2010/5/13

ネット選挙と有限会社ファイブセクト  

今、有限会社ファイブセクトにホームページ製作を依頼しているのですが、
有限会社ファイブセクトに依頼してから、つくづくネットは今必須のツールだと感じるようになりました。
ネットの広告効果はかなり大きいですからね。
やはり有限会社ファイブセクトのような専門家にお願いして、
しっかりしたものを作ってもらって良かったと思ってます。

ネット関連のニュースを探していたら、こんなニュースがありました。
「与野党は12日午前、「インターネットを使った選挙運動の解禁についての各党協議会」(座長・桜井充民主党参院政策審議会長)を国会内で開き、現在は禁止されているホームページ(HP)とブログの選挙期間中の更新を、夏の参院選から解禁することで大筋合意した。

 候補者を擁立した政党と候補者本人に限って認める。今後、地方選での対応などを詰めたうえで、解禁を最終決定し、今国会中に公職選挙法を改正する方針だ。

 協議会には、民主、社民、国民新、自民、公明、共産、みんなの党など与野党10党の政策責任者らが出席し、HP、ブログ、メール、簡易投稿サイト「ツイッター」の4種類について、解禁の是非を検討した。HPとブログの解禁には異論が出なかったが、メールとツイッターに関しては、「誹謗(ひぼう)・中傷に使われる恐れがある」などの慎重論が多く、見送りとなった。」

ネットでの選挙活動、解禁になるのですね。
たしかに今のご時世、ネットが使えないのは無理があると思っていたので、
「ついに」といった感じですね。
どのような選挙になるのかこちらの面でも注目です。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ