HOTELAIRについての説明・解説する

2012/11/20 
『それ御覧、わけないだらう』と叔父さんが云ひました。
『今度は僕だ。九月は幾日あるか知ら。』とこんどはジユウルがやつて見ました。『一月、二月、三月、四月、五月、六月、七月。さあ、今度はどうするんでしたつけねえ。もうこれで指がおしまひですよ。』
『又もとへ帰つて月の名をよみつづけるんだ。』とポオル叔父さんが教へてやりました。
『さつき始めた指からやり直すんですか。』

復縁 期間
0

(無題)

2012/11/6 
魯鈍なる群衆の雑踏を見ては、私に一中隊の兵士があれば彼らを蹂躪することができるなどと思った。私の目の前をナポレオンと董卓と将門との顔が通っては消えた。強者になりたい。これが私の唯一の願望であった。私は法科に転じた。私は欲望の充足のために力が欲しいとしみじみ思った。力よ、力よと思った。ああ欲望と力! こう思って私は胸をおどらした。このとき愛と犠牲とは私にとって全く誤謬であった。

復縁 冷却期間
0



AutoPage最新お知らせ