2013/1/30

ジブリ談義  

先月、NZの子にスタジオジブリの事を聞かれたので私が持っているジブリ映画のDVDをいくつか貸してあげたんです。

黄金時代のジブリ映画はほとんど持っている私でして、いつの間にかコレクターになってましたわ…結構皆さんも持ってたりしますよね?!ww

DVDのリージョンコードが日本のリージョン4とオセアニアのリージョン2、この2タイプをごちゃ混ぜで持っているからその子に貸せたのはリージョン2だけと限られていて、

「風の谷のナウシカ」
「天空の城ラピュタ」
「紅の豚」
「耳をすませば」
「千と千尋の神隠し」
「ルパン3世カリオストロの城」(ジブリではないけれど宮崎駿のだから)
 
の6本のみ貸しました。

んで今日、全部見たよ♪って返してもらったので、どれが良かった?って聞いたら、なんと「耳をすませば」がベストとの意見。 

ん〜分からなくもないけど、ちょっと意外なランキングでしたね。 な〜るほど、現実主義者だったのねって。 まぁ若い世代だから、思うツボが違うのかな。
ちなみに個人的にこの中でどれ?と聞かれれば、ナウシカか紅の豚、どちらも選べないくらい好きです。

こっちの日本人友達とも時々ジブリ談義をするけど、近年の作品は“世界のジブリ”の名に負けてるかと。 また感動できるような大作が出来るといいのになぁ…。

なので最近はジブリ以外の映画DVDもチラホラ買っちゃったりで。
細田守アニメの「時をかける少女」と「サマーウォーズ」、この間この2つを店頭で見つけて即買いしちゃいました。 あの異次元なイメージ描写が好きで。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ