2013/3/8

東日本大震災の被災地では、今も被災家屋  

 東日本大震災の被災地では、今も被災家屋の撤去が続いている宮城県南三陸町の漁業、千葉正友(まさとも)さん(60)の自宅跡も、流れ残った基礎部分が撤去された津波の犠牲になった長男正義(まさよし)さん(当時29歳)の小学校入学に合わせ、26年前に建てた念願のマイホームだった「早く壊してほしかったのに、いざ、なくなると寂しいね」正義さんとの思い出が詰まった跡地は、しばらく更地にしておくつもりだ【竹内良和】

 南三陸町の東部にある館浜(たてはま)地区2月、浜辺にある千葉さんの自宅跡に重機が入った

 残った自宅の基礎を見るたび、幼いころの正義さんの泣き顔ばかりが浮かんでつらかっただから、町に早期の撤去を求めてきた

 でも、粉々に砕かれるコンクリートを見つめていると胸が詰まった解体が終わるまで約2時間つい、息子がプレゼントしてくれた金色の貯金箱を捜していた

 あの日千葉さんは自宅近くで強烈な揺れに襲われ、高台に避難した自宅は津波にのまれ、町職員として勤務先の公民館にいた正義さんは数日後、遺体で見つかった会合中だった高齢者を避難させた後、水門が閉まっているか確認に行って逃げ遅れたという

  ■

 「持ち家から通わせたい」87年、正義さんの小学校入学に合わせて自宅を建てたローンを返すため、年9カ月も遠洋漁業に出た長い漁から帰ると、手狭な町営住宅に住んでいた妻由紀子さん(54)と3人の息子が、あこがれていた黒い瓦の一戸建てに暮らし始めていた父として誇らしかった

 成長し、就職した後も家に残った正義さんは「夫婦で旅行にでも行ったら」と金色の貯金箱を二つプレゼントしてくれた居間の茶だんすに置き、親子でこつこつと500円玉を入れた

 震災前の夜、親子の日課だったウオーキングの最中に尋ねた
<坂本真綾LIVE展“Roots of SSW”>が、タワーレコード渋谷店8F「SpaceHACHIKAI」で、3月26日(火)〜4月14日(日)に開催される

◆坂本真綾画像

坂本真綾のニューアルバム『シンガーソングライター』の発売を記念しておこなわれるもので、衣装やステージ写真、歴代ライブグッズなどの展示をはじめ、2012年に発売されたシングルコレクション「ミツバチ」の顔出しパネルも設置されるというまた、6月12日(水)に発売されるLIVE DVD「坂本真綾 COUNTDOWN LIVE 2012→2013〜TOUR“ミツバチ”FINAL〜」の先行上映やDVD「TOUR“ミツバチ”」特別編集版などの上映、各ツアーグッズから『坂本真綾LIVE展“Roots of SSW”』会場限定ポストカードといった販売も行われる予定だ

坂本真綾の貴重な展示物や映像が、一度に網羅できる貴重な機会でもあるこれは見逃すわけにはいくまいなお、<坂本真綾LIVE展“Roots of SSW”>で得た収益の一部は、日本赤十字東日本大震災義援金窓口に寄付される予定だ「早く壊してほしかったのに、いざ、なくなると寂しいね」ipad2 ケース「早く壊してほしかったのに、いざ、なくなると寂しいね」
0

2013/3/8

バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト  

バンダイナムコゲームスは、PS3/PS Vitaソフト『ワンピース 海賊無双2』の最新情報を公開しました

画像44枚:『ワンピース 海賊無双2』

『ワンピース 海賊無双2』は、『無双』シリーズの爽快感はそのままに、2年間の修行を経て成長した新世界編の麦わらの一味、「エネル」など新キャラクターが続々と参戦前作をはるかに凌ぐ圧倒的な数の海賊・海軍の群れが、画面せましと押し寄せてきますさらに本作では、漫画・アニメで披露されている数々の新技、新ステージ、新システム「覇気アクション」「ロギアアクション」「スタイルアクション」などが登場します

今回は、海軍から、「赤犬」「クザン」「黄猿」「ガーブ」がプレイアプルキャラとして、新たに参戦することが明らかとなりました各キャラの立ち姿イラストが解禁となっています

また、「ONE PIECE」作中の「パンクハザード」編で登場した新世界篇の装いで、スモーカーとトラファルガー・ローも海賊無双に初参戦独特な「悪魔の実」の能力の使いこなしがカギとなるでしょうさらに、前作『ワンピース 海賊無双』で登場した「バーソロミュー・くま」も、プレイアブルキャラで登場人気の「ペローナ」も、『海賊無双』シリーズに初登場します

なお、「ONE PIECE」のif世界を舞台に「麦わらの一味」「海賊」「海軍」がオリジナルストーリーで三つ巴の勢力争いを繰り広げる新モード「パイレーツログ」モードについて、登場ステージが公開されました作中の最新エピソードの舞台である炎バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『仮面ライダー バトライド・ウォー』の最新情報を公開しました

画像23枚:『仮面ライダー バトライド・ウォー』

『仮面ライダー バトライド・ウォー』は、バイクアクションにも重点をおいた、PS3では初となるライダーゲームライダーならではの華麗なバイクアクションと、フォームチェンジを駆使しつつ次々に出現する敵怪人をなぎ倒す、新たなライダーバトルとなっています

今回は、完全オリジナルストーリーの「クロニクルモード」を搭載していることが明かとなりました

「クロニクルモード」は、仮面ライダーウィザードを軸にしたゲームオリジナルのストーリーが展開され、各ライダーが入り乱れてこの世界に秘められた謎へと迫っていく重厚な内容自らに呼びかける、何者かの声で目覚めると、ウィザードは見知らぬ荒野に立っています次の瞬間、無数の怪人に襲われますが、なんとか振り払い、行く当てもなくさまよい始めますそんなウィザードの前に、ディケイドをはじめとした、10人の仮面ライダーたちも現れ、攻撃を加えてくるという、衝撃のオープニングとなっています

ストーリーの冒頭で他のライダーとともにウィザードに立ちはだかるディケイドですが、特定の条件を満たすことで、プレイアブルキャラクターとして使用可能になりますディケイドもまた、カメンライドを駆使し、謎の世界で新たな戦いを繰り広げることとなるようです劇中には登場しなかった「ファイナルアタックライド クウガ」も発動可能とのこと「ファイナルアタックライド 電王」の電車斬りのビジュアルも解禁となっています

またディケイドに引き続き、ブレイドも特定の条件を満たすことでプレイアブルキャラクターとして登場ラウズカードを使用した華麗な空中技や、ブレイラウザーでの近接攻撃等、多彩な打撃を繰り出すことができる他、最強フォーム「キングフォーム」にも変身可能です

「クロニクルモード」では、物語を進めることで、劇中に登場したライダーを含めたさまざまなキャラクターが登場し、特定のキャラクター同士のイベントが数多く発生します今回は、仮面ライダーディケイドに登場するキャラクター同士の邂逅、そしてそこで起こるドラマの一部が公開

スーパーアポロガイストは、大ショッカーを率いて登場し、ディケイドと因縁の戦いを繰り広げていますブレイドの前には、劇中での最大の敵であり、友であった相川始<ジョーカー>が登場森を進んだ先で待ち受けており、そこではバトルイベントが発生しますそしてオーズの記憶のなかでは、恐竜グリードと対峙恐竜グリードの暴走、アンクの消滅というかつての名場面が繰り返されますが、その原因に、ストーリーのカギがあるようです

なお、「クロニクルモード」には、各シリーズの主役ライダーの他に、さまざまなライダーたちが参戦します「仮面ライダーディケイド」からはディエンド、「仮面ライダー剣」からはギャレンがそれぞれ登場するとのことそのほかにも、さまざまなライダーが登場することが、解禁されたビジュアルから伺えます

『仮面ライダー バトライド・ウォー』は2013年5月23日発売予定で、価格は通常版が7,480円(税込)、プレミアムTVサウンドエディション版が10,480円(税込)です
と氷で構成されたパンクハザードもゲーム初登場そのほかにインペルダウン、オレンジの町、マリンフォードがステージとなるようです

「パイレーツログ」モードでは、“新世界”を航行中、ガープ・スモーカー率いる海軍の挟撃を受け、追い詰められた麦わら一味が、突如「突き上げる海流(ノックアップストリーム)」で“はぐれ空島”へと飛ばされるところからスタート見たことのない貝(ダイアル)を偶然拾ったことをきっかけに、キャラが入り乱れるゲームならではの夢物語が展開します今回は、麦わら一味のメンバー同士のガチバトルの画像が公開となっていますまた、原作でルフィ達を苦しめたモリアが、本モードのボスキャラとして登場するとのことです

『ワンピース 海賊無双2』は2013年3月20日発売予定価格はPS3版が8,190円(税込)、PS Vita版が7,140(税込)、「ワンピース 海賊無双2 TREASURE BOX」が12,390円(税込)となっていますさらに本作では、漫画・アニメで披露されている数々の新技、新ステージ、新システム「覇気アクション」「ロギアアクション」「スタイルアクション」などが登場しますiphone5ケース ブランドさらに本作では、漫画・アニメで披露されている数々の新技、新ステージ、新システム「覇気アクション」「ロギアアクション」「スタイルアクション」などが登場しますヴィトン 長財布 新作さらに本作では、漫画・アニメで披露されている数々の新技、新ステージ、新システム「覇気アクション」「ロギアアクション」「スタイルアクション」などが登場しますipad2 ケース かわいい
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ