通信教育は非常に便利  

最近用話題になってるこれって・・・
教員免許の取れる通信教育とはどのようなものかといいますと・・大学に行かなくても資格が取れる制度のことです。主にレポートを自宅で作成してそれを大学に送ります。その後レポートのテスト等を受験し単位を取得できれば、普通教員免許を取ることができます。
教員免許の取れる通信教育はどこでも受けられるわけではありません。通信教育といえども学校教育法(第54条の二および第69条の二)に定められた正規の高等教育課程ですので、文部省の認可した大学・短期大学にのみ設置されています。ここで受講し単位取得すれば、教員免許が取れるのです。この通信教育は非常に便利な制度で、多くの大学では教職課程科目を在学中に取りきれなかった場合にも適用されるのです。通常は「科目等履修生」として出身学部で受け入れがあるのですが、通信教育であれば単位取得料が安く済む場合も多く、通信教育による教員免許取得が増えています。
教員免許取得の通信教育には非常に便利な方法があります。これはその大学にもよるのですが、大学を卒業してから、他大学の通信教育と卒業した大学の科目等履修を並行して受講できる方法があるのです。教員免許の申請についてはただ必要な単位が揃えば申請できるので、同時期に2ヶ所で単位を履修していても問題ないのです。皆さんは通信教育で教員免許が取れることをご存知ですか?教育職員免許法第3条では「教育職員は、この法律により授与する各相当の免許状を有する者でなければならない」と規定し、免許状主義を宣言しています。この法規定によって、教員になるためには免許状の取得が必要になります。
教員免許状の種類には普通免許状、特別免許状、臨時免許状の3種類があります。平成16年10月1日から構造改革特別区域法の認定による特例特別免許状も新設されました。通信教育の課程で取得できる教員免許状はこのなかでも「普通免許状」だけになります。
ってそんな事の知ってましたか?
0

白地図とは  

今日見つけたんですが・・・
では自分で作れる地図の素材にはどのようなものがあるのでしょう?自由に加工できるものとしては、フリー素材で白地図が使いやすいと思います。白地図とは日本全土の形や都道府県の形以外は何も描かれていないものです。インターネットで検索すると無料で地図イラストを配布しているサイトを簡単に探すことができます。
では地図イラストを利用するにはどうしたらよいかというと、インターネットなどからフリーの地図素材を探してきます。オリジナルな地図を作る場合は、白地図を利用すると良いと思います。白地図とは日本全土や都道府県の輪郭以外は何も描かれていない地図なのでフリーの素材であれば自由に編集することができます。幼児向け英語教材は、決して安いものではありません。だからこそ、しっかりとした効果が認められる物を選ぶ必要があります。小さい頃は単語を覚えさせようとするよりも、英文を聞かせて英語のリズム感をつける方が効果的なようです。よって、教材もそういった物を選ぶといいでしょう。
幼児期の英語教育は、「教える」というよりは「刷り込む」という感じに近いもの。いわば胎教に近いものです。ですから、教材CDは遊びの時間など、楽しい時に流すのが効果的。楽しく遊んだ思い出と一緒に、英語のリズムが小さな体に刷り込まれていくはずです。十数年前のような受験戦争はもうありませんが、今の子供たちはたくさんの習い事をしています。昔と違うのは、それが勉強のためだけではなく、情操教育の一環であること。幼児の英語教育はまさにそれ。英語そのものを覚えるよりも、英語教材を通して何かを学ばせることが目的です。
幼児向け英語教材を選ぶポイントは「続けられるか」と「得るものがあるか」の2つ。シェイプアップ器具や化粧品などと一緒ですね。どんなに効き目のある素晴らしい物でも続けるのが苦痛ならば意味がありませんし、そもそも効果がないのなら買う必要がありません。
便利になってるもんですね〜
エイトカード 一括
0




AutoPage最新お知らせ