解約するということ

2013/4/19 
この前知り合いから聞いたんですが、
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、販売手数料が高い、投資信託Aとその投資信託に比較して、販売手数料が低い投資信託Bを比較してみるとします。運用している年数が低い場合は、販売手数料が安い投資信託Bがお得かもしれませんが、もし、投資信託Bの信託報酬が高ければ、長い間、運用していけば、投資信託Aの方がお得になるかもしれません。
投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。たとえば、日本株TOPIXに連動する投資信託であっても、その手数料はさまざまです。販売手数料が安くても、信託報酬が高ければ、長期的に見れば、結果的に手数料が高くなってしまうもののあります。投資信託の手数料の比較を行う場合には、どのような視点にたつかをしっかりきめなくては、比較できません。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の運用は、プロに任せているので、保有しているときにも手数料がかかります。これを信託報酬といいます。信託報酬は、運用している間にかかる手数料なので、販売手数料とことなり、長期でどのくらいかかるかを検討することが必要になります。しかし、リターンが高いものは、運用も難しいし手間がかかるので、信託報酬は高めとなっています。できるだけ低い手数料としたいところですが、比較するときには、信託報酬だけをみるのではなく、過去の実績やリスクの高さなど、さまざなま検討が必要となります。
投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。解約するときには、「信託財産保留金」という手数料がかかります。投資信託は、多くのお金を複数の投資家から集めて運用しています。しかし、途中で解約するということは、そのお金をつくるために、株や債権を売る必要があります。このときに売却費用がかかりますが、これを解約する投資家、解約しない投資家にも公平投資信託にかかる手数料を比較検討するときに、運用期間の短いものは、販売手数料が少ないものが有利になります。新生銀行では、投資信託の申し込み手数料が最大50%キャッシュバックとなっています。うまく利用すれば、大変有利な手数料となります。
投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。人気の投資信託の販売手数料を比較しているサイトがありましたので、ご紹介します。一覧表タイプですので、どのファンドを購入するか迷っている人には最適です。ぜひご活用ください。しかし、販売手数料だけでなく、運用、解約時の比較も含めて、検討することが必要です。
ってそんな事の知ってましたか?
0

投資対象となっているファンド

2013/4/19 
昨日聞いた話ですが、
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドに組み入れられている公益株とは、電力、ガス、水道など社会生活に不可欠な公共サービスを提供する公益企業の株式のことを指します。公益株は一般的に、他の株式に比べて好景気時には株価が上がりにくいかわりに不景気時にも株価が下がりにくいという特徴をもちます。
公益株とは、電気、水道、ガスなどの公共サービスを提供する企業の株式のことを指します。公益企業は我々の社会生活に不可欠なサービスを提供しているために倒産の危険性が少なく、公益株の株価は比較的安定しているという特徴を持っています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、これら公共性の高い企業の株式に投資しています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは、配当利回りの高い世界の公益株に投資します。2005年の設定にもかかわらずその成長性と毎月の分配金から大変な人気を誇るファンドに成長しています。主に欧米の公益株で運用され、外貨建て資産の為替ヘッジは原則として行いません。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドのリスクとしては株価変動リスクや為替変動リスクなど挙げられます。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの販売手数料は上限3.675%、信託報酬は年1.155%です。これ以外にも投資対象となっているファンドの手数料が必要です。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象はほとんどが海外の株式となっており、株価変動リスクや為替変動リスクがあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は上限3.675%、信託報酬は1.155%です。
便利になってるもんですね〜
海外傷害保険利用付帯のクレジットカード
0



AutoPage最新お知らせ