2011/11/2 | 投稿者: ereritrnibm123

話に困ったことはありませんか?

普通の友人同士であれば、沈黙なんてものを打開してくれる人間もいることでしょうが、恋愛対象と二人きりだけのデートなんてシチュエーションでは、どうしよう?と気が焦るものですよね?

そこで覚えておいて欲しいことがあります。

会話に困ったら昔話を振ってみるというようなことですね。

たとえば、高校の時の修学旅行ってどこにいったの?なんていうような話題を振ることです。
思い出とともに当時の自分を相手に語ることになるので、親近感というものが増すことは確実なんですよね。

部活は何をしてた?というようなことでもいいですし、子供の頃よくみていた番組なんてものを聞くのもオモシロイですね。

同世代であれば自分が忘れていたような懐かしいワードが出てくる可能性もありますし、話題が盛り上がることは間違いありません。

年齢差がある場合にでも、どんな内容なの?なんていう風に深く掘り下げてその話題を引き出し、「興味出たから、今度レンタルで借りてみてみよっかな?」なんていうようなことを言えば親近感が増すことにもつながりますよ。

過去の話でもタブーなのは、元彼とのSEX話なんてもの。
これは言いたくないと思うような女性がほとんどですから、それだけはうかつに聞かないように気を付けたいところですね。
0

2011/10/22 | 投稿者: ereritrnibm123

現代社会における、新しい、大きな可能性を秘めた出会いの形である、インターネットでの出会い。大きく分けて、無料のサイトと有料のサイトがあります。無料のサイトはサクラも多く、またいかがわしいサービスへの誘導も多くあります。その点では、有料のサイトのほうが、料金を払っている分、安心できるとも言えます。そして、その有料サイトも二つに分けることができます。登録は無料のサイトと月額制のサイトです。
登録が無料のサイトの場合、相手からの反応があった場合から料金が発生する仕組みが多く、初期費用が求められない分、参加しやすいというメリットがあります。サイトによって、チャット機能があったり、身分証明が必要であったり、パーティーも行われていたりと色々特色があります。その特色や、課金の仕組みから、自分にあったものを選びましょう。
月額制サイトの場合、一切活動しなくても、一ヶ月には数千円の料金が課金されます。その分、使い放題でもあり、またそれなりの金額を払っている分だけ、真剣な登録者が多いので、本気の出会いに繋がりやすいことは長所でしょう。本人証明はもちろん、一定の収入が求められることもあります。
自分が求めている出会いが、結婚まで考慮した本気の出会いなのか、まずは結婚は考えない交際相手なのか、メール等で十分やり取りしたいのか、段取りよく結婚まで漕ぎ着けたいのか、など、自分の要求に合わせて、これらのサイトを選択するとよいでしょう。
0

2011/10/22 | 投稿者: ereritrnibm123

「赤ちゃんって、どうやったらできるの?」と子供に言われても本当の事は教えれないです。高校の時に友達数人で下ネタ話になった時に、1人の子が小学3年の時に男の子がニヤニヤしながら「セックス」って言ってたから気になってしまって帰ってすぐに母親に、「セックスって何?」って聞いたら「喧嘩した時に仲直りできる運動だよ」って言われたらしく、次の日の朝に親が軽く喧嘩をしてたのを見て「もう〜そろそろセックスで仲直りしなよ」って言ったら、父親に頬っぺたをビンタされちゃった話を聞いて爆笑しちゃったんです。他の友達はトイレに行くとリビングのソファーで両親が裸になって父親が母親の胸を触って母親が喘ぎまくってたのを中学生の時に見てしまい、当分ソファーに触りたくなかったって言ってたけど。やっぱり自分の親のを見ちゃうと何故かショックなんですよね…!うちの親は見つかった時に「プロレスごっこ」と言い張ってたけど、その年に母親が妊娠して10歳も離れた妹を見るたびにプロレスごっこの時の…って思い出してしまいますけどね!
両親のプロレスごっこがトラウマなのか…芸能人が「コウノトリさんにお任せして〜」なんて純情な振りして赤ちゃんの事に対しての質問に答えてるのを見ちゃうと「SEXしまくればいいのに」と思う私。
0

2011/10/6 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ