2012/1/29

共感を呼ぶためには・・・  

ここ数年、共感マーケティングが知れ渡り
ソーシャルメディアがかなり浸透してきて、あらゆる面で「共感」が大切なキーワードになってきました。

ではその「共感」を呼ぶためにはどうすれば良いのでしょうか?

そう簡単には人の共感を呼ぶなんてできないですよね。
でも大丈夫^^
あなたが真っ当にビジネスをしているならば必ず「共感」への道はあります。必ずです^^


では具体的にはどうすれば良いかというと・・・
まず考え方から変える必要があります。

自分のビジネスにおける価値を正確に認識するということです。

これからのソーシャル時代・・・
自分の商品・サービスの中だけに価値があると思っていては厳しいことになるでしょう。

そうではなくて、自分の顧客との関係性の中にこそ価値があると認識することです。

今は商品・サービスだけで他との差別化はかなり難しくなりました。
もちろん、それだけで(商品・サービスだけで)十分な差別化が出来ているのでしたらこのような認識は必要ないかもしれません。

しかしそれが難しくなってきているのですね。
どこに行っても同じような商品サービスがあることが当たり前になってきています。

同じ効果が得られる(と考えている)商品・サービスであれば
お客さまは果たしてどこの商品を買うでしょうか・・・(^。^;)

お客様にはどの商品を買うのも全くの自由です。
あるいは、どこからも何も買わないという選択肢もあるのです。


そんな中であなたの商品が選ばれるにはどうしたら良いか・・・?

答えは 「お客様との関係性」 に他なりません。

あなたのビジネスにおいて価値があるとはっきり認識すべきなのは
第一に「商品」「サービス」なのはいうまでもありません。
自分の商品・サービスに自信のない人間からモノを買いたい人なんていませんからね・・・。

しかしその次が大事なのです。 「顧客との関係性」です。
「同じ効果が得られる商品・サービスがたくさんあるなぁ・・・だったらせっかくだし、〇〇さんのトコで買おうかな^^」


こう思ってもらえるか否かが全てだと言えるのですね^^
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ