■映像
・パラアルペンスキーチーム映像
・欧州WC DH映像(2016/1 Tignes) 
・パラサイクリング1kmTT(伊豆ベロドローム)

■メディア掲載記事
JTBユニバーサルコミュニケーション講演記事
「JTB交流応援隊通信」記事
JTB スポーツブログ ”YELL” 随時投稿中!!

<直近の予定>
2/20現在、基礎練習の日々です!来期の栄光に向けて積み上げます!


2017/2/20  8:19  決断!  


平昌のプレ大会が現地で各種目行われており、いよいよ来年は平昌という雰囲気が出てきましたね!
札幌でのアジア大会も始まりました。
パラはアジアカップは全く関係無いですが、今後、2018平昌、2022北京と二大会連続でアジアなので、アジアの選手数が増えれば、次回はパラも含まれるかもしれませんね!


さて、私たちパラ・アルペンスキー界も、このあとアジアツアーとして3/5-7に白馬ワールドカップを経て、
3/9-18までが平昌でワールドカップを行うというテストイベントとしていきます。


そんな中ですが、今回私自身の選択は、今期残りの試合(13試合)には出場せず、来期の前半戦で平昌の権利獲得にチャレンジしていく選択をしました!!

思いとしては、残りの限られた試合数で十分権利を獲得可能、
且つ、現地視察を兼ねたいところでしたが、

今回の13−17日の群馬合宿(尾瀬戸倉)で、自他ともに納得するだけの滑りができず、
コーチの「このままではリスクだけが大きくなる」という指摘を踏まえ、
悔しい選択ですが、安全策の現実路線を選択しました。

この選択により、このような今後の見通しです。

・現在保有している国際ポイントを維持できることから、来期2017−2018期も代表チーム入り(強化指定選手)は確実

・平昌パラリンピック出場権利獲得には、来期前半戦12月、1月のワールドカップで8位以内入賞、もしくは限りなくそれに近い可能性を感じさせること
(最終の2018年1月内定発表に向けての準備をしていく)

このような現状となります。

この選択により、3月に試合が無くなった分、まだまだ雪のコンディションが良いうちに、
様々なテストや、基礎UPのトレーニングが積めることになります。

地味な練習が続きますが、あらためて考えますと、この時間こそが自分には必要だと痛感しています。

冷静な指摘をしてくださったチームのコーチ陣に、感謝せねばなりません。。

来年笑う為に、この貴重な時間にどの課題から取り組んでいくか、良く検討して取り組んでいく機会としていきます!

2018平昌パラリンピックの金メダル獲得の確率を少しでも高める為に、過ごしていきます。



■写真
クリックすると元のサイズで表示します
※チームメイトと三澤君と食堂にて

クリックすると元のサイズで表示します
※回転練習の前の、インスペクション(下見)中。
ライン取り、雪質、エッヂの噛み具合、ターンのイメージ、これらを念頭に頭に叩き込む時間です。
高速系種目は覚える情報量が多いため、メモしています。
(ビデオを撮る選手もいたり選手それぞれです)

クリックすると元のサイズで表示します
※スキー板のワックス作業の一つ、”サーモパック”というこたつのようなイメージで一度板を温めてからワクシングをして、浸透率を高めて、滑る滑走面を作っていく作業です

クリックすると元のサイズで表示します
先週、11−12日に開催された、志賀高原よませスキー場で開催された障がい者スキー国内大会、
代表チームが出場していなかったこともあり、ぶっちぎりの優勝でした。
ヘルメットには、先日新たに作成いただいた「JTB SPORTS」ロゴシールに新調!!嬉しいです★


それでは、引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします!!




2017/2/14  19:56  尾瀬戸倉初日!  

チーム合宿に久々に復帰して参加しています。

初日はSL!

インターハイで使用したコースを貸し切っての練習。

雪も柔らかいながらも刺さる雪質で、思うようにズラせませんでした。

本当は角付けが強められれば、ズラす必要はありませんが、、まだまだ未熟です。

復帰が掛かってる合宿なので、
無理のない範囲で、アタックしていきます。

明日もSL!

急斜面上から通しです。

頑張ります。



クリックすると元のサイズで表示します

2017/2/13  7:33  国内大会終了!チーム合宿入り!  

志賀高原 よませスキー場でのチェアスキーチャンピオンシップ大会が終わりました。

今季初戦となったこの試合、
ローカルな大会ですが、やはり前走とは全く異なり、出て良かったです。

SG、GSは優勝、SLはガンポ(顔面にポール直撃)で軽く出血したため2本目はスタートせずでした。
全く問題ありませんが、念のため!

さて、今日からチーム活動に復帰のため群馬 尾瀬戸倉合宿に参加していきます。

3月ワールドカップに出れるレベルか、そして膝が合宿の強度に耐えうるか、
今後の選考に向けた戦略を、コーチとよく相談していきます。

今日から育成組がヨーロッパカップ開始!

まずはクラニスカゴラで、GS2戦!

杏実も幸平君もやってくれるでしょう!

頑張るぞ立位!!



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/2/8  20:12  準備中!  

13日からの尾瀬戸倉でのチーム合宿に参加できることとなり、
準備中です。

まだ復帰できるかは未定ですが、
白馬WC、平昌WCに出るつもりで準備再開しました。

先ずはストラクチャーをMTSさんの最新マシンで入れ直し、
白井さんによるチューンで仕上げ!

群馬合宿で良い滑りができ、戦える手ごたえを自分自身確認できたら復帰を決意したいところ。

ただし、ポイントが取れなければ大きなハンディとなるリスクも、よくよく踏まえねばなりません。

冷静に判断していきたいと思います★



クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2017/1/31  5:01  強化中!  

ここのところ、後輩の本堂選手と、同じく日体大スキー部の選手らとの合宿が続いています!

自分のリハビリを兼ねて、月初は地元諏訪で白井さんによる基礎練習から。

中旬からは菅平で、実戦的なポール練習を始め、中川レーシング、滝澤さんのレーシングにでお世話になっています。

そして、リハビリとトレーニングでは安曇野のジムZEROにて、主税さん、原さんの指導!
都内ではJISSと、鍼灸やカイロなどで市原先生による治療!

多くの方にお世話になりつつ、
勝手ながら、チーム小池に近い環境で組んでもらっています。

スキーでは、特に今週は劇的な変化が!

滝澤さんによる基礎練習からの実践的なメニューが、これまでの基礎に付随して、どうすればこの先さらに成長できるか、その核心を教わり始めている手ごたえを感じています。

アルペン、モーグル、スキークロスで世界で闘ってきた経験からの指導は、本当にさすがです。

まだまだ精度は低いのですが、この時間にきっちり成長していくよう、基礎練習です。

本堂選手らとの合宿も今日と、また来週で一区切り!

ここからは、復帰に向けて、用具のセッティングもさらにブラッシュアップしたいところです。

膝は腫れつつも、滑走中は全く問題なし!

ただし、入念な準備とケアが必要です。

気を付けつつ、

このリハビリ期間は貴重な機会になっている感触があるので、引き続き生かしていきます。

チームは世界選手権も大詰め、残りはスラロームのみ!

改めて、長期間、ずーーーーっとギリギリの戦いを続けているチームメイトやスタッフの皆さんを想像すると、
物凄いことをしているなと実感しています。

ほとんど日本に居ない生活ですが、
取り組んでいる活動はシビアで過酷です。

そこにまた戻り、結果を出すためには何をするべきか?

考えつつ、慎重にトレーニング積んでいきます★




AutoPage最新お知らせ