2017/5/25

人工知能がついたFXツール「ブラストFX」でFXで生活できるかのまき  専業トレーダーに必要な知識とスキル

専業トレーダー生活を続けておりますと、みんな似たよな感じ方といますか、 FXで利益を上げやすい年度と、難しい年度というのはやはり重なるもので、 2017年度の相場はもしかすると難しい方の年度に属するのかなという感じもします。

もちろんFXの利益があげられやすかったのはアベノミクス以降の3年間ほどでございましたが、 2017年度のトランプ新大統領に変わったという大イベントだけでなく、欧州ではEU離脱の問題やら国政に関する様々な問題点

さらにはアジアでは北朝鮮の地政学的リスクの問題もあり、為替相場を不安定にさせる要素満載の年度という感じがいたします。

もしかするとそういった要素が、今流行りの高い勝率が期待できると噂されるブラストFXなるツールが爆発的に売れているという事にもつながっているのでしょうか。

何を隠そう、自分も購入ししまったのですから(笑)


Black AI・ストラテジーFX「ブラストFX」検証評価トレードを録画で初めてでも大丈夫か?という動画をアップもしています。



しかしこの時に確実に安定して利益を上げているトレーダーもいるのは事実で、実は先日自分は恋スキャFXで専業トレーダーになった方たちの集まりに顔を出して参りまして、

安定利益を出しているトレーダーの共通した意見は、 FX教材の教科書に出てくるような綺麗なチャート形状の時にしか手を出さないようにすれば、必然的に負けトレードは増産しなくてすみますので、

利益は確保できるのではというのが大方の意見でございました。ごもっともでございます。

しかし同時にそれは非常にあらためた自分の頻度にもなりまして、そのことがあって、極めて勝率が高いチャート形状とはこんな時ではないか、という場面のトレードを録画することができました。それがこんな動画です。

あまりにも定番すぎる「恋スキャFXビクトリーDX完全版」の勝率の高いチャート形状



恋スキャFXで生活している方がいるのは事実で、しかしその多くの方はベースを恋スキャFXロジックにして、そこに自分なりのルールを付け加えたりして、

より変化したチャート形状にも対応できるようなトレードロジックを編み出している方もいて、その方によれば恋スキャFXの基本ルールが実践するトレーダーによっての癖を受け入れる幅というのがあり、それが逆に自分流のアレンジを付け加えやすいということにもなっているとのことです。


自分も実はトレンド形状で恋スキャFXロジックを使うことがほとんどで、しかも使う時間足は1時間足です。

恋スキャFXビクトリーDX完全版手法チャンス場面の代表的実践トレード動画もそんな場面でした。

そんなことも考えますと、 FXツールの進化も素晴らしいですが、このようなテクニカル的な様相を含んだロジックトレードを自分の得意トレード手法に1つ加えておくことは非常に将来のFX生活も安定させることにつながる一助になるのでは無いかと思った次第です。






0

2017/5/10

4DFX一番新しいリアルトレード動画です2017  専業トレーダーに必要な知識とスキル

4DFXチャートをご利用のトレーダー様も多いと存じますが、4DFXもバージョンアップをしており、MT4のバージョンアップに合わせて購入者サイトからDL出来るようになっております。

自分も
酒巻式4DFX検証レビュー最新2017年度版でバージョンアップご案内と「とっておきのチャート構造活用術」buchujp流

こちらを最新トレード動画としてアップしました。



4DFXチャートを使って、どちらかと言いますと、売買シグナルばかりのトレード判断に加えまして、せっかく酒巻式と言う具合にロジックが会員サイトに豊富に説明されているわけですので、

このチャートの重要インジケータの一つである、スイートバンド、というインジケータを使った半裁量トレード事例でございます。

FXツール最高峰クラス「4DFX検証レビュー」2017最新版をわざわざリアルトレード動画録画したのは、バージョンアップした4DFXの使い勝手と今年の相場でも普通に使えるかということで、実践したのですが、


自分が得意にしているレイヤートレードに非常に近いチャートの見方が、4DFXのスイートバンドというインジケータを活用することで、トレード戦略の幅が広がったパターンになったのではと、感じる次第。



例えば、4DFXのチャートで売買シグナルが表示されて、ポジションをエントリーしたとして、その後相場状況が変化して、戦略の変更検討をしなければならなくなると言った事態もきっとあることでしょう。

そんな場合でも、スイートバンドを一つの判断指標として、ライントレードマスタースクールのレイヤーとゾーントレード手法を合わせたような、裁量判定場所として使うことが可能だと実感。

もちろん、4DFXは順張りだけでなく、レンジ相場でもボラティリティさえあれば実践チャンスが出て参ります為、

自分は、この面から4DFXチャートで恋スキャFXとの併用も可能ではないかと、しかも勝率も期待できるのではというかがしておりまして、検証実践トレードも現在ガシガシやっています。


恋スキャFXのFX初心者向けの改善も目覚ましく、
旧恋スキャFXから「恋スキャFXビクトリーDX」検証で何が変わった?2017年buchujp流攻略レビュー

コチラをご覧頂ければと存じますが、
失敗を防いで、利益を安定させる工夫が光るFX教材として現在支持されているため、4DFXなどの、こうしたFXツールの成果を向上させる材料としてもおすすめしたいと存じます。






0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ