2015/8/9  8:36

【ご案内】福島県双葉町の帰還困難区域から救出した古文書の整理作業について  東北地方太平洋沖地震
筑波大学の白井哲哉さんから情報をお寄せいただきました。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

〜〜(以下、ご案内)〜〜

このたび双葉町教育委員会では、筑波大学と連携し、ふくしま資料ネット、茨城史料ネットの御協力により、これまで双葉町の帰還困難区域内から救出・保全してきた古文書の整理作業を始めます。
つきましては第1回の作業を下記により実施します。今後も定期的に継続予定です。
被災地における歴史資料の保存活用に御関心のある方々の御参加をお待ちしています。

1 主  催  双葉町教育委員会
         筑波大学図書館情報メディア系

2 協  力 ふくしま歴史資料保存ネットワーク(ふくしま史料ネット)
        茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク(茨城史料ネット)


3 日  時 平成27年9月6日(日) 9時30分作業開始 16時30分終了
        ※半日程度の参加も歓迎します。

4 場  所 ふたぱーく(旧東邦銀行植田支店錦出張所)
        住所:福島県いわき市錦町作鞍80−5
        ※JR勿来駅から車で8分   ※駐車場が20台程度あります
        ※参加者の状況により、時刻を決めて勿来駅等への送迎を検討します。

5 整理対象 福島県双葉町の帰還困難区域内にある個人宅で救出・保全された古文書

6 作業内容(予定)
        古文書のクリーニング、保存容器への古文書の収納、目録データの記述、その他

7 持 ち 物 特にありません。作業に必要なものは主催者等で用意します。ただし、汚れても良い服装で御参加ください。
         昼食・飲料水等は用意します。

8 参加申込&問い合わせ先
       下記によりメールで御連絡ください。
       宛  先:筑波大学図書館情報メディア系 白井哲哉
       アドレス:shirai.tetsuya.gm※u.tsukuba.ac.jp(※=@)
      連絡内容:氏名、緊急連絡先、会場への到着方法(電車か車か)、その他(部分参加の旨、送迎希望など)

      ※設営の関係上、御参加の方は8月26日(水)頃を目途に御連絡いただけると幸いです。
      ※御参加の方々には、追って当日の緊急連絡先をお知らせします。
      ※いただいたメールへの返信には、若干時間がかかることを御了承ください。

9 そ の 他
    (1)作業対象の古文書は、事前に放射線量の測定を行い基準値以下であることを確認しています。この点を御理解の上、作業への参加を御判断ください。
    (2)今回は経験を必要としない作業もあるので、初心者の方々も、どうぞお気軽に御参加ください。

0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ