2010/12/31  0:54

鞆の浦  

無事冬の18きっぷも発売されたので、
箏曲「春の海」や最近話題の坂本龍馬で有名な
福山の「鞆の浦」へ行ってきました。
今の人ならジブリ作品「崖の上のポニョ」の
舞台と言った方が分かりやすいかもしれませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

有名な常夜灯です。港の常夜灯としては
日本最大級で江戸時代のものです。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは港湾施設としては江戸時代のものが全て
日本で唯一残っている所だそうです。

町並みも昔のままで
情緒や風情のある静かな街でした。
クリックすると元のサイズで表示します
宮崎駿が街を気に入ったのも分かります。
逆にこうゆう所は観光客は似合わないですね。

さて帰りは福山駅の駅弁「あなごめし」を購入。
クリックすると元のサイズで表示します
山陽本線の駅にはたくさんの「あなごめし」があるのですが
福山駅の「あなごめし」も絶品です。
焼きあなごと出汁のきいたごはんがとても合います。
実は写真はありませんが、先に福山名物「純喫茶ルナ」の
プリントップ(プリンパフェ)を食べたので(これも絶品でした)
予算の都合上購入を悩んだのですがやっぱりこれは食べないと…

クリックすると元のサイズで表示します
鈍行列車でのんびり食べるから美味いんです。
それではみなさん、よいお年をお迎えくださーい。
0

2010/11/20  22:02

思わず立ち止まる  

とある日に、とある駅前を歩いていると…
いきなり音楽と同時に水が噴き出し
つい足が止まってしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
音楽も和から洋、クラシック曲と
それぞれの音楽に合わせて水が踊りだします。
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく音楽と噴水の出方が
シンクロナイズドスイミングのようにバッちり合ってます。
クリックすると元のサイズで表示します
この催しは音楽噴水「アクアファンタジー」と言うそうで、
クリックすると元のサイズで表示します
毎回20分程度の公演なんですが、
毎夜1時間おき(18、19、20、21時ちょうど)の計4回公演しています。
クリックすると元のサイズで表示します
私が観た時は100人ぐらいの大勢のギャラリーがいました。
クリックすると元のサイズで表示します
あまりの楽しさに初めて見た人は誰でも見入ってしまいます。

さて、この楽しい「アクアファンタジー」が公演されているのは
どこの駅前かと申しますと…
クリックすると元のサイズで表示します
京都駅前(ポルタ地下街階段上)でした。
立ち寄る機会がありましたら是非ごらんあれ。
0

2010/11/6  22:46

また国鉄車両が逝く  

特急「はまかぜ」が本日をもって…って列車が廃止になる訳ではありません。
今日11月6日をもって特急「はまかぜ」に使用されていた
キハ181系特急車両が定期列車から姿を消します。
このキハ181系は1968年に製造された特急型ディーゼル車両で、
あしかけ40年以上活躍しました。
当時の国鉄は特急列車を増発、さらにスピードアップを重ねていた時期で、
それまでの低出力のエンジン車両では特急といえどトロトロ運転だった
非電化路線における特急のスピードアップに貢献したのがキハ181系です。
搭載したDML30HS型というエンジンは、ターボチャージャー付きの
水平対向12気筒、定格出力500PS/1600rpmというディーゼルエンジンで、
それまでの鉄道車両になかった大出力を実現しています。

ところでこの特急「はまかぜ」という列車は
大阪からカニで有名な日本海側の鳥取や浜坂を結ぶ列車ですが、
姫路から一部電化されていない播但線経由で日本海側へ向うため
現在でも電車ではなくディーゼル車両が使用されています。
明日7日からは最高速度130km/hの性能を持つ
新型車両キハ189系がはまかぜの任務にあたります。

本日のキハ181系で運転する最後の「はまかぜ6号」をさっそく撮りに…
到着30分前の大阪駅はすでにこの人です。
クリックすると元のサイズで表示します
撮影場所を11番線に変え10番線に入線したはまかぜを狙います。
クリックすると元のサイズで表示します
通常は4両編成ですが今日は2量増結の堂々6両編成で到着。
ディーゼル独特の臭いとターボ音を響かせながら発車していきました。

この写真は少し前に姫路駅で撮った「はまかぜ1号」です。
クリックすると元のサイズで表示します
ほんとこのエンジン音はたまらないサウンドでした…
聞けなくなると寂しくなるもんです。
引退後は解体せずにどこか保存してもらいたいものです。
1

2010/10/5  0:30

きのさき〜  

明治5年10月14日に新橋と横浜間で初めて線路の上に
蒸気機関車の車輪が動き始め日本の鉄道の歴史が始まりました。

以降10月14日は「鉄道の日」となりました。
その鉄道の日を記念して、毎年JR各社で乗り放題きっぷを
発売しているのであります。
きっぷの内容は「18きっぷ」とまったく同じ…

今年は10月2日から17日まで利用可能。早速購入しました。
クリックすると元のサイズで表示します

んで、早速日曜日に使用してきました。
しかし、あいにくの雨空でしたが、天気予報を確認し北へ
クリックすると元のサイズで表示します
姫路から播但線に乗り継ぎ、
クリックすると元のサイズで表示します
和田山から山陰本線に乗車。そして到着したのが
クリックすると元のサイズで表示します
「城崎温泉」であります。
天気を調べておいて正解、城崎は雨は降ってません。
(大阪は降っていたらしいですが…)

城崎は何度もきていますが、
ココに来て温泉に入らない訳にはいきません。
クリックすると元のサイズで表示します

城崎には7つの外湯がありますが、
街から一番奥の「鴻の湯」で疲れを癒しました。
クリックすると元のサイズで表示します
夏はマリンレジャー、冬はカニで混雑する城崎も、
今はオフシーズンで人もちらほらと少なめです。
お風呂も空いてて、露天風呂は私の貸切状態でした。
(残念ながらお風呂の写真はありません…)

いやぁ〜いい湯だった。
鴻の湯のロビーも貸切状態…
いつもは歩きまわるわたくしも、今日は温泉で一服。
クリックすると元のサイズで表示します

帰りも普通列車に乗り継いで帰路へ
ふと自分が乗る列車の写真を撮っていて、よーく見ると
クリックすると元のサイズで表示します
なんとキハ47系のトップナンバー車じゃないですか!
これには鉄オタ的には超感動でございます。

一般の人は、だから何って感じに聞こえるでしょうが、
全国に370両も走っていたキハ47型の
トップナンバー(第1号落成車両)なんですよ!
こうゆう国鉄時代の車両も大事に使って欲しいですね。
クリックすると元のサイズで表示します
キハ47のサウンドを楽しみながら帰ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/9/8  0:50

広島へ  

今年も後輩が「広島vs阪神」のチケットを入手してくれたおかげで
広島へ行ってきました。

新幹線に乗るお金が無いので、
この日のために置いておいた18きっぷで広島へ。

ただ、まっすぐ広島へ向うと面白くないので、
一日3本しか運転しない芸備線経由で(もちろん時刻を調べて)
大阪から計12時間かけて広島へ向いました。
クリックすると元のサイズで表示します
上の写真は「備後落合駅」木次線と芸備線の乗換駅ですが
周りにはなにもない秘境駅です。
とにかく本数が無いので乗り遅れると終わりです。
クリックすると元のサイズで表示します
逆かぶりつきを堪能し、広島に到着。
クリックすると元のサイズで表示します

着いてすぐ目的の「広島風つけ麺」を食べます。
つけ麺といえば全国的に最近流行りですが、
広島のつけ麺は少し違います。
醤油ベースの冷たいスープに唐辛子やラー油等の辛い味付けで、
ほとんどのお店で辛さ加減が選べます。(1辛〜20辛など)
クリックすると元のサイズで表示します
麺が見えないくらい野菜と肉が乗ってます。
とにかく暑い夏にはピッタリでとても美味しいです。

今回は海軍の街「呉」で宿泊。映画海猿の舞台ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
朝早く起きて、宿近くにある大和ミュージアムに立ち寄りました。
写真は戦艦大和の1/10スケールですがこれでもデカイ。
クリックすると元のサイズで表示します
ここは色んな意味で、絶対来る価値があると思います。

またまた広島市内へ戻り、いよいよ本題の「広島vs阪神」戦です。
この日は9月とは思えないくらい暑い日でした。
クリックすると元のサイズで表示します

先発のルーキー秋山の好投と打線の援護で阪神が優位に。
クリックすると元のサイズで表示します
最後は守護神藤川球児が閉めくくり阪神の快勝。
通算150セーブの記念すべき試合でした。
クリックすると元のサイズで表示します
実はこのあと、広島駅で藤川球児に握手してもらいました。
(ちなみに阪神の選手宿舎は広島駅前のホテルです。)
1

2010/8/19  0:24

恒例の尾道へ  

夏休みに18きっぷを利用して「尾道」へ行ってきました。
実は夏に尾道へ行くのは今年で3年連続で、
私の恒例行事?となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

尾道はご存知、坂や階段の多い街です。
さすがに暑いせいか、猫は見当たりませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

汗だくになって登ったら、こんな素晴らしい景色が待っています。
クリックすると元のサイズで表示します

尾道の街を探索するだけではありません。
尾道市から、となり町の三原市にかけての10キロほどは、
シーサイドビューが広がます。
もちろん、てくてく歩いて三原へ…
クリックすると元のサイズで表示します
関西から下関まで結ぶ、国道2号線やJR山陽本線は
以外に海が見えるところが少なく、ここは貴重なポイントなんです。

尾道から歩いて約3時間で三原駅に到着。
ここ三原市は、明石と並び「蛸」の街として有名です。
クリックすると元のサイズで表示します

帰路の電車内から自分の歩いた道を撮影。
車窓の瀬戸内海もとてもキレイでした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/7/21  1:10

愛しの風景  

みなさんは好きな場所ってありますか?

私が好きな場所は、滋賀県の野洲から近江八幡にかけての辺りと
もう一つが兵庫県の千種川近辺。
格好いい事言っている様に聞こえるかも知れませんが、
この2箇所は、何かと嫌な事だとか仕事なんかを
忘れさせてくれる場所なんですよね。

特に真夏になると毎年必ず行ってるのがこの千種川。
今年も梅雨明け早々行ってきました。
熱中症にならぬよう水分補給はしっかりと摂り、
約3時間半、川沿いを歩きました。
クリックすると元のサイズで表示します
川の流れる音と、あちらこちらから鳥の声が聞こえきます。
クリックすると元のサイズで表示します
今どきで言う「癒し」とでも言うのでしょうか。
この風景自体が絵になってるでしょ!?

少し離れた所ですが、JR山陽本線が走っています。
写真は鳥取へ向う特急「スーパーはくと」。
鉄分?もしっかり補給(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
私の好きな列車とはいえ、
こういう場所で猛スピードで駆け抜けて行く特急って似合わない…
0

2010/7/3  1:28

18きっぷ  

いよいよ魔の仕事が始まり、こんな時間に帰宅。
8月末までこんな日々が続くと思うと気が重く…

でもこの夏の間の楽しみといえば、夏の「青春18きっぷ」
青春と言っても購入や使用に年齢制限はありません。
最近はご年輩の方でもこの切符で楽しんでおられます。
特に近年はこの切符の利用客が増加しており、
青春18きっぷだけで年間売上が50億円あるとか…

この切符でとにかく「乗り鉄」三昧できます。
普通列車ならJR全線乗り放題の切符で、
新快速などの快速列車ももちろん利用可能です。
特急や新幹線は乗れませんが、環状線を20周しても、
東京や九州まで行っても、1日(1回あたり)2300円です。

貴重な休日の楽しみですが、最近は財政事情の悪化で
今夏は、よりお世話になりそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ところで春、夏、冬と年に3回発売されるこの切符ですが、
今年の冬のリリース予定がまだ発表されていません。
一部ファンからは、廃止ではないかと噂されている模様。
もしそうだったら、今夏が最後の18切符…(泣)

そりゃ、2300円で東京まで行かれたらJRにとっては
おいしい話ではないでしょうが、そもそもこの切符がなかったら
列車で出かけようという人自体が減ってしまうんですけどね。
売上に貢献しているのだから是非継続発売を希望します。
0

2010/6/13  21:19

らいちょう  

みなさんは「らいちょう」と聞くと鳥ですか?それとも特急列車?
私は「ライチョウ」だったら鳥、「雷鳥」だったら特急列車です。
って、読み方は同じか(笑)

ライチョウは特別天然記念物の鳥で富山県の「県鳥」でもあります。
日本では北陸地方の高山部にしか生息しない鳥です。

列車の方は、昭和39年に大阪〜富山間の特急列車として登場。
以降今日まで、北陸本線のエースとして活躍してきました。

その特急「雷鳥」が近々姿を消します。
鳥の「ライチョウ」の方は、まだ日本に2000羽以上の生息が
確認されているそうですが、先に「雷鳥」の方が姿を消すなんて…

クリックすると元のサイズで表示します

1997年に「サンダーバード」としてデビューした新型特急列車に
次第に追われて「雷鳥」も今はたった大阪〜金沢間の1往復のみ。
(富山まで行かないのはなんとも残念)
特急「雷鳥」廃止後は全て特急「サンダーバード」になるそうです。

「雷鳥」で使用されている485系電車の老朽化も原因だそうですが、
サービスの統一化も兼ねているそうです。
(一般の客からは同値段で、あまりの格差に苦情も…)

そこで、車両はサンダーバードと同じ新型でもいいので
名前だけでも残してはいかがでしょうかね。
例えば、金沢行を「サンダーバード」、富山行を「雷鳥」にするとか?
デビューして10年以上になる「サンダーバード」もかなりブランド化
しましたが、やはり一時代を築いた列車名である「雷鳥」の名前を
なんとか残してほしいです。
1

2010/5/31  22:22

なごやだがやっ  

「ぶらり電車でどこへ行く」シリーズ。

近鉄電車で気の向くままにと難波駅から150円の切符を購入。
鶴橋で乗り換えた電車は「宇治山田行急行」。
電車は快調に走って行きます。さぁどこで下車しようかと…

降りるチャンスは何度かあったのですが、
大和八木駅到着→うーん何もない。
名張駅到着→だから何?
青山町駅到着→どこですかココ。
伊勢中川駅到着(伊勢鳥羽方面へ)→1人で行ってどうするの。
ここで決断、名古屋行に乗換えます。
津駅・四日市駅→昨年来たしなぁ。
桑名駅到着→はぁ〜ココまで来たらなぁ〜。

という訳で終点のここまで乗ってしまいました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず駅のきしめん屋で腹ごしらえして
十数年ぶりに「熱田神宮」へ行きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ところで今日は競馬の祭典「日本ダービー」
熱田神宮から電車で2駅、ウインズ名古屋に到着です。
一応馬券は朝、難波で購入してたんですが、ココで追加購入。
クリックすると元のサイズで表示します
結果はまったく散々でした(悲)
(内田騎手そして栄進のオーナーおめでとう!)

その後、一度行ってみたかった「大須観音」へ。
クリックすると元のサイズで表示します

その大須観音周辺の商店街です。
このあたりは大阪でいう心斎橋っぽい雰囲気で活気があります。
ココで食べた肉巻きおにぎりは美味しかったですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
アーケードには名古屋弁で面白い事が書かれてあります。
とにかく若者が多かった。

とにかく短時間で名古屋を満喫しようと
そこからさらに地下鉄で「東山動物園」へ。
クリックすると元のサイズで表示します
閉園時間なので入口で写真を
(もともと入るつもりは無かったんですけどね、要するに地下鉄
東山線を乗りたかっただけ。)

帰りはゴージャスに近鉄特急で帰路大阪へ。
(といっても駅前のチケットショップで名阪割引切符購入ですが)
クリックすると元のサイズで表示します
滞在時間5時間半の名古屋旅でした。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ