2016/3/20

今という決して楽だとは思えない日々を送ることの意味  

  私は、大学生です。理系の学部に通っており、偏見が入り言葉悪くなってしまうかもしれませんが、文系の学部に通っている人よりもかなり大変です。高校生の時に私が大学生に抱いていたイメージとはかけ離れた生活をしています。高校生のときは、大学生は授業もあまりなく、暇だからとりあえずバイトをしてお金を貯めて、いろいろな場所に旅行に行ったりととても自由な生活をしているイメージでした。しかし、いざ、自分自身が大学に入り大学生になってみると、そんな生活はひとつもなく、ただただ忙しい毎日でした。
文系の方に偏見があるわけでもなく、文系を嫌っているわけでもないのですが、まわりの文系に通う友達をみてみると、学校に行くのは平日の3日くらいで、あとの残りの日はバイトやサークルなどに費やすなどとても自由な生活をしており、これこそが私が高校生のときに抱いていた大学生の生活だな、といつも思います。
そんな生活をしている人がいる中で、自分の生活を見てみると本当に自分は大学生なのか、と疑ってしまいます。まず、自分は、平日に授業がない日などなく、しかも、朝から晩まで授業がつまっているため、大学生というよりかは、高校生と同じような生活サイクルで過ごしています。高校生は、授業の終わる時間が決まっているため、6時間目が終われば帰れる、というように、終わる時間が見えていますが、私は、毎日大学で実験を行っているため、その実験が終わったら一日が終わるというシステムなので終わる時間がはっきりとわかっていません。そのため、平日にバイトを入れることも難しいのです。
大学に入り自分でお金を稼ぐことで時間の自由に加えてお金の自由もできると思っていましたが、バイトをする時間もないために、時間の自由もお金の自由もない生活をしています。
朝から晩まで学校に拘束され、帰ってもレポートの山積み、お金もないため旅行など自分のために使う自由なお金もない生活をいていると、ふと、なんでこんな生活をしているのだろう、とつらくなる時があります。ですが、自分が入りたかった学部で自分の学びたかったことを学ぶためには、このような生活が必要なのだと思います。
人生の中で、頑張らなくてはいけない時、というのが誰にでもあると思います。今は私にとって頑張らなくてはいけない時なのだと思っています。きっとこの先も、頑張らなくてはいけない時、というのが訪れると思います。そんなときに、楽な道を選んでしまう自分にならないためにも、今この日々を過ごすことが、必要なのだと思っています。無制限で使い放題のモバイルルーターは存在しない?
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ