2011/3/4

【エンタがビタミン♪】かりゆし58の感動エピソードでYouTubeの閲覧が急増!  



沖縄出身のロックバンド、かりゆし58のメンバーがテレビ番組『深イイ話』で高校生時代のエピソードを紹介した。その直後から関連する楽曲のYouTubeでの閲覧が増え反響を巻き起こしている。

島田紳助がメインMCの人気番組「人生が変わる1分間の深イイ話」では、2月28日に「卒業&別れの贈る言葉SP」と題して視聴者からの思い出に残るエピソードを紹介した。
その中のひとつが出演者でもあった沖縄のロックバンド、かりゆし58のメンバー前川真悟にまつわる話だったのだ。

前川真悟は沖縄の高校時代、札付きの不良だった。彼の当時の写真では体にかなりの入れ墨をいれていたことからもそのワルぶりがうかがえた。
そんな前川を気にかけてくれたのが1人の男性教師だった。前川も2001年に卒業することができ、卒業式を終えて彼が校門を出ようとすると背後から「おい! 前川!」とその教師が声をかけてきたのだ。
「おい、前川。死ぬなよ! 死なんかったら、なんとかなる! だから絶対に生きろ!」と彼に言い聞かせたのだ。
「は?」しかし前川はまだ、その言葉の意味を理解できなかったのだ。

卒業してからの前川は夜の街で遊んではケンカを繰り返す。袋叩きにされ死ぬような思いをすることもあった。
その時に遠のく意識の中で彼は教師の言葉を思い出し、初めてその真意を理解したのである。
それから彼は名古屋に出てトラックドライバーとして働き、やがて2005年にかりゆし58を結成することになるのだ。

母親への思いを歌ったデビューシングル「アンマー」が日本有線大賞新人賞を受賞したのは翌2006年。そして2009年には「さよなら」をリリースする。同曲はテレビドラマ『銭ゲバ』の主題歌にもなった。
この「さよなら」の歌詞には、あの教師の言葉から前川が受けた影響と思われる部分がある。
『僕が生きる今日は、もっと生きたかった誰かの明日かもしれない』という一節である。
今回の放送の為にその男性教師に取材したところ、彼が前川にかけた言葉にはある辛い過去がその根底にあったのだ。
彼が49歳で転任してきた時のことだ、顧問を務めていた陸上部の教え子が交通事故で亡くなったのである。以来、彼は生徒達に「親より早く死ぬな、命を大事にしろ」と言い続けてきた。
そして前川に対しては「悪さをする子は卒業しても荒れて、ケンカやバイクの暴走で命を落とすかもしれない」とその思いがより強くなったのだ。
そんな教師の過去を前川が知る由も無い。しかし彼が書いた歌詞がまるで教師の辛い過去を知るかのような内容だったのである。
卒業の日に教師が言い聞かせた言葉は、その真意をしっかりと前川に伝えていたのだ。

この番組放送後にYouTubeで公開されている「さよなら」には「深イイ話を見て来ました」、「感動して泣けてきた」、「ちゃんと聞いてなかった自分が悔しい…」などのコメントが書き込まれている。

ところで高校時代の前川が入れ墨をしていながら無事に高校を卒業できたことに紳助が疑問をいだいた。
すると前川は「生徒手帳に『パーマ、喫煙、染色』は禁止と書いているが、入れ墨は書かれていない」と主張して逃れたと話した。
これも凄い話だが、なんと翌年から禁止事項に「入れ墨」が加わったというから学校の判断も凄い。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】
・なぜかあんまり心に響かない『銭ゲバ』。
・ORANGE RANGEのYAMATOが“年上女性恐怖症”になったワケ。
・渡辺美里、「My Revolution」のヒットを知った時にしていたこと。
・バスケの選手から一転。お小遣い5千円で芸能界に入った田中圭。
・井上真央、「結婚もアリ」な”メル友おじさん”の存在告白。
-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!


http://news.livedoor.com/article/detail/5382562/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


テレビ業界裏事情…池上彰“タレント寿命”伸ばした?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000015-ykf-ent



PR

電気工事士試験教材
0

2011/3/4

アニメ&特撮ソングの帝王・水木一郎が男泣き!40周年を迎えた仮面ライダーの思い出を語る!  

写真拡大仮面ライダーXと一緒に、ゼーット!?-水木一郎 25日、東京・渋谷で行われた、東映チャンネルにて放送予定の番組「水木一郎 ヒーロー ソング ライブ」収録会見に、アニメ&特撮ソングの帝王こと水木一郎が登場した。40周年を迎えた仮面ライダーの思い出トークに花を咲かせる途中、感極まって目をうるませるなど、熱い会見となった。
 同番組は東映チャンネルで3月より放送がスタートする「仮面ライダーX」をはじめとした、なつかしの特撮ヒーロー主題歌のライブやトークを水木一郎らが行うもの。今年は仮面ライダーが誕生してから40周年にあたる記念の年にあたる。自身も40年に渡ってアニメ&特撮ソングを歌い続けている水木は、特撮ソングを歌うときに気をつけていることとして「ヒーローは強いだけではダメ。愛する者を守るために闘うという気持ちがないとヒーローにはなれない。わたし自身もヒーローの気持ちになり、子どもたちに伝えていこうと心がけながら歌っています」と情熱的に語った。また、これまでに手を抜いて歌ったことは一度もないと言い切り、「レコーディングでマイクの前に立つときは、テレビの前にいる子どもたちやその親御さん、おじいちゃんやおばあちゃんのことを思いながら歌っています。それができなければヒーローソングを歌える歌手にはなっていなかったと思います」と歌にかける真剣な思いと、ひたむきな姿勢を明かした。
 また仮面ライダーが生誕40周年を迎えたことに祝辞のコメントを求められた水木は「(1999年に)24時間で1000曲を歌うライブをしたとき、途中で精根を使い果たしてギブアップしそうになった。そのときステージにバッタが飛んできて、(仮面ライダーの原作者の)石ノ森章太郎さんが来てくれたと思って、残りを歌いきることができました」と目をうるませながら語り、「時代は変わっても、仮面ライダーが作った精神やヒーロー像は、今のシリーズを制作している人たちや子どもたちに伝わっている。40周年本当におめでとう! めでたいゼーット!」とおなじみのセリフとポーズで祝福した。
 東映チャンネル「仮面ライダーX」は3月14日より放送開始、「水木一郎 ヒーロー ソング ライブ」は4月6日放送
【関連情報】
・「東映チャンネル」オフィシャルサイト
・シリーズ40周年記念映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』場面写真
・ゼーット!水木一郎が独占激白!遠くを見つめ「ゼブラーマン」と僕の人生は似ている
・仮面ライダー&ウルトラマン&スーパー戦隊でスタートだ!?特撮ファンだよ、全員集合!
・全曲アニソンのジャズライブが大盛況!「涼宮ハルヒ」「キテレツ大百科」「けいおん!」主題歌を一流ジャズメンが演奏!



http://news.livedoor.com/article/detail/5371659/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


アニメ&特撮ソングの帝王・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000021-flix-movi



電気工事士試験教材




0
タグ: 水木一郎

2011/3/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ