ロックンロール、ときどきバイク

yoppy

プロフィール

群馬を拠点として活動している3ピースバンドThe FakieのGt.Voです。現在ドラマーの脱退のため活動休止中。随時メンバー募集しています。

カレンダー

2017
October
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数


ジオターゲティング


ジオターゲティング

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

アースシェーカー/FUGITIVE

84年に発表されたアースシェーカーのセカンドアルバム。
クリックすると元のサイズで表示します
ギター弾きには定番の名曲MORE、タイトルチューンのFUGITIVEはラストのギターが圧巻でドラマチックだが、注目はメロディーライン。この当時ならハードロックで言えばラウドネス、44マグナムをはじめ色々なバンドがあったがここまでメロディアスでクセのないボーカルスタイルは衝撃的だった。

印象で言えばディープパープルからレインボーになってポップになったなぁと感じたのと似てる。こればっかりは好みだからアレだが、自分は断然レインボー派。歌謡曲だが演奏はマニアックで本格派、みたいなスタンスが好きなのでブラックサバスよりオジーオズボーン名義もしかり。多分80年という時代がそんな感じなのかも知れない…

話を戻して、アースシェーカー。彼らはこの後も数多くの名曲を出し続けているが自分が一番印象なのがやはりこのアルバム。ポップだが哀愁があって外国風な叙情があってドラマチックでスケールが大きい良いアルバムだと思う。
歌詞やメロディー、演奏、アレンジも含めて今聴いてもグッときます。
投稿者:yoppy

Facebook

このところ全然更新していなくて、そういうブログたくさん見てきて中途半端だなぁと思っていたのにまさに自分が中途半端です。

とは言え、このところロッカーズの集まりのグループに参加したくてFacebookを始めまして、mixiも離れた知人との交流の為に始めたんですがこちらは自分には馴染む事はなく一方的に情報の受け身程度ですが、FBは意外と面白くて今はそちらで更新がメインになりつつ、バイク主体の表ブログもたまに書いてFBにリンクするようにしております。
こちらのブログも記事ごとにリンクさせようとトライしたのですが、1記事ごとにリンクが思う様に出来ず放置な状態となっています。
しかし、FBも表ブログと同様、続けていくと色々な人が来てくれるようになると自分の好きなコアな部分を出しづらくなる感じですね… なかなかそこを貫き通す意志が弱い自分です(笑)

なので、一応このブログは閉鎖しないで続ける方向ではありますが、更新サイクルは亀さんぐらい遅いと思いますがよろしくお願いします。って誰に向けての発信かわかりませんが自分に対してです。
投稿者:yoppy

BUCK-TICK/エリーゼのために

3月の終わりに更新以来放置しっぱなしのこのブログですが皆さまお久しぶりでございます。
この間特に音楽活動をしていた事も一切無く(笑) コレと言って刺激を受ける音源に出会えた訳でもなく、なんとなく過ごしてきてしまいました。イカンですね…

そんな中、久々のBUCK-TICKの新譜です。やっぱり映像込みで聴きたいです。カッコいいです。
今回は今井さんの作詞作曲です。タイトルはクラシックで有名なアレかと思いきや、まぁそれもそうですが実は詞のコンセプトがRCの同名曲と同じだった事から、ならそのままでいいじゃんっていういきさつだそうですよ。

簡単に言っちゃえばとある女の子がピアノだかバイオリンだかを習わされているけど、自分の感性に合う音楽、楽器はエレキギターかも知れないしロックかも知れないという感情が心の奥から湧き出はじめてきている… みたいなやつです。
自分がたまに使う「初期衝動」ってやつと感覚的には似ているかも知れません。その才能や感覚の開花はたぶんある日突然やってくるかも知れませんし、来ちゃった人はたぶんその先ずっとロックな感性で生きて行けるはずです。そんな人とたくさん知り合いになりたいです(笑)

何はともあれ、久々のBUCK-TICKの勇姿を堪能しましょう。
これ見るとギター弾きて〜って思います。





投稿者:yoppy

Janne Da Arc/桜

最近ではあまり更新できていないこのブログですが、知らない方からコメもらうとすごく嬉しいですね。
個人的に聴きたい曲を書き留めているだけのメモがわりぐらいなブログですが、それなりにその曲に対して知っている事は吐き出しているつもりではあります。たまに間違ってますけど(笑)

暦の上ではもう春でしょうか? 今年はまだちょい寒いですが、春というと桜で、桜に関わる歌は近年多くなっています。
その中でもJanne Da Arcの桜はカッコいいです。

メジャー後の1stに収録されていますが、YouTubeで大阪城ホールでのライブがありました。
Janne Da Arcについては以前も言ったんですが、最近のバンドには珍しく演奏力が高く、各パートでソロもできるライブ構成なんかはどっちかと言えば昔気質なバンドの部類に入るのではないかと思ってしまいます。
見た目がヴィジュアルなのでそんな先入観で見られがちですが、yasuの書く詞・曲もかなり良いです。

一足早く桜です。
やはりベースラインがものすごいです…




投稿者:yoppy

渡辺真知子/ブルー

70年代後半〜80年代は日本の音楽シーンではシンガーソングライターという言葉が台頭した事は皆さんご存知ですよね。
バンドなんかはオリジナルの曲を自分たちで書いて演奏するスタイルですが、歌手と言うと詞・曲は他人であくまで歌い手という形も多かったですが、バンドスタイルでなく個人名義で活動する人が曲は自分で書くという事がアーティストとアイドルの違いなんて解釈もあったりしました。まぁアイドルでも実は楽器が弾けて曲書ける才能ある人は多いと思いますし、ミュージシャンといっても歌も演奏もイマイチっていうのも多いしなんとも曖昧ですが…

久々前フリが長いですね(笑) シンガーソングライターで有名なところではかつてフォークだった方々とか、バンドを解散してソロになった方々が大御所には多く、新人では当時はヤマハのポプコンなんかが登竜門だった感じですね。

その中でも渡辺真知子。大好きです。
今となってもデビューの経緯が不明ですが(笑) 有名どころの迷い道とかかもめが翔んだ日(は詞は別の人ですが)ほぼ彼女の楽曲です。しかしそれ以上に歌唱力の方がすごいのであまりシンガーソングライターなイメージは少ないですね。

今日はここ数日で何回聴いたかわからないですがブルーという曲。
シングルとしては3枚目で馴染みは少ないかも知れないですが当時は他のミュージシャンからもこの曲が好きという話がたくさんありました。
YouTubeではコアなファンの方々が貴重な音源をたくさんアップしているので集めてみました。

まずはオリジナルからどうぞ。




そしてなんと八神純子が唄っているテイクも。




それから尾崎亜美も。亜美さんの唄い方が一番カッコいいです(笑)




そして今は亡きしばたはつみさんとの鳥肌もののハモリバージョン。



ひとつの曲でこんなに引っ張るのは初めてですが貴重な初期メンバーのバンドテイクも。
なんとピアノが羽田健太郎さんです! かもめが翔んだ日も聴けますがこのバンドアレンジもかなり良いですね。




こんなに聴いても全然飽きない曲ってすごいです…

投稿者:yoppy
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/59 
 
AutoPage最新お知らせ