2017/2/28

ライアン氏の過去の実績はFXプラチナファンド・パーフェクトコピーでも機能するか  専業トレーダーに必要な知識とスキル

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの限定枠募集は大変話題になっているのですが、自分ももちろん参加いたしまして、クロスリテイリング株式会社様にありとあらゆる質問をぶつけているところでもございます。

その中で、販売ページにヘッジファンド率いるファンドマネージャーの、ライアン氏と称する方の運用実績は過去7年間で実質1度程度しか負けていないということをが紹介されておりますが、

もちろんこの数字は立派だと存じますが、実はFXプラチナファンド・パーフェクトコピーという商品は、それをそのままコピートレードする商品ではなく、個人トレーダー向けに組み立てられたファンド流の後編をコピートレードできるようにして商品化したものでございます。


ですので今後、 FXプラチナファンド・パーフェクトコピーでも同様の良好な実績が再現されるかというのはそれからの話でございます。

自分自身も実際のFX口座で実践検証をしながら様子を見ている所でございまして、その様子は真実のFXプラチナファンド・パーフェクトコピー実践その価値評価をしているところでございます。


結果から言いますと、自分が立つなファンドを実践開始をしてからちょうど2週間ほどの経過になりますが、 6%を超える月利実績となっておりまして、

考えてみますと、実際のファンドでの運用実績はその取引情報のみならず、相場状況の判定はすべての基になっておりますから、

当然のことながら、 FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの方にもそのまま応用されているものと想像するところでございます。


実践内容に付きましては、
分かる!FXプラチナファンド・パーフェクトコピー疑問点と実践トレード結果と評価でbuchujp決断
のほうにさらに詳しく掲載中です。



自分もできれば実際のファンドで運用してもらいたいものだとかねがね思っておりましたが、実際はファンドに預けるとなるとひと口は数千万円からというのは普通でございますため、

自分のような1個人トレーダーがファンドでの専業など夢のような話と思っておりましたが、今回は極めてそれに近いFXサービスなのではと個人的には感じており、 FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの評価も高いのではと存じます。


今後も、FXプラチナファンド・パーフェクトコピー検証レビューを実践の内容を通して事実はどうなっているのかというところをフォーカスしてレビューしてまいたいと思っとりますが、


これまでのコピートレード商品とはレベルの違うものではと言う印象を強く持っているこの頃でございます。






0

2017/1/19

2017年FX専業トレーダーを今年こそは目指すという方へ  専業トレーダーに必要な知識とスキル

個人がFXに取り組む環境は飛躍的によくなり今年2017年も本格的にFX専業トレーダーを目指す方、そしてまた脱サラなどをしていFXで生活することを決心される方も多い年になるのではないかと想像しているところでございます。

自分もサラリーマンを辞めてFXを始めて早7年ほどが経過致しましたが、その途中FX専業トレーダーとして会社法人設立、そしてこの春は法人4期目の決算を迎えることができ、今年のトランプラリーもなんとか死に物狂いで攻略していこうと決意しているところでございます。

自分のスタートは恋スキャFXは本格スタートあったと言う気がいたしますが、そのFX−jinさんとさらにいろいろな専業トレーダーやプロトレーダーの話をうかがっていますと、

テクニカル指標だけに目を奪われずに、もっとチャートそのものから情報を認識するようなスキルをを磨きながら利益を狙う精度を高めていくということが重要なのでは無いかと今年も痛感しており、

そのためにはやはり、ローソク足という最も基本的なところに着目して、チャート上で形成されるローソク足を見てトレードの判断ができるところまで自分のスキルを高めてまいりたいと思っているところでもございます。


自分が取り上げましたのは、須藤一寿The Secret FX評価を非常にしておりまして、

ローソク足をマスター!10分で分かる「須藤一寿のザ・シークレットFX」検証と特典内容まとめ動画を今回再販売開始記念キャンペーンに合わせて動画アップしてみた次第です。


アベノミクスが始まった時のような圧倒的なトレンド相場であれば、本当に稼ぎやすい相場だったなぁと非常に今振り返っても思いますが、今後もずっと同様に利益をFXで上げ続けるためには、

相場はどのように動いているかという認識から、自分の持っているトレード手法やロジックを適切に判断して当てはめていくということにプラスして、

異なる相場で使えるロジックをいくつか自分自身のトレード手法として、持っておくということも必要だなあと思っているところでございます。


おそらく相場が不安定だったり、様子見相場で同意がよくわからない構成の相場では、カウンターロジックや短い間隔で利益を抜き出すスキャルピングトレード手法なども行こうだと思います。

2017年も、おすすめスキャルピング無料勉強法ということでご案内もしておきたいと存じます。


トランプ政権が本格始動した後の相場の予測は今から考えすぎても仕方ないのですが、少なくとも、いくつかのシナリオを頭中で描きながら、どのようなトレード手法は有効であるかということを相場を見ながら適切な判断ができるような1年にしたいと思う次第です。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ