南大門市場、本格韓国食品  

新宿の北側、新大久保駅のほうが近い、というところに
韓国関連のお店がたくさん軒を並べている一角があります。
その中でも、挑戦の食材を変えるのが、

なんでむんしじゃん
南大門市場
料理:キムチ販売専門
電話: 03-5292-6541
住所: 東京都新宿区百人町1-1-3 葉山ビル1F
無休 、営業時間 08:30 - 25:00

どちらかといえば新大久保、ラーメン竈の向かい側の通り。

です。
キムチはもちろん、野菜、インスタント食品、レトルトパック、キムチ用唐辛子、チヂミの粉、
冷凍肉、お菓子など、
韓国製、韓国料理の食材などがお店にあふれています。
韓国料理を食べたい、作りたい、というときにたいていのものはそろいます。
そんな時は買い出しに出かけましょう!

深夜で、チャプチェが半額なので買いました。
0

万世の排骨(パーコー)麺   

秋葉原に本店のある「肉の万世」
(そこは、その立地条件から、イベント帰りによく利用させていただいてます)

の展開する店舗で、新宿西口のメトロ食堂街にあるのが、

万世拉麺 新宿西口店

です。

写真は排骨ラーメン 750円
肉は厚く、食べ応え十分。
ウェイターがどんどんお客を詰めていきますので、「席があいているのに
まだ食えない」ということは少なく、テキパキと座って食べることができます。


スープはとうも既製品を使っているというか、個性はありませんが、
このラーメンは具が命なので、具のかすむようなスープはあえて
採用しない(?)のかも知れませんね。

新宿西口で、手っ取り早くパワー欲しいときは、このラーメンです!
0

バルト9  

全面に光るファサード(ビル正面外観)の、洒落た演出のビルになりましたが、
ソレまでは、新宿東映会館でした。
映画館だけの建物でしたが、もともと一つの映画館を、
2階席や3階席を切り分けて、別のスクリーンを貼るという、細胞分裂方の
シネコンに変化したあとで、ついにビルに生まれ変わり、その最上階に
入居するという、

有楽町の日劇(日劇が解体されて1984年に出来た有楽町センタービル
ディング、通称マリオンビルの最上階に映画館として引っ越しました)の
ような変遷ですね。

マリオンには、阪急と西武が入りましたが、ここでは丸井が入りました。
三越の並びにあった丸井は、改装のため休業しています。

ということで、ピカピカの映画館ですが、

チケット売り場も綺麗です。ホテルのロビーのようです。
デートに使えるように、ですね。下の階にはレストラン街もあり、
きちんと使える映画館となっております。

で、ここはさすが新宿、普通のシネコンは夜8時、9時の上映になるとレイトショー
で料金が安くなるのですが、ここでは逆。シネマチネ割引として、
平日15:30~18:00の間に開始される特定作品に対する割引
があります。24時間眠らない街、新宿らしいサービスですね。

また、全館デジタル・プロジェクターを装備し、ハイビジョン収録した演劇を
有料上映するなどの新しい試みをしています。
チケットのインターネット予約はもうあたりまえ。

意欲的な映画館ですね!
私が行った時は、見たい映画の時間が合わなかったのですが、
今度は演劇の上映を見ようと思っています。


http://koakuma.in/
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ