金属器を磨くために  

クレンザーの現れる前まで、
金属器を磨くために磨き砂と呼ばれる
炭酸カルシウムを主とした磨き粉が用いられていた。

これらは単に細かい粒子で表面を磨くだけのであり、
界面活性剤を含んでおらず洗浄能力はそれほど高いものではなかった。

このため日本では大正時代から、
この磨き砂に石鹸などの洗浄成分を配合した、
食器など台所用品に特化したクレンザーが発売されるようになった。

その後、石鹸に変わり合成洗剤が利用されるようになると
クレンザーにもそれらが配合されはじめるなど、
配合する成分が変化するとともに、
研磨材なども炭酸カルシウムからシリカやゼオライトなど
ケイ酸を主とするものに変化してきた。


美容院で髪を切った
0




AutoPage最新お知らせ