動物園の維持費  

ニュースで動物園の維持費について特集していました。
前にもパンダの維持費について取り上げていて、その金額にびっくり
したことがありました・・・・。
今回はえさ代についてでした。
動物園で大人気の動物「コアラ」ですが、そのえさ代は
年間5,000万円ほどかかるそうです。コアラはユーカリの葉っぱ
しか食べません。しかも新鮮なものだけを好んで食べるのと、
同じ種類のユーカリばかりを与えると、飽きてしまって食べなくなって
しまうようなんです。そのためにいろんな種類のユーカリをローテーションして
与えるように工夫しているそう。
日本で新鮮なユーカリの葉を仕入れるのは大変なので、
コアラ専用のユーカリ農場のようなものを作って、ユーカリの葉を育てている
そうです。その畑の維持費もかかるし、自然相手なので、万が一の時に備えて
他の地域のユーカリの葉も仕入れているそうです。
ただ・・・動物園にはコアラだけではありません。もっとカラダの大きな、
ゾウやキリンなど色々な動物がいて、えさの種類もバラバラ、
量も必要なので、それなりに維持費がかかっているようです。
その中でも飛び抜けて高価なのが、コアラらしいんですけどね。
動物園への客足が伸び悩むご時世、動物を維持していくのが大変だそうです。
でも動物を手放してしまうと、ますます客足が遠のいてしまうために、
それもできずに困っているそう。
そこで企業からの援助を募って、支援を受けています。
たとえば、コアラなら、ロッテの「コアラのマーチ」商品つながりで、
ロッテからの支援を受けていたり、
三越のシンボルがライオンなので、三越からライオンに支援金がきたり
しています。
動物園も大変ですね・・・!

0

節水対策。  生活・環境

まだまだ暑い日が続きますね。
今年の7月以降の降水量の少なさと猛暑の影響で、
関東地方や東北地方の水不足が深刻になってきているようです。
一昔前だったと思いますが、その時も深刻な水不足になり、取水制限が始まって
学校のプールなどが中止になった記憶があります。今はまだその段階では
ないみたいですけど、今後もまとまった雨の予定が内容なので、
心配ですね。先日北海道で降ったような大雨があると、貯水率0%だったダムが
一夜にして満杯になることもあるそうなんです。
そんな奇跡が起こるような天気図にはなっていないようなので、
日々コツコツと節水をしていくしかないみたいです・・・・。
まだそんなに報道も激しくないので、意識が低い人が多いみたいですけど、
ほんの少し1人1人が節水に協力すれば、莫大な量のお水が節水できること
になるでしょう。例えば、お風呂中、こまめにシャワーを止めて使用するとか、
食器洗う時も水を流しっぱなしにしないとか。
できることから始めれば苦じゃないですね。あとは、洗濯の回数を減らすとか、
トイレを流す時に「小」レバーを使用するなどでしょうか。
無理せずに節水をしていけば、続けられそうですしね。
貯水が0%になってしまったら生活ができなくなってしまうので、
そうなる前にできることから、始めたいと思います。
0




AutoPage最新お知らせ