2013/5/4

醜女が、一瞬で息を呑む美女になったお話  

美しくなるのは大変なことだろう。

ところが、一瞬で美しくなった非常に印象的なお話があります。

別に、一般受けするような怪しい話ではありません。


美しいという言葉など全く無縁で、

むしろ蔑み疎まれるような容貌で若くもない女性が、

前から彼女を知っていた者に「あなたって綺麗ねえ」と感嘆されるほどだった。


注意して頂きたいのは、

「あなたって綺麗ねえ」であり、

決して「綺麗になったねえ」ではないということです。


表面的に「どうにかした」というのではない。

メイクもしなかったし、

髪型も変えなかった。

ましてダイエットする期間などなかった出来事です。

こういった話は空想ではなく有り得ることだと思います。


英国の著名な作家コリン・ウィルソンの『賢者(けんじゃ)の石』にあるお話です。

膨大な著作のある世界的作家ウィルソン自身も明かしましたが、

これは小説の形を借りただけの人間探求の書です。

大発明、

大発見というものだって→考えに考えてもどうにもならず、

諦めて考えるのを止めた時になされます。


エジソンは、発明の秘訣は「1%の霊感と99%の努力」と言ったらしいですが、

その真意は、

99%の努力を注ぐには→「1%の直感が絶対になければ、お話にならない」ということです。


アインシュタインだって若い時に、相対性原理を、

直感的に分かってはいましたが、証明するのに大変な時間がかかったし、

実のところ「それは彼には出来なかった」

それは数学者の助けを借りました。


『賢者の石』に戻ります。

平凡な人間が、事故のような出来事により賢者になったり、

ESP(超感覚的知
0

2013/5/4

ワイン飲んだ  

朝はソーセージマフィンとビーフチーズバーガー

昼はブリの刺身としらすサラダとワイン

夜は野菜炊き合わせと蟹風味のしんじょの餡掛けとワインとインスタントラーメン(麵の力 チャンポン)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ