赤ちゃんにも手湿疹?  

赤ちゃんの肌はすべすべで柔らかくてとてもきれい。
そんなところに突然ブツブツが出ていたら、びっくりしますよね。

かゆかったり痛かったりしても、赤ちゃんは言葉で周囲にそれを伝えることができず泣くばかりです。
周りの大人が、体の隅々までよく見て対処してあげなければならないのですが、肌のトラブルもそのひとつです。

大人の何倍もの早さで新陳代謝を行っている赤ちゃんは、それだけ皮脂や汗の分泌量も多くなります。
それに加え、食べ物などを手でつかんだときなどに汚れが皺の中に入り込み、そのままになったりもします。

そのため、ちょっとしたことで小さな毛穴が詰まったりして肌にぶつぶつが出てしまいます。
手湿疹に限らず、赤ちゃんには湿疹が出来やすいのです。

このような赤ちゃん特有の湿疹は生後2週間から長くて1歳になるころまで続き、「乳児湿疹」と呼ばれます。
また、頭に黄色いフケやベタベタのかさぶたができたものを「乳児脂漏性湿疹」といいます。

このような乳児湿疹、乳児脂漏性湿疹が手にもできてしまうことがあります。
これを防ぐためには、汗をかきやすい場所や汚れやすい場所をこまめに拭いて清潔にしてあげることが第一です。

症状が長引くようなら、市販薬ではなく必ず小児科などの病院で診察を受け、処方薬を塗ってあげるようにします。
赤ちゃんの肌はとても敏感ですし、大人用の市販薬を赤ちゃんの手湿疹に塗って赤ちゃんがその手を舐めてしまうと体に良くないからです。

痛さ、かゆさに泣いている赤ちゃんを見るのは辛いものです。
症状がひどくならないうちに早期発見して早期治療してあげるようにしましょう。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ