2018/1/14

新年迎えました  

今のままでは進歩出来なかな

更に何かをしなければいけませんね

新しい事模索しよう

2017/12/28

うーん  

年末になりました
育成年代のサッカーは活発に行われています。

日本のサッカー界のオフシーズンっていつなんでしょうか?
プロはリーグ戦が12月初めに終わります。
新シーズンは3月に開幕しますので時間があります。
・・・天皇杯を勝ち上がったチームは1月1日までありますが。。

育成年代は、、
春はシーズンイン前で休みません
夏はシーズン中の為休みません
秋は全国大会の予選などで一番忙しい時期で休むことなどありません
冬は勝ち残ったチームは全国大会、新チームの新人戦や新人戦前となるために休みません

日本だけなんでしょうか?休まない国は。
休養は必要ないのでしょうか?
私は休養は必要だと考えますので関わらさせていただく選手にはまとまった期間のオフは出来るだけ作れるようにしています。

サッカーの主要国は休養期間があります。
例外でブラジルはその期間に相当する時期が無いみたいです。でも主力は欧州で活躍しているので休養期間がありますが。
なぜ日本は世界に追いつけと言っているにもかかわらず変わらないのか?
不思議でなりません。

日本の国技と言われている野球でも冬場は試合をしてはいけないなど工夫して選手の成長時期を作っていると聞きます。

日本サッカー協会からは・・・育成年代は2週間のオフで十分と出ていました。
どこからくる日数なんでしょうか?


調べなければいけない事が沢山ありますね。

2017/12/13

リハビリとは  

サッカー選手が怪我をしてリハビリをして復帰

復帰とはどのレベルでの話なのだろう?
日常生活が行える
怪我の箇所の傷がいえて運動できる
怪我もいえてパフォーマンスレベルが上がっている

どうにも最近観ているものには疑問が残る

私が考える復帰は、怪我した以前よりもレベルアップ・パワーアップしていることが絶対条件と考えている。

傷はいえているのかもしれないが、動きのレベルが低すぎる選手が多い。
受傷箇所をかばった動きをしていいる選手
動きの中で違和感を覚える選手
怪我とは関係ない部位の動きが不安定な選手

関わっている関係者はどこまで考えて対応しているのかまったくわからない。
いつになったらその分野が進化するのだろう。

プロクラブの下部組織の選手にはパワーアップして戻ってほしいものなのだが・・・

2017/12/4

どうなっているのか  

県の高校新人戦が終わった。
平日にも試合が組まれているなど、雪国らしい日程なのだが・・・いつも思う事が。
応援の選手はその日、応援だけしてその後試合やトレーニングをしているのか?
ベンチ入りしているが試合に出ていない選手は?

ただただ応援で終わっていないことを祈りたい。

試合に出ている選手以上に大事な事が出ていない選手への対応だと考える。
海外では必要以上に選手がチームにはいない。
国内の強豪は何チームも作り試合・練習できる環境を作り、トップの試合の応援は準決からでそれ以外の日は練習と試合が行われているなんて普通。

学校公休してまで応援だけで1日終わるのだけは辞めてほしい。


2017/12/1

この時期  

小学6年生・中学3年生・高校3年生と次なるステージが決まったりそこに向けて大切な時期に入っております。

そして、小学5年生・中学2年生・高校2年生は次なるステージに向けて動き出していないといけない時期に入りました。
この1年の間をどう過ごすのか?
子供だからなんて言っていたらすぐに時間は過ぎてしまいます。
無駄な時間を過ごさないようにしてほしいです。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ