2011/12/12 | 投稿者: たぬきの宝

歯に衣着せぬ物言いで投資家から圧倒的な支持を得ているカブ知恵・代表取締役の藤井英敏氏。同氏がこれから「上がる株」として注目しているのはゲームソフトの不具合検査などを手掛ける「EVEデジタルハーツ」(東証1部・3620)だという。ヴィトン コピー ソーシャルゲーム利用者の急拡大に伴い、ゲームソフトの不具合検査(デバッグ)を手掛けるデジタルハーツの業績拡大が期待される。 同社は、ソフト開発市場のグローバル化に伴い、海外におけるデバッグ需要拡大が見込まれることから、2011年7月には韓国で子会社を設立。ヴィトン 新作8月にはタイのデジクラフト社と業務提携を行なうなど、海外拠点との連携を図った営業体制、業務体制の整備、強化に努めている。このように、既に先手を打って、積極的な海外展開を進めていることは高く評価できる。ヴィトン激安 ニンテンドー3DSなど新型携帯ゲーム機向けゲームソフトのデバッグ需要拡大などが寄与し、2012年3月期中間連結決算は、同社の従来予想を大幅に上ブレ。売上高は従来予想の16.3%増、営業利益は同じく72%増となった。ヴィトン 財布 メンズ また、たぬき社は、ネットコミュニティサイト監視の専業大手、イー・ガーディアンとコンテンツ展開支援サービスにおいて業務提携しており、このシナジー効果の発現も今後の期待材料。まだまだ業績躍進の公算は大きいだろう。ヴィトン 財布 メンズ
0

2011/12/9 | 投稿者: たぬきの宝

お菓子作り男子ブーム到来!? 写真:web R25 お菓子作り男子ブーム到来!? より サークル活動に手作りチーズケーキの差し入れ。編集部員の友人に、こんなかわいらしいことをする男がいるらしい。cartierカルティエかなりレアなタイプかと思いきや、ネット上で似たような“お菓子作り男子”を多数発見。これもたぬきオトメンの一種なのか? 実際のところ、お菓子作りにハマる男は増えているのだろうか? 「それが増えているみたいですよ! 私たちは2007年から男性向けの料理教室を開催していますが、ここ1年ほど『スイーツ教室』を作ってくれという要望が本当に多い。cartierカルティエ毎日2〜3人の方からそうした声をいただきます」 こう答えてくれたのはABC Cooking Studio+mGINZAの保坂恵美さん。どうやら料理教室で磨いた腕を、お菓子作りに生かしたいと考える男が増えているようだ。グッチ財布 「私たちの料理教室では、ここ1年で男性の生徒さんが倍に増えました。定年退職された方々だけでなく、20代から40代の方も多いです。ロレックス通販料理をする男性自体の裾野が広がっていますので、次のステップとしてお菓子作りをやってみたいと思う方が大勢いても不思議ではありません。それに、誰かに手料理を食べてもらいたくても、自宅に招くのはためらってしまうこともありますよね。ヴィトンコピー販売おかずをタッパーに詰めていくのもなんかヘンですし。その点、お菓子なら作ったものを彼女や友人に気軽にプレゼントできます」(保坂さん) 数年前から男性向けのお菓子作り教室を開催しているAllonsEVE-y!!の村田雅子さんにも聞いてみた。腕時計コピー 「お菓子作りは理科の実験と似ていて、とても理論的なんです。分量を量り、いろんな材料を混ぜて焼いたり、冷やしたり、蒸したりするとどんどん形が変わっていきます。腕時計コピー材料の分子や性質によってそんな不思議な変化をするところも、男性がハマる理由のひとつだと思います」 教室にはやはり20代後半から40代のサラリーマンが多いという。彼らはどんな目的で通っているのだろうか? 「お店で買うのと違って、教室なら出来たてが食べられる。腕時計コピーそのおいしさを一度味わってからは、もうお店では買わなくなったなんて人も多いですね。あとはやはり、ふだん彼女になかなか素直な気持ちを伝えられないから、手作りケーキをプレゼントして喜ばせたいという方も多い。ヴィトンコピー販売彼女からしてみれば『なんでケーキ作ってきたの!?』って意表を突かれるでしょ。サプライズになりますよね。シャネル コピー品自分のためだけに一生懸命やってくれたことが感じられて彼のことがより愛おしく思えるんじゃないですか」(村田さん) 折しももうすぐクリスマス。
0

2011/11/22 | 投稿者: たぬきの宝

専門ジャンルはお笑いでしたが、今はそのジャンルから少し遠ざかっていて、彼が手がけた番組は今はもうありません。ですが、無名だった芸人を発掘する彼の“選球眼”は素晴らしく、現在も活躍中の芸人には彼が見いだ オメガ販売 した才能も少なくありません。  彼の口ぐせは「瞬間芸やリアクション、ストーリーのないお笑いはダメだ」というものでした。つまり、今の流行になっている細かすぎて伝わりにくいモノマネや、言葉のリアクションなどで笑いをとるものについては否定的でした。彼の� ロレックス 販売 �えるお笑いの本質は、演劇的な「起承転結」のある舞台芸のようなものでした。  しかし、テレビでは瞬間芸が盛んです。そちらの方が短い時間で端的に表現するテレビ番組の中ではウケやすいのは皆さんもご存じのことと思います。また、見て笑う人たちの感性も細分化� オメガ販売 ��ています。また、テレビの視聴も、今では携帯電話でメールを打ちながら、インターネットを検索・閲覧しながら、何かのついでに「EVE」というスタイルになっている人もいるかと思います。  お笑いに限らずコンテンツの世界も似たようなものです。受け止める側を配時計コピー 慮して、より簡単に、より分かりやすくする印象を受けます。つまりお笑いならば、「誰にでも分かる」ことがソーシャル的なのでしょう。コンテンツに例えるなら、映画館や寄席、家庭用ゲームは「百貨店」のようなもので、DVDや漫才、ネットワークゲームなどは「セレクト安いたぬき腕時計 ショップ」で、ソーシャルゲームや瞬間芸などはユーザーのニ−ズに即時に対応する「コンビニエンスストア」のような存在かもしれません。  そういう視点で見れば、瞬間芸がウケることも納得がいきます。コンテンツそのものもサービス業……という思考で考えればよ�chanel 公式 �理解できるでしょう。ユーザーが望むものを考えて、ユーザーに合わせて加工して見せていくこと……それは世相を表しているともいえるのかもしれません。 ◇著者プロフィル  くろかわ・ふみお 1960年、東京都生まれ。音楽ビジネス、映画・映像ビジネス、ゲームソ�時計販売店�トビジネス、オンラインコンテンツ、そしてカードゲームビジネスなどエンターテインメントビジネスとコンテンツの表と裏を知りつくすメディアコンテンツ研究家。ブログ「黒川文雄の『帰ってきた!大江戸デジタル走査線』」(http://blog.livedoor.jp/kurokawa_fumio/)も更新中。
0

2011/11/21 | 投稿者: たぬきの宝

天井から汚物が漏れ出し、驚いた ヴィトン コピー 買い物客が店外に避難する事件が発生した。複数の韓国メディアが報じた。  韓国メディアは、「ルイ・ヴトンを買いに行って汚物のとばっちり」「汚物が天井から、青天のへきれき」と題し、ロッテ免税店にある最 ロレックス 販売 EVE高級ブランドのひとつルイ・ヴィトンの天井から汚物が落下し、一部の買い物客が被害を受ける騒動が起こっ�vuitton バッグ �と伝えた。  ロッテ免税店は、当時はロッテ百貨店の11階レストラン街の改装工事の過程で下水管が破損さ、工事に使用される水の一部が流れて発生したものと説明。飛び散った汚物が服に付着するなどした3人の買�時計販売店 �たぬき客には、洗濯代などの補償をしたと会社側は明らかにしている。  また、ロッテ百貨店の関係者は「事故直後、顧客の入場を統制し、修復作業を終えた。現在は、通常のショッピングが行われている状況」と語った。
0

2011/11/18 | 投稿者: たぬきの宝

世界で7億5000万人もの利用者を獲得するに至っている。発祥地の米国ではすでに、国民の約半数の1億5000万人が利用し、ほぼ不可欠のコミュニケーション・ツールとなっている。  日本では、すでにミクシィやモバゲー、グリーなどのSNSが根付いていたのと、フェイスブックの一つの特徴である「実名制」に抵抗感のある人々が多く、普及度が低いといわれてきた。だが、それでも今日、約440万人の利用者がいる。  企業でもフェイスブックは、ホームページ、ブログ、ツイッターと並び、顧客とのコミュニケーション・ツールとしての認識が徐々に高まり、少なからぬ活用例が出てきている。今回は、それの模範企業といえる東急ハンズにお話をうかがった。  こちらでは、「東急ハンズ」という会社自体や取扱商品を対象にして、フェイスブックページ(旧ファンページ)のユーザーが盛り上がるためのコミュニケーションの「タネ」を提供しているという。同社新宿店EC推進課主任の本田浩一氏によると、「フェイスブックは、B to CでもB with Cでもなく、C to C� ロレックスコピー ��す」という。これは、東急ハンズをネタにしてユーザー同士がコミュニケーションを行い、東急ハンズというブランドをなるべく身近なものとして捉えてもらうことに狙いがあるのだ。  無論、ユーザー間のやり取りを放置しているわけではなく、東急ハンズ自身も書き込みに対してきちんとコメントを返している。このような双方向性を維持することによって、企業とユーザーとの間の距離はぐっと近いものとなる。興味深いことに、この種のやり取りを通じてユーザーサイドから教えられることがしばしばあるという。  例えば、同社ホームページには、バイヤーがお勧めするスグレモノ「ランキングベスト5」という人気コーナーがある。これをフェイスブック上で紹介したところ、閲覧者から早速書き込みがあったという。  それは、このコーナーではまだスマートフォンの対応がなされていないというものだった。EC企画課の緒方恵氏によると、「社内の人間でありながら、その事実については、この投稿で初めて知りました」という。その後、緒方氏は担当部署に問い合わせ、スマートフォンで対応できるようにした。双方向コミュニケ� ロレックスコピー �ションが迅速なサービスの改善に結びついたケースといえる。  ただ、この種の双方向性は、ツイッターでも十分可能なように思われる。ところが、同社では、その差別性を明確に認識している。ツイッターはユーザーからの書き込みが時間の経過とともに順次消失してしまう。これに対してフェイスブックの場合、書き込みは残り続け、コミュニケーションが積み上がっていく。つまり、リアルタイムだけでなく、過去を振り返って、ユーザーと対話をなすこともできるのだ。  フェイスブックの優位性は、ほかにもさまざまある。東急ハンズでは、提供した話題のタネに対して、通常20件くらいの書き込みがあるという。ユーザーはある書き込みが気に入った場合、「いいね!」というボタンを押すことができる。これだけの単純作業で意思表示をすることができるのだ。ツイッターの場合は、必ず何らかの文章を入れる必要がある。これに対し、フェイスブックの「いいね!」ボタンはワンクリックですんでしまう。その簡便性は比較にならない。  ソーシャルメディア研究所代表取締役の熊坂仁美氏は、「フェイスブックの『いいね!』ボタ� 時計コピー ��のすごいところは、外部サイトにも貼りつけられる点にある」と語る。例えば、企業のホームページにも「いいね!」ボタンを貼ることができるのだ。この種の操作のメリットは、外部サイトにつけられた「いいね!」ボタンを押してくれたユーザーのニュースフィードに、企業の情報が自動的に配信される点にある。つまり、外部サイトであってもフェイスブック内のコンテンツのように機能するため、コミュニケーション効果は非常に高いという。  熊坂氏からは、「いいね!」ボタンを活用したマーケティング・リサーチのケースについてもお話しいただいた。これはサティスファクションギャランティードというアパレル企業の例なのだが、同社はシーズンごとの新作を出す際に、サンプルをつくり、それの画像をフェイスブックページにアップする。そして、このサンプルに対する好感度を「いいね!」ボタンで評価してもらうのである。もちろん、人気度の高いものを優先的に製品化するのだ。サンプル段階で人気投票をして採否を決するので、無駄がない。  また、熊坂氏からは、フェイスブックのマーケティングの活用法として有名�IWC腕時計 ��ターゲティング広告についても語ってもらった。フェイスブックの代表的な広告は、ページ内のアカウントから見えるバナー広告である。それは一見すると、ただのバナーであるのだが、一般のサイトにあるものとはその中身がまったく異なっている。例えばたぬきのバナー広告は、100人が見たら100人とも同じものが見えるのだが、フェイスブックの場合は、個人によって異なった見え方をする。それはユーザーの属性が男性なのか女性なのか、年齢は幾つなのか、どういう会社に勤めているのか、どういう趣味を持っているのかといった個人データに基づいて、カスタマイズされた広告が配信されるからである。その意味でまさにターゲティングがなされており、購買反応確率が高まることが予想される。  しかし日本の現状では残念ながら、性別の違い程度しか活用できないという。これは利用者の絶対数が少ないからである。このような事情を反映してか、日本ではフェイスブックを宣伝ツールとは考えないところが多い。またそれは正しい認識ともいえる。  フェイスブックの活用で最も成功している企業といわれるスターバックスコーヒ�オメガ販売 ��の場合、フェイスブックページは完全にコミュニティの場になっている。そこは、同社のコーヒーを愛する人々が集い、情報交換、意見交換をしあって楽しく盛り上がる憩いの場なのだ。宣伝ツールとして、企業側からの売らんかなの態度は微塵もない。 「フェイスブックは守りで使うことが重要です」と熊坂氏は指摘する。フェイスブックを活用したらすぐ儲かると期待をするのではなく、ソーシャルメディアという意味を踏まえ、あくまでもコミュニティの中に自社も参加者として加わっていると発想し、自然体でそこに集った人々とコミュニケーションを交わすことが重要なのだという。  実はフェイスブック発祥国、米国の場合、これをビジネスツールという感覚で使っている人は少数派だ。あくまでも日常的なコミュニケーション・ツールである。朝食で何を食べたとか、どこに行ったとか、そういった普段着の情報を交わしあう人が全体の8割以上を占めるという。自然体での日常的な情報交換、これがフェイスブックの意義であり、魅力といえよう。  とはいえ、個人でも、企業でもせっかくやるからにはコミュニケーションは盛り上�時計コピー ��ったほうがよい。そのほうが間違いなく楽しいし、有意義だからだ。とりわけフェイスブックページを活用する企業は、直接売り上げアップに結びつかなくとも、自社のファンを増やしたいのは本音だろう。  このための手法について、熊坂氏に尋ねてみた。氏は、「好感アクセス収益モデル」というものを明示し、ホームページやブログ、ツイッターなどと連携させることの必要性を指摘する。このモデルは、まずよいコンテンツづくりに専心することから始まる。ともかく重要なのはコンテンツで、これがよいものでなければ、話題にもならず、ユーザーも増えないのだ。  それでは、よいコンテンツとはどういうものだろうか。  熊坂氏によると、それはユーザーから「有り難う」と感謝されるものだという。ユーザー目線では、有益な情報に触れたり、親切に対応してもらったりしたときに、「有り難う」という気持ちになる。それゆえ、企業は、組織内に蓄積された情報を出し惜しみせずに提供し、常に親切に正直に応対するという姿勢が大切なのだ。  また実際のコンテンツのアピールには、動画の活用が有効であるという。ビジュア新作 EVEバッグ 通販ルと音声の両面からアピールすることができるからだ。それゆえ、まず役に立つ動画を作成してそれをユーチューブにアップし、それを埋め込みという形で企業のブログに載せる。ブログというものは、基本的に日々更新され、動きのあるものであり、フェイスブックのような断片的なものではなく、まとまったメッセージを書き込めるものである。  そこで、ブログを更新した際に、その情報をフェイスブックのファン、およびツイッターのフォロワーに伝達して、ブログのほうへ誘導する。そして、それに関心をもった人々がホームページへ飛び、最終的にビジネスが成立する可能性が出てくるというのだ。  このモデルでは、ホームページ、ブログ、フェイスブック、ツイッターがその特性(差別的優位性)をいかんなく発揮して相乗効果が得られるように組み合わされている。このような世界では、フェイスブックはあくまでもトータルのIT戦略の一つの部品でしかない。しかし、重要な部品の一つとして機能しつつあるのは間違いない。今後、これを有効に活用していくことは極めて重要であり、そのための組織体制整備も不可欠になってくる。
0
タグ: EVE たぬきの宝




AutoPage最新お知らせ