スニーカー  (詩)  

ただ不安で、どうしょうもなく

焦っている。

まだ始まってないのに

出来ない理由ばかり考える。

ひとつずつ、一歩ずつ、

積み重ねるんだ。

大きくジャンプ出来ないから

少しずつ、少しずつ進んで

行くんだ、あの空へ

大空へ、高く舞い上がれ

風を感じて、羽ばたくんだ。

始まりは、小さな一歩だから

お気に入りのスニーカーに

ヒモを通して、勇気を輝かせ

丁寧に、ちょうちょ結びして

行くぞ、羽ばたけ

舞い上がれ、2匹の蝶々
0




AutoPage最新お知らせ