2017/7/28

相場の「わからない」を「見える」ようにするトレンド・ディスカバリーFXの中身  専業トレーダーに必要な知識とスキル

1017年度の為替相場はやはりファンダメンタル的な要素でゆり動かされる局面が多いのでしょうか、場面によってはテクニカルが効かないのではと感じさせる時もございますが、

しかし冷静に基本的なFXの相場を判定手法に照らし合わせますと、意外と綺麗に値動きしているところも見られ、自分もがいちばん最新の関野式未来予測とレンドディスカバリーFXの方法にて実際にトレードしてみた次第です。それがこちら


トレンド・ディスカバリーFX検証でブレイクアウトロジック実践トレード2日間追いかけたらこうなった



2017年の下期スタートからダッシュしているFX教材の人気ランキングtopを継続しておりますが、一応トレンドディスカバリーFXは、 7月月末で一旦募集を締め切りそうです。

相場の今後がどうなるかという、短期未来予測とでもいいますか、その根拠を聞けばなるほどと誰もが思うと存じますが、

1つは確通貨ペアの強弱を判断するということと、そしてもう1つは強い通貨と弱い通貨を組み合わせることで、より強いトレンドが発生してるわけですので、そのトレンドの形状が、トレンドの所どうなのか、それとも最終局面なのかということも判断をしまして、

最も利益の伸ばせそうな通貨ペアとチャート形状のところでトレンド・ディスカバリーFXのロジックを当てはめるという具合でございます。


関野式未来予測FX「トレンド・ディスカバリーFX」その手法を動画で実践ネタバレですけれども、自分も早速実践してみた次第です。


自分はやはりロジックトレーダーでございますから、最終的には自分の裁量でトレードをして利益を安定させるというところが専業トレーダーになった後も変わらぬテーマでございまして、

恋スキャFXビクトリーDX完全版検証評価レビュー動画をブログに掲載し続けてきたのも、ロジックに裁量加えるというトレードスタイルが最も最強であると言う考え方からでございます。


ファンダメンタルでどちらにもかわからないという局面は確かに多いと感じますが、ところが、各時間足チャートはどのような形状になっているかということを確認しながら、極めて基本的なテクニカル判断手法を固めてみますと、

大きな流れとしましては、やはり変わりなくチャートフォーメーションや、基本的なチャート形状典型形状などが確認できることがわかります。


本日取り上げました、トレンドディスカバリーFXのチャート環境認識を読みとるスキルを学べば、さらにFX初心者の段階からでもチャートがわかるようになるのではないかという印象持った次第です。



0

2017/6/12

メテオチャートで相場の未来が分かる?  専業トレーダーに必要な知識とスキル

チャートから相場の未来がわかるというのは少し大げさですが、少なくとも現在の状況から方向が明確に見て取れるというのは、メテオチャートの特徴からも言えそうです。

ローソク足ではありませんから時間の経過とともに1本ずつ足が増えていくという概念から外れ、メテオチャートの場合はボラティリティーが低い場合にはチャートが動かず、

ボラティリティーが高くなるとチャートが動き始めるという特徴から、トレンドが発生すると山と谷を形作るスイング形状というのができない、一本調子の真っ直ぐなラインがチャート状に形成されるのが最大の特徴と存じます。


なので、押し目形状や、戻り形状がリアルで見ているときには、トレンドの転換や方向がわからなくなるような疑いを持ったりすることもあると存じますが、

それが全て日本のひげで処理され、メテオサインとしてフィルターをかけられますので、

FXトレード失敗場所が事前に分かる「メテオチャート」レビュー動画で実践してみたトレード動画のように迷いの少ないトレードが誰でもできるのでは無いかと言う気がいたします。


厳密に表現しますと、チャートを読むのではなくメテオチャートのフィルターで価格は動く方向をルールの中で判定ししまうという仕組みで、メテオチャートを見ておりますと誰もが等しく値動きの方向を判断するという結果になるのではと存じます。

メテオチャート検証実践レビュー「なぜFX初心者が相場を読めるようになるのか」buchujp動画のほうに詳細なレビューを掲載しておりますが、


通常のローソク足チャートで相場の状況が判定できないというトレーダー様も、おそらくこの1枚のメテオチャートでトレードの勝率と利益率も改善しやすくなるという効果は感じられるのではないかと思う次第です。


裁量トレーダーの自分も、今年の2017年相場の迷走相場は時折分からなくなることもちょいちょいありまして、そんな相場ですから自分もFXツールの機械的判定を参考にすることも多く、

チャートの形状が綺麗なり分かり易くなった場面では、恋スキャFXビクトリーDX完全版検証評価レビュー動画でもある通り、自分の得意なトレードロジックを中心に利益を目指すという基本方針に加えまして、現在ではメテオチャートのトレードロジックを使ったトレンドフォローもちょうど、デイトレードという時間スパンにメテオチャートが合わせれているため、都合が良い感じているところです。


今一番注目しているFXチャートシステムですが、メテオチャートと、 4DFXどちらも酒巻式の代表的チャートで、スキャルピング用とデイトレ用として使い分けながら現在は積極的に試してみている所です。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ