税理士考えるオペレーションズ・リサーチ(OR)の必要性  

オペレーション(operation)の意味は「計画、事業」、そして、リサーチ(research)には「探求、探索、調査、研究」といった意味がある。今から、ORの手法の必要性について考えていきたい。

オペレーションズ・リサーチ(OR)は、様々な場面での計画や事業において判断基準・目的や制約・条件を定式化して表すことで、論理的で最適な選択(解)が何であるかを探索する学問として、様々な組織の意思決定の場で活用されている。

企業進化論というものがある。企業を取り巻く外部・内部の環境は時代の流れとともに、また技術の進歩とともに刻々と変化し続けている。そうした環境による制約の中で企業は環境に対応し、まるで生物のように進化していくということである。

そうした環境の変化を察知し、変化に適した迅速な判断に基づいた行動が、企業には求められる。

さて、企業の目的とは何だろうか。一番は会社もしくは事業の維持・存続だろう。そして、そのために、長期の安定した利潤を追求するという「経済的目的(直接的目的)」と、社会への貢献という「社会的目的(間接的目的)」の2つの達成を目指していくというわけだ。

そして、その達成のための手段を、@情報収集活動(Intelligence Activity)A代替案立案活動(Design Activity)B選択活動(Choice Activity)の3つの段階に沿って選択していかなくてはならない。

例えば、新製品の開発においてもそうだろう。販売網の拡充、生産設備の増設、M&A(合併と買収)においてもそうだが、そこには様々な「意思決定」が生じる。

オペレーションズ・リサーチ(OR)の手法は、最適な「代替案」の選定という意思決定に論理的な根拠に基づいた妥当性と客観性を付与するという意味において、必要とされる状況把握・分析手段とされているのだ。

練馬区の税理士のことなら練馬区税理士.com
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ