吉野家の牛丼について  

吉野家ってたまーーに行くんだけど味的には私は好きな方だ。
鮭がおいしいとか聞いたことあるけど牛丼と豚の生姜焼きしか食べた事が無い。
飛びぬけて美味しいかといわれるとそこまでではないけれどすぐ出てきて、安くて
そこそこの味という部分がいいのだと思う。
逆に個性的な味だったらここまで支持されなかったんじゃないだろうか。
特徴がありすぎると飽きる元だと思う。

他のお店って食券システムだと思うけど吉野家って無いよね。
あれにも何か意味があるって聞いたことあるけど理由は忘れてしまった。

激安競争が激しくなっているけどこれは店にも消費者にも結局良くないのではないだろうか。
私的にはもうちょっと高くてもいいと思う。
でも安くした時にどーんと客が増えるところを見ると安さというのは武器にはなるんだろけど
安さに慣れてしまうから結局意味が無いと思う。
そうしたらさらに安くしないと集客できなくなり利幅が減る。
耐えられなくなって値上げしたら「なんだ高くなるのかよ。じゃあ行かないわ」と
思う人が増えて逆効果。
完全に手詰まりになる。かといって高価格で利益が出そうなメニューを出したところで
安いから来ている人はそんなものは注文しないし、新規の客を取ろうとしてもそんな高い
値段出すぐらいなら他に行くよとなりダメである。
安さ競争に入ったら相当の体力が無いと勝てない。
0




AutoPage最新お知らせ