺にかざす。優しく差し出された一枝を、涼子は毎日傍らにしている。伽藍の教室に一人・自分だけの大きな教室で、静かに大樹と向かい合うとき、涼子の心はすっかり清清とする。そんな朝の嬉しい一時である。
 春風の微笑とは事実である。
 さっさつと吹く温かき風が、桜を撫でて涼子に薫らす。花のざわめきは穏やかで、優しく涼子を労い励ます。その慈しみを受けて涼子は、国語の予習帳を取り出し、単語の読み書き字義を確かめ、朝一番の授業へと備える。古典の予習で、花精妙の枕詞が出て来たことは、何だか絶妙で可笑しかった。美しい言葉の響きと字義に、予習帳の隅の白欄に、三度ばかし花精妙の漢字を書いて微笑む様を、見れば誰でも嬉しくなるだろう。
 穏やかなとき、人は日常の簡単な変化にも機微を覚えて感動する。改まって言葉にすると、凄んで見える人間の真理も、箸が転んでも可笑しい女学生にとっては、言うまでもない当たり前のことではあるが、そんな豊かな感受性を持てる心にさせてくれる、優しい温もりが春風の微笑なのである。
 
       二

 元々予習は自宅で済ませてある涼子だから、簡単な単語の確認だけで、必要な勉強はお終いにできる。時計を見ると七時五十分。彼女の経験から、他の生徒が来るのは八時五分以降である。これは大体、この時間にバスが一本近くを通るからである。その前、七時五十五分に、電車が近くを通るのではあるが、部活の朝練習にしては遅く、通学には早すぎるため、滅多に生徒が乗車することはなく、むしろ専ら先生が利用するのである。最も、八時五分のバスに乗ってくる生徒も殆どいない。少なくとも、涼子のクラスには一人もいない。一度だけ始業式の日に、クラスの男子、城野雄樹がこのバスに乗って来たことがあったが、しかしそれも一度だけの例外である。だからもう少し涼子は一人を楽しむことが出来る。この時間を利用して、日記を描くのが彼女の日課である。普通一般に日記は夜に描かれるが、彼女は朝のこの時間、一番心の穏やかなときに、前日を振り返って描くのを常としているのである。
 涼子の日記帳は原稿罫のタテ十行で、二千七百円の確かなものだ。これが殆ど唯一の、純然涼子の娯楽に用いられる金と思って差し支えない。このような奥床しい優等生は、田舎に行けばどこの学校にも一人くらいはいるものであるが、ただ彼女の場合は母親代わりもせねばならぬ点で、人並みならざる苦労がある。
 しかしこの苦労は彼女にとって必ずしも不幸ではない。若いうちの苦労であるから、将来立派な財産になる。涼子は背丈が低い。華奢で小柄な女子だ。顔はやや端整で美人。長い黒髪と肌理の細か白い肌が魅力的だが、年に比べて妙に大人びて優美なのは彼女の容姿のためではない。洗練された女性の美しさは、そのしぐさと雰囲気、感受性に表れるのである。大人の女性の優美さは、それはそれは大変すてきなことで、同姓からは慕われ、また異性からは親しまれ、年長者からは可愛がられ、年少者からは愛される。家族は彼女の存在に安堵させられ、心安く思うとともに、若い娘の将来にまで期待を持たざるを得なくなる。そのことがどれほど大人たちを仕合せにさせることだろうか。家に大人ばかりの昼下がりに、まぁまぁここいらで一服とビールを飲んで、気の早いことにしばしば涼子の嫁入りを語り、話に花を咲かせたことも一度や二度ではないのである。
 最も、あたかも涼子が端から従順で道理を弁え、母親代わりに家事をして、節制の徳を知っていたかのように思うのは間違いである。子が自由を求め、親に要求することは田舎も都会も変わりない。が、田舎の者は筋を尊ぶ。特に農家の者はそうである。三體牛鞭
0

2011/8/12

大学生になると、多くの人達が校内、サークル、バイト先など、様々な場所で出会いを見つけ  健康

大学生になると、多くの人達が校内、サークル、バイト先など、様々な場所で出会いを見つけ、彼氏/彼女を作るようになります。そして、多くの大学生たちが、セックスを経験します。調査によると、大学生の63%はセックスを経験したことがあるようです。高校生までだと、まだセックスを経験したことのない人のほうが多かったですが、大学生ともなると、セックスを経験した人のほうが多くなるようですね。精力剤
初体験の年齢の平均は19歳くらいなのだそうです。大学1〜2年生くらいになると、みんな彼氏/彼女を作ってセックスをするようになるのです。大学生になると異性に対して積極的になる人も多く、これまでよりも性に対してオープンになってきますから、この時期に初体験を迎える人が多いのでしょう。
大学生は、高校生までとちがって自分である程度自由に授業を設定することができます。平日でも自由な時間が多いですから、大学生カップルたちは時間を気にせず好きなだけセックスをすることができるのです。若くて体力もあり性欲も旺盛ですから、平日の昼間からでも大学生たちは性器を結合させてセックスに励み、男の子はたくさん精子を出しているのです。授業のない日なんかは一日中セックスをしていることでしょう。私も大学生の頃は毎日のようにベッドの上で女の子と性器を結合させセックスをしていました。ほとんどの時間、私のペニスが女の子の膣内に挿入されていたという日もよくありました。コンドームの消費量も激しかったのでいつも多めに用意していたのを覚えています。性欲旺盛でしたから、本当に大学時代はセックス三昧でした。

大学生になると一人暮らしを始める人が多いですよね。なので、セックスをする場所に困ることもありません。時間も場所にも困らない大学生カップルたちは、思う存分セックスをしているのです。また、アルバイト等をしてお金を持っていますから、ラブホテルも頻繁に利用するようです。ラブホテルはそれけでムードが高まりますから、大学生のカップルたちはラブホテルで思う存分激しいセックスを楽しみます。平日の昼間なんかはフリータイムで安いですから、時間のある大学生カップルたちはその時間帯にセックスをし、愛しあうのです。
中学生や高校生まではセックスをするべきでないという考えが多いですが、大学生になるとセックスをするのが普通という考えが多くなってきます。結婚もできる年齢ですから、大学生のセックスが容認されるのも自然なことでしょう。
ペニス増大
大学生カップルの中には中出しセックスをしているひともいます。ある調査によると、普段からセックスをしている大学生カップルのうち10%程度はコンドームを使用せずにセックスをしているそうです。つまり、勃起したペニスを生のまま女の子の膣に挿入し、ペニスと膣粘膜のニュルニュルと擦れあう感触を楽しみ、膣内に精液を出して子作りをしているのです。コンドームを着けずにセックスをする理由はさまざまですが、多いのは、「コンドームを着けるのが面倒」や「生のままセックスして中出しするのが気持ちいいから」というものです。たしかに生のままペニスを膣に出し入れする感触はとっても気持ちいいですし、ペニスを膣に入れたまま射精するのは男の子にとっても女の子にとっても気が遠のくほど気持ちいいものです。しかし、大学生同士で性器を生結合して気持ちいいセックスをたくさんやって、中出しを何度もやっていれば子供ができます。大学生ですから避妊をせずにセックスをすれば子供が出来ることはわかっているはずですが、それでも中出しセックスを楽しんでいる大学生がこんなに多いのですね。某所でのアンケートによると、大学生同士でセックスをして中出しをするときはペニスを膣の奥まで深く挿入して射精をする人が多いようです。ペニスを膣の奥深くまで挿入しての中出しは気持ちよくてたまらないものです。とても気持ちよいので射精が収まるまでペニスを膣の奥まで挿入していますから、女の子の膣の奥にある精液を溜める空間は、男の子が射精した精液がでいっぱいになります。男の子が膣からペニスを抜いた後も女の子の膣の奥には精液が溜まったままとなり、その精液が子宮に入って妊娠することになります。アルバイトをしお金を持っていたとしても、自分たちだけでその子供の面倒をみるのは難しいでしょう。

セックスの相手が複数いる大学生も多いようです。調査によると普段からセックスをしている大学生の20%は複数の異性とセックスをしているようです。大学生は学生の中でも出会いの多い時期です。気に入った相手が複数いる大学生は、恋人としてではなくセフレとして付き合っているようですね。自分のアパートに女の子を連れ込んでセックスに励み、また次の日に別の女の子をアパートに連れ込んでセックスに励んでいるという男子大学生も少なくないのです。

大学時代はたくさんセックスできる時期です。大学生の皆さんはぜひ気持ちよいセックスライフを楽しんでください。
威哥王
0

2011/7/8

意外と難しい、職場の女性とのコミュニケーション  健康

意外と難しい、職場の女性とのコミュニケーション。R25世代361人に「過去に自身の言動行動で、職場の女性から怒られてしまったり、嫌われてしまった経験はありますか?」というアンケートを取ってみたところ、40%が「ある」と回答。その原因は、「同僚の髪型やネイルが変わった際に褒めなかった」、「部下を叱ったら周りからかわいそうだと言われた」、「同僚に下ネタを言ったら、その後無視された」など。しかし、女性に嫌われる原因は、ひとつではなく、日ごろの言葉や行動の積み重ねで徐々に嫌われていくという。花痴

男女間のコミュニケーションに詳しい、ライターの島影真奈美さんによると、「男性は自分が相手を怒らせたことに気付かない人が多い。男性が気付きにくいけど、実は女性を怒らせがちなポイントを知っておいたほうがいいです」ということで、日常にありがちな、5つのポイントを教えてもらった。

1.「やっぱり若い子がいると場が華やぐね〜」など、自分を落として場を盛り上げる、女性側のトラップに乗ってはいけない。これに乗ると、「お前には言われたくない」と反感を買う。

2.「ハケンさん」「バイトちゃん」「事務の女の子」などの呼び方はNG。1人の人間として認められていないと感じてしまう。

3.話しかけられたときに、パソコンのほうを向いたままなど、相手のほうを見ないでの受け答えはNG。「この人、私のことどうでもいいと思ってる」と一度判断されたら、リカバリーは難しい。

4.女性は褒めたほうがいいからといって、褒める相手を間違えると、他の女性全員を敵に回す。ただ要領がいいだけで、実はほかの女性から反感を買っているような相手を褒めないように要注意。

5.女性を褒める際、「期待しているから頑張れ」という叱咤激励はNG。「私、もう頑張ってるのに、どこまで頑張ればいいの?」と、逆にモチベーションを下げる。

男性にはわかりにくい、女性の怒りのツボ。この5つのポイントを、ぜひ覚えておいて!巨人倍増
0

2011/7/4

国際的な水銀規制目指す  健康

国際的な水銀規制目指す 「条約」名に批判的意見も
 なるほドリ 「水俣条約」が制定されるって聞いたけど、水俣条約って何のこと?
 記者 地球規模での水銀汚染防止に向けた国連環境計画(UNEP)の取り組みです。09年2月に制定が決まり、政府間交渉委員会(INC)で5回にわたって内容を話し合ったうえで、2013年に採択と署名のための外交会議を日本で開く予定です。今年1月には第2回委員会が千葉市で開かれ、水俣市の宮本勝彬市長らが水銀廃絶を訴えました。
 Q なぜ条約の名前に水俣がつくの?
 A 水銀が原因となった水俣病の経験を通じて、世界の国々に健康被害や環境破壊を防ぐことの大切さを知ってほしいと日本が訴えたのです。交渉参加国もこの訴えに賛成しました。条約は慣例として外交会議の開催地名が付きます。水俣で開かれれば「水俣条約」となるわけです。
 Q 水銀って今も使われているの?
 A 環境省が示した資料によると、05年の世界の水銀需要は3798トンありました。内訳は化学工業用33%、金の精錬用21%をはじめ、電池と歯科用アマルガムがそれぞれ10%、体温計や血圧計など計測機器9%、照明器具4%などです。有毒と分かっていながら今も使われています。
 Q 日本でも使われているの?
 A 1964年の年間2500トンをピークに、最近は10トン程度まで減っています。「産業界や行政、市民が一体となって代替技術を開発したり、回収や処理に取り組んできた」というのが環境省の説明です。水俣病を経験した国として、さらに世界的な水銀規制に積極的に貢献したいというのが「水俣条約」命名の狙いです。
 Q 制定に向けた各国の交渉はどこまで進んでいるの?
 A 千葉市であった交渉委員会では事務局が骨子案を示しました。「一定期間後に新たな水銀採掘を廃絶する」「水銀の国際貿易や用途を制限する」といった点は基本的に意見が一致しましたが、具体的な規制の範囲、手続きや実現に向けた発展途上国への資金援助の方法などは議論が残ったそうです。
 Q 水俣では「水俣条約」と名づけることに批判的な意見もあるって聞いたけど。
 A 「世界的な水銀規制には賛成だけど、水俣病問題をきちんと解決しない以上、立派な条文ができても説得力がない」という意見ですね。6月に水俣市であった環境省主催の「水銀条約について考える会」でもこうした意見が相次ぎました。
 Q 水俣病はまだ解決していないの?
 A 発生から半世紀余りが過ぎましたが、被害がどこまで広がっているのか今もはっきりしません。どんな症状があれば水俣病と認めるのかという問題も残っているし、水銀を埋め立てた水俣湾沿いの護岸の安全性確保も課題です。条約が目指す水銀規制と次元は異なりますが、こうした問題をきちんと解決することも必要ですね。
1

2011/7/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ