2013/2/19

助け合いの  

こんな記事を見つけたんです。
独身者では、けがや病気に備えた総合タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。若夫婦には、マイホーム購入などに考慮して考えた総合2倍タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。教育費や計画的な貯蓄も必要な育ち盛りの子供をかかえた家庭では、合理的な大型タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせ。老後生活で、入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプの組み合わせがお勧めです。こくみん共済の特徴は、1.家計にやさしい掛け金で、月々の掛金は契約が満了するまで一定で、年齢による負担増がありません。2.毎年の決算で剰余が生じた場合、「割り戻し金」としてお返しします。3.0歳から85歳まで加入でき、年齢や性別、家族の成長、暮らしのスタイルの違いにより、備えるべき保障は変化するので、多彩なタイプをそろえています。4.支払い事由が生じたときには、助け合いの共済だからこそ、迅速に対応します。全労済は、消費生活協同組合法 (生協法)にもとづき、民間と異なり営利を目的としない保障の共済事業を行う協同組合です。全労済が行う共済事業の一つに「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障があります。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考えた多彩な保障タイプをそろえています。年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障をお選びいただけます。便利になってるもんですね〜
0

2013/2/19

時間的に余裕  

今日見つけたんですが・・・
フラット35を利用する時点で注意したいのが申込みから承認までの時間です。通常2週間〜1ヶ月と承認までに時間がかかることから、時間的に余裕を持って申込みを行わないと物件引渡し時に間に合わないということも起こりかねませんので、申込みの際には注意が必要です。フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。いいですよね〜これって。
それから、こっちも参考になりますよ。
台湾写真旅行記
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ