「カードローン」とは  

昨日聞いた話ですが、
「カードローン」とは、「使途無制限」「リボ払い」「無担保」の金融商品のことをいいます。よく混同される用語としては「キャッシング」がありますが、カードローンとキャッシングは、返済方式の点で厳密には異なる金融商品です。ところで、カードローンの特徴の1つ、リボルビング払いとはどのようなものでしょうか?これは、「毎月一定額を支払えば良い」という返済方法です。返済を先送りできるので、生活設計が立てやすくなるというメリットが、借りる側にはあるといえます。
ところで、カードローンの特徴の1つが、リボルビング払いという返済方法です。リボルビング払いとは、「毎月一定額」の返済方式のことです。借り手にとっては、返済を先送りでき、生活設計が立てやすくなるというメリットがある返済方式です。ところで、カードローンの返済方法のボルビング払いに関してみてみましょう。返済方式には大きく3つあり、「リボルビング払い」「一括払い」「割賦(分割)払い」です。リボルビング払いは、「毎月一定額」を返済する良い方式で、借り手にとっては、生活設計が立てやすくなるメリットがある返済方式です。
ところで、カードローンの返済方法であるリボルビング払いは、消費者にとって非常にメリットがある返済方式です。同じ金額のお金を借りても、一括返済や分割返済とは異なり、少しずつだけ返せばよいからです。返済を先送りできて、生活資金の設計が立てやすい返済方式といえます。
結構いいと思いませんか?
0

-リート(J-REIT)とは  

こんな記事もありましたよ〜
J-リート(J-REIT)とは不動産投資信託(Japan Rerl Estete Investment Trust) の略であり、多くの投資家から集めた資金でオフィスビルやマンションなどを購入し、賃料収入や売却益などを投資家に分配する投資信託であり、一般の不動産投資と比較して少額から投資することができます。
リートは不動産投資信託とも呼ばれ、多くの投資家から集めた資金を一つにまとめて複数のオフィスビル、賃貸マンション、ホテルや商業施設などに投資して、賃料収入や売却益を投資家に還元するという投資信託の1種です。一般の不動産投資では数千万円から数十億円の資金が必要ですが、リートでは比較的少額から不動産投資を始めることができます。リート(不動産投資信託)は証券取引所に上場されており株式と同様に売買することが可能であり、一般の不動産投資と比較して流動性(換金性)が高いことが特徴です。株式は値動きが激しくハイリスクハイリターンの商品ですが、リートは株式と比較すると値動きは安定しており、ミドルリスクミドルリターンの商品といえるでしょう。
リート(不動産投資信託)は株式と同様に証券取引所に上場され、個別の不動産よりも売買が比較的簡単です。株式は主にキャピタルゲイン(値上がり益)が期待されますが、リートは株式と比較すると値動きは穏やかであり主にインカムゲイン(分配金)が期待されます。現在、日本では約40銘柄のリート(不動産投資信託)が発売されており、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方もおられるのではないでしょうか。リートを投資対象で比較すると、オフィスビルに投資するもの、賃貸マンションに投資するもの、ホテルや商業施設に投資するものなどに分類できますので、ご自身の好みに合ったものを選別すると良いでしょう。
現在、証券取引所には約40銘柄のリート(不動産投資信託)が上場されています。これらのリートを比較してみると、投資対象がオフィスビルであったり賃貸マンションであったりホテルであったりショッピングセンターであったり実に様々です。また、決算月も多岐にわたりますので複数のリートをうまく組み合わせて投資すれば毎月分配金をもらうことも可能です。

だって。
これは私としてはどうかなと思っているのですが。

旅行にカード
0




AutoPage最新お知らせ