2010/7/23

子どもの視力低下にストップを!「子どもの目を守る」メガネをかけないレベルまで回復:口コミ  視力回復

クリックすると元のサイズで表示します




驚くべき事に小学校時点で、全体のおよそ3割が、中学生になると半数以上が既に1.0をきっているという衝撃的な事実が報告されています。



そして

「視力が低下したらおとなしくメガネをかけるしかない」

というのが今の日本の現状です。



詳しくはこちらから


ーーーーーーーーーー

11歳 ケンイチくん

クリックすると元のサイズで表示します


before after
両眼 0.4〜 01.0




半年前の学校の検眼で、BとCでした。

僕はゲームが大好きで、なかなかやめられません。
テレビに近づいて見ているところをお母さんに注意されて、眼科に行きました。



2ヶ月前に、お父さんがこのトレーニングのマニュアルを見つけて、

毎日テレビゲームを我慢してトレーニングしました。

今、両目で1.0 右0.7 左0.6にもどっています。


今度の検眼までに、もっとがんばります

ーーーーーーーーーー


26才の会社員さん



クリックすると元のサイズで表示します


   before after
両眼 0.4〜0.8




仕事が営業で、クルマを運転することも多く、視力低下をなんとかしたいと思ってきました。


以前、ある視力回復センターにもかよっていたことがあり、視力アップには人一倍、関心をもっていました。



このトレーニングは、誰でもできる簡単なものですが、やはり、生活上のちょっとした目へのいたわり方や持続が大事だなと感じます。



おかげで、免許はメガネなしで通りました。

このマニュアルとトレーニングに出会えて良かったです

ーーーーーーーーーーー


このようにお二人の方の喜びのメッセージに出会うことができました。

自宅で、トレーニングを続けて得られた喜びです。





続きをどうぞ!




0
タグ: 視力 回復 めがね

2010/5/3

楽々!視力アップマニュアル・トレーニングキット付き  

90日間 視力アップとレーニング塾(CD-R&完成品トレーニングキット版

クリックすると元のサイズで表示します


詳しくはこちらから

視力低下の低年齢化が進んでいます。

幼稚園児 28%
小学生  30%
中学生  50%
高校生  60%

この数字は文部科学省の「学校保健統計調査報告書」による
各学年で視力が1.0をきっている割合です。

驚くべき事に小学校時点で全体のおよそ3割、
中学生になると半数以上が既に1.0をきっているという
衝撃的な事実が報告されています。

クリックすると元のサイズで表示します

「視力が低下したらおとなしくメガネをかけるしかない」のでしょうか?


これが日本の現状だてしたらと考えると不安はつのるばかりです。

視力低下の原因は人それぞれで、もちろんご家庭によって環境も状況も異なるものです。


「子供がメガネをかけざるを得ないほどの視力に低下してしまったが、
何とか裸眼で不自由なく生活する事はできないのでしょうか?」
と考えるのが親の気持ちです。


つまり、こういったケースの場合、ほとんどは
きちんとトレーニングする事で視力回復は十分に望めるものと考えられています。


その考えの基盤には医学的な研究結果、これまでのトレーニング実績などを
統計したデータがあり、決して根拠のないものではありません。

データーは、ともかく

「うちのこの視力は本当に回復するのかどうか?」

ということを一刻も早く知りたいのではないでしょうか


データ上で99%大丈夫だと示されていたとしても、
大切なお子さんの目に1%でも懸念があるだけで心配でたまらなくなるのが
親御さんのお気持ちだです。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ、残念ながら視力回復に携わっているプロで「はい!良くなります!」と
答えられる人は世界中探しても見つからないでしょう。

なぜなら現状、あなたのお子さんの目の状態を見ていないからです。

無責任な発言で一喜一憂させるのは何よりもあなた、
そしてあなたのお子さんの信頼を裏切る事になります。

ですから、もしお子さんの視力低下に不安を抱えているなら、
是非一度、お電話、またはメールフォームからご相談頂きたいのです。

その後であれば、的確なアドバイスをする事も、
多くの場合、上記のご質問にお答えする事もできると思います。




詳しくはこちらからご覧きださい





0

2010/1/31

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ