(無題)  

突然死は普段なにげなくしている行為が、
意外な引き金になっている!

Q 脳梗塞の原因となる心房細動の引き金となりやすいのは?
@ 夜中の冷え ○
A 寝起きのトイレ
B 朝の洗顔

夜中に冷えると血管が収縮して心臓に負担がかかる、
すると不整脈の起こりやすい状態になる。

Q 心房細動を招く夜中の冷えを予防するには?  就寝中に
@ 寝室を暖めておく
A 手や腕を冷やさないようにする ○
B 厚めの掛け布団をかける

腕や手が冷えると身体の芯まで冷えてきて血管を収縮させてしまう。
部屋を暖めるのは空気が乾燥して脱水傾向になり血栓ができやすくなる。 


程々に実験 室温26℃で腕を出して寝た場合

   腕の皮膚温度 31℃------------------> 4時間後  27℃
   直腸温度   37.4℃-------------- 36.3℃
   脈拍数(1分間)65---------------- 78
血圧  124/65 ----------------   154/89   
(フジカ温熱研究所)

直腸温度で1度下がることは身体の芯で1度下がってしまうことで、
血管も収縮したり、非常にストレスになってくる状態。

脳梗塞の原因となる心房細動の前兆

規則正しい脈の間に時々ポコポコと異常な脈が入ってくる、そうするといつもと違った脈に感ずる。心臓の拍出量が変わってくるのでドッキンとなる。
     
これが速いのも遅いのも不整脈 虚脱感がある。

腕で不整脈を確認しようとしても心臓の不整脈が腕まで伝わらない場合、
わからない場合がある。

不整脈が出たての場合は何か変だなと感ずるが
だんだん慣れてくるとわからなくなる。気づかなくなる

不眠症睡眠薬も使わずに眠れるようになるっていいですね
0

脳血栓の恐ろしさ  健康

 急性疾患・突然死の意外な引き金  
 進春に起こる恐ろしいこと
  ◍血栓が飛ぶ
  ◍動脈瘤が破れる
 今、予防しないと救急入院や突然死の恐れ
 愛知県下主要事業所の突然死の月別発生件数
  1月から12月までで4月が飛びぬけて多い40件弱  11月30件
                      (京都大学保健管理センター)
 全死亡例に占める突然死の割合
     1956年------------- 0.6%
1989年--------------1.6%
2000年-------------10% (今年2004年)   (厚生省)
突然死
 発症から24時間以内に死亡する疾患で外傷がなく内因子による病気で元気だった人が24時間以内になくなってしまう。司法解剖になる場合が多い
日本では今100万人の方が亡くなられているがその約10万人
 原因  大きな気温変動
   1日の中で自律神経の急な乱れ
        ↓
   末梢血管の拡張・収縮がくり返される
        ↓
     ◍血管壁に亀裂発生
     ◍血液の凝固能亢進   つまる        
先日入院した長嶋茂雄さんの脳梗塞の原因
心房細動によって心臓内にできた血栓が脳に飛び脳血管を詰まらせてしまった
心原性脳梗塞

心臓は右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋からできていて、高血圧・肥満・ストレスなどで心房に負担がかかってくる、すると心房に不整脈、細動、こまかく動くことになり収縮がなくなり血栓(血のかたまり)ができる。これが左心室をへて頭の方にいき脳血栓となる。
元気な人を突然襲う心房細動
発症すると普段1度の拍動で80ml送りだされる血液が60mlに減る
          ↓
心臓内に残った20mlの血液が血栓をつくってしまう!
 心臓の中に100mlくらいの血液が入るので20ml減るがその一部分が心臓の壁にくっついた形となる。血栓、血の塊にはコレステロールなども含まれている。これが溶けてしまえば問題ないが血液は末梢まで流れていく、血の塊があれば溶けてしまえば問題ないが、どこかで詰まってしまう。詰まるとそこで壊死を起こし脳梗塞あるいは心筋梗塞となる。


Q 脳梗塞の原因となる心房細動の引き金となりやすいのは?
@ 夜中の冷え ○
A 寝起きのトイレ
B 朝の洗顔
   夜中に冷えると血管が収縮して心臓に負担がかかる、すると不整脈の起こりやすい状態になる。
Q 心房細動を招く夜中の冷えを予防するには?  就寝中に
@ 寝室を暖めておく
A 手や腕を冷やさないようにする ○
B 厚めの掛け布団をかける
   腕や手が冷えると身体の芯まで冷えてきて血管を収縮させてしまう。
   部屋を暖めるのは空気が乾燥して脱水傾向になり血栓ができやすくなる。 程々に
 実験 室温26℃で腕を出して寝た場合
   腕の皮膚温度 31℃------------------> 4時間後  27℃
   直腸温度   37.4℃-------------- 36.3℃
   脈拍数(1分間)65---------------- 78
血圧  124/65 ----------------   154/89   (フジカ温熱研究所)
直腸温度で1度下がることは身体の芯で1度下がってしまうことで、血管も収縮した   
  り、非常にストレスになってくる状態。
脳梗塞の原因となる心房細動の前兆  
   時々、不整脈が出る
 不整脈 規則正しい脈の間に時々ポコポコと異常な脈が入ってくる、そうするといつもと違った脈に感ずる。心臓の拍出量が変わってくるのでドッキンとなる。
     これが速いのも遅いのも不整脈 虚脱感がある。腕で不整脈を確認しようとしても心臓の不整脈が腕まで伝わらない場合、わからない場合がある。
     不整脈が出たての場合は何か変だなと感ずるがだんだん慣れてくるとわからなくなる。気づかなくなる
Q 心房細動の前兆である不整脈、 どんな時が最も危険か?
@ ドキンドキンと不整な脈を感じるがすぐおさまる
A 動悸感が1日以上続く ○
不整脈が48時間以上続くと心房の壁に血栓ができてくる。不整脈の時間が長いほど
   血栓ができ、飛んでいってしまう可能性がある
Q 脳梗塞の原因となる心房細動、発症すると起こりやすい症状は?
@ 夜中に必ず目を覚ます
A 朝、起きたとき首がこっている
B 朝から疲労感がある ○
   心房細動になると先にもあったように1回の拍動で20ml少なくなる
             ↓
   1分間で約1ℓ血液が少なくなる ので疲労感がでてくる
    季節の変わり目で疲れやすくなると思うが実は心房細動が原因している。
   (お酒を飲むときつまみとして生のキウリ・トマト・セロリとか生のものを必ず食べるとお酒を飲んだ次の日は不整脈がおきなくなった----- みのもんたの話)         香り野菜  ピーマン・セロリ・トマトホウレン草
香り野菜に多く含まれる成分ピラジンは、血栓をつくりにくくする効果が高い
           ↓
   心房細動を予防し、春の健康もつくってくれる
   ピラジンが血小板凝集能を抑制する
A子さん(56才・主婦)
◍三月になった気温の高い日デパートへ買い物に出かけた
 ◍全身にじっとり汗をかき、気分が悪かったので帰宅後すぐ入浴した
 ◍入浴中に、のどのつまりを覚え冷たい水を飲んだがスッキリせずかえってムカ感があった
 ◍風呂から上がって、横になろうと寝室へ向かったとたん胸に激痛がはしり、
  不眠症になって意識を失った
          ↓
         心筋梗塞
A子さんの心筋梗塞の引き金になったのは
@ 人混みに出かけたこと
A 帰宅後すぐ入浴したこと
B 入浴中冷水を飲んだこと 
    
心臓の筋肉を栄養している冠動脈、直径2~3mmの血管であるがそこに血栓ができる、これがつまると心臓の筋肉が死んでしまう。心筋梗塞、これが突然死の原因となる

ムカムカ : 心臓の下が横隔膜なので血液が足りなくなるとムカムカする

Q A子さんの心筋梗塞の引き金になったのは?
@ 人混みに出かけたこと
A 帰宅後、すぐ入浴したこと ○
B 入浴中、冷水を飲んだ事
  
汗で身体が冷えているところに急に風呂に入って血管が急に収縮、拡張することにより心臓に負担がかかったことが引き金になった。特に季節の変わり目は要注意

A子さんが気付かなかった心筋梗塞の前兆
   A子さんは倒れる数日前に突然、今まで経験したことのない激しい肩こりがあっ  
   たが、すぐ消えたので気にしていなかった
Q 心筋梗塞の予防のために、この時季、朝すると効果的なのは?
@ 熱めのシャワーを浴びる
A 足踏みをする  ○
B ベッドの中で大きく深呼吸する
   
心臓から足の先まで1メートルくらいあるが足踏みすることにより筋肉のマッサージで血液を心臓に戻してあげる。血圧の変動を抑制してくれる
 心筋梗塞を予防する「朝の足踏」みは-------
     ◍起きて、ひと息ついてからする
     ◍必ず立って行う
       春に多い早朝高血圧もふせぐ。この季節の健康法にもなる
    自律神経の嵐で朝にかけ血圧が上がってくる、血管が収縮したり開いたりする運動をすることによりうまく補う、適応能力の可能な状態にする

B子さん(65才)
 ◍日頃、口達者で、身体も元気、近所ではスーパーおばあちゃんと呼ばれていた
  ◍3月に入ったある日、「夕食がなんだかのどにつかえる」と胸をトントン叩きながら
  それでも大好きなうな丼をたいらげた
  ◍翌日、新聞を取りに出たとき激しい胸の痛みを訴え、たおれそのまま亡くなった
            ↓
         胸部動脈瘤破裂
  動脈硬化になると血管に弱い部分が出てくる、そこに血圧が高くなるとふくれてくる。
  脳にできると脳動脈が破裂して、クモ膜下出血。B子さんは胸に動脈瘤ができた。腹部 
  の動脈瘤はあまり症状がないが破裂してしまうとそのまま亡くなってしまうこともあ
  る。
  動脈瘤が多分食道を圧迫していたのでしょう。完全に出血すると出血死となる、一部分の場合は緊急手術で助かるでしょう。

B子さんの胸部動脈瘤破裂の引き金になったのは?
@ 胸をトントンたたいたこと
A 無理して夕食を食べきったこと
B 朝、新聞を摂りに外へ出たこと ○
  朝、急に寒い所に出て行ったこと、血管が収縮して血圧が上がって一番弱い所が破裂
  した。家の中ですこしウォーミングアップしてから出ればよい
 B子さんが気付かなかった胸部動脈瘤の前兆
    ものが呑み込みにくくなったこと

動脈瘤を作る危険因子
 ◍動脈硬化--------加齢と共に進行
 ◍高脂血症--------食生活の欧米化
 ◍糖尿病<-------------予備軍が急増
 ◍高血圧<-------------加齢と共に上昇
つまり、不眠症や睡眠障害など生活習慣病予防が動脈瘤予防につながる


0

(無題)  

不眠症はいえば
5人に1人が悩む現代病

その中でも特に
女性が多いことをご存知ですか?

睡眠にいろいろな影響を与えるのが、
女性特有の身体の変化です。

たとえば、女性は妊娠すると、
眠りが変化します。

妊娠直後には、
黄体ホルモンによって
ひどい眠気に襲われ、

昼間でも眠くてたまらない、
といった 状態になります。

妊娠後期には、
ホルモン分泌が変化するほかに、

横になる姿勢が楽でなかったり、
夜中にトイレに行く回数がふえたりして、
不眠をうったえる女性が多いです。

女性特有の不眠症だけに
男性は優しくしてあげる必要がありそうです。

不眠症を解消させる方法を無料メール講座にて紹介中

0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ