2012/2/22 | 投稿者: ernmoernocd123

◇アンチ買い
えらい昔とはさん変わりしたんやが、ここ近年、競馬ブームの到来や、JRAの宣伝努力の結果、ぎょうさんの芸能関係モンが競馬のPRに関わるようになったんや。TV番組でG?レースの予想をしたはる芸能人もいますわ。JRAの他にもg1マーケッツ情報会社などに質問してみるのもいいと思います。
Q:質問です。プリンキパトゥスとプリンケプスが、そないどした芸能人の競馬予想のぎょうさんは、表面的な情報さかい思いつく程度の水準のモンで、あんまり勝率はよおあらしまへん。そないゆー予想にとどまってないないするのには理由がおます。
最大の理由は、ちんとどしたわての予想方法を持たず、場当たり的にやっとるため進歩がへんさかいちゅうことどす。あたり前本業で予想をしたはるわけほななく、超多忙な日々を送っとる芸能人に、それを期待しはる方が無理といえばそないなんやけど。本来、予想の的中率を高めていくには、いろんなデータや情報を総合的に判断し、わての予想方法や経験に照らして、予想していくことが大事であり、そないしはることで競馬予想ちゅうモンの精度は高まっていくモンなんえ。
あいさには、芸能人の予想が当たることもありますが、以上みたいに概して勝率が高くへんのが芸能人予想どすから、そこをさかしま手にとり、あえて芸能人予想の馬券を買いまへんちゅう戦略も成り立ちまんねん。すなわち、芸能人予想のアンチ買おす。
芸能人予想がよお実施しはるG?の馬券購入の際に、芸能人アンチ買いをしてみるのも一法どす。週末の夜、TV番組をチェックしてみて、芸能人予想を、そないゆー意味で参考にしてみるのもおもろいと思うて。
0

2012/2/13 | 投稿者: ernmoernocd123


ネオユニヴァース産駒は京都外回りは割と得意な部類。




このように今とっても、ご活躍されている

田中洋平さんから
ご推薦文をいただきましたので、ダービープレミアム評判ご紹介させていただきますね。
勿論、判断は読者にお任せします。ここまで良い意味であまり個性を出さない馬だったけど、徐々に個性を見せ始めている。
そういった点も含めて今年のカペラS組上位は殆どサンデー系でありかなり不安。
どちらかというとSecretariat的なマイラー、クラウンプリンセスみたいな印象だ。
私の愛馬レッドアーヴィングが出走します。
昭和の中頃、メジロオーでダービー二着惜敗、鼻差判定に怒った先代は身分差で負けたと主張。
見た目からはダービー向きでも、血統実績からは皐月賞向き。
ここのメンバー的にもそろそろ勝ち上がり期待。
それを色濃く受け継いだマルセリーナの適距離は知っての通り。
(但し09年は札幌競馬場で開催されたため除外)


・人気順の右は、2角-3角-4角のコーナー通過順
・血統は父・母父
 ◇   サンデー系
 ◆   ノーザンダンサー系
 ●   トニービン系
 ★   ロベルト系
 ※   ミスプロ系
 ×   リボー系
 □   ヘイロー系
 ◎   ナスルーラ系
 ?   ターントゥ系
・3段目は、前々走の成績→前走の成績


10年
 1着マイネルスターリー (2番人気)6-4-2
     ◎スターオブコジーン  ◇サンデーサイレンス
     福島民報杯4着→新潟大賞典4着

2着ジャミール     (1番人気)8-8-8
     ◇ステイゴールド    ◆サドラ−ズウェルズ
     阪神大賞典2着→天皇賞春7着

3着ドリームサンデー  (5番人気)2-2-1
     □タイキシャトル    ★ブライアンズタイム
     アンタレスS9着→金鯱賞2着


08年
 1着トーセンキャプテン(4番人気)10-9-6
     ●ジャングルポケット  ◇サンデーサイレンス
     目黒記念7着→巴賞4着

 2着フィールドベアー (1番人気)4-3-2
     ◇フジキセキ      ●トニービン
     新潟大賞典3着→巴賞1着

 3着マンハッタンスカイ(2番人気)4-3-2
     ◇マンハッタンカフェ ×Go for Gin
     金鯱賞2着→巴賞6着


07年
 1着エリモハリア−  (7番人気)6-6-6
     ◆ジェネラス      ◎ブレイヴェストローマン
     札幌記念(前年)5着→巴賞11着

 2着ロフティーエイム (9番人気)4-4-4
     ◇サンデーサイレンス  ?Lord Avie
     むらさき賞3着→巴賞8着

 3着サクラメガワンダー(2番人気) 8-8-9
     ★グラスワンダー    ◇サンデーサイレンス
     マイラーズC5着→安田記念13着


06年
 1着エリモハリア−  (1番人気)10-6-5
     ◆ジェネラス      ◎ブレイヴェストローマン
     金鯱賞3着→巴賞2着

 2着エアシェイディ  (2番人気)4-3-3
     ◇サンデーサイレンス  ◆ノーザンテースト
     中京記念3着→福島テレビOP12着

 3着マヤノライジン  (3番人気)13-6-5
     ★マヤノトップガン   ◆Danzig
     紫野特別1着→下鴨S1着



血統傾向的には、パワータイプのロベルト系、ノーザンダンサー系の中でも鈍重なニジンスキー系、トニービンのラインなど、「重め」の血が目立ちます。

しかし、札幌記念には、他に「穴馬狙いの際にぜひ注目したいファクター」が2つあるのです。

自分の弱味はパドックでの馬体の見方が今一つだということです。
先行力があり持続力がある。

このように、07〜10年の小倉大賞典時の芝と

今の芝とでは、かなり馬場の状況が違いますので

参考にはしづらいファームクチコミ感じです。それにしても川崎記念のスマートファルコン強かったですね。
重視するのは決してキャリアだけではなく、将来どういう走りをしてくれるのかという想像。
本日はきさらぎ賞、東京新聞杯の穴馬を公開したいとお思います。【フェアリーS】
メジャー産駒の中山適性◎
◎パストフォリアは規格外の強さを見せつけ…ではなく規格外の出遅れで完敗最下位。
基本的にDanzigは時計に限界があるタイプが多く、持ちタイムはどの産駒もほぼ同じタイムで止まる。
もちろん出走馬の全体レベルが高いこともあるのでしょうが、それ以上に『超一流』牝馬を苦しめているのは「マイル」という距離です。
0




AutoPage最新お知らせ